FC2ブログ
2009 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2009 03
2/22 日曜の夜9時~10時半のNHKスペシャルは、「常識が変わる うつ病治療最前線」です。
2009/02/19(Thu)
2/22 日曜の夜9時~10時半のNHKスペシャルは、

「常識が変わる うつ病治療最前線(仮)」です。



先日11日 生まれてはじめてテレビ番組の収録というのに、
出して頂きました。

収録は6時間以上かかりました。
どの位の時間映るかは皆目検討がつきませんが、
いろいろな情報が伺えて とても有意義な時間を過ごすことができました。

ぜひ皆さまもNHKの製作スタッフの皆さんが一年をかけ、海外にまでも飛んで
取材している うつの特集番組をぜひご覧ください。

前日までチェックにはかかるようで、
昨日も確認の問合せがありました。

薬の多用、医師の問題など、あまり今まで取り上げられていない話題について
専門家と一緒にお話をさせて頂いて来ました。
認知療法については、イギリスから最新の映像が放映される予定です。

うつにならなかったら、治らなかったら、たまご塾に入っていなかったら、
みなとを始めていなかったら、こんな経験はできなかった、と思うと、
人生本当に判らないな、と思います。

辛くても生きていれば おもしろい事もある、そんな事をこれから 
自分の言葉で現在回復中の方や、いつもご本人の心配ばかりで体調を壊すほどの
ご家族に向けて、お伝えして行きたいと思います。


NHKは見学コースに小学校の時行って事がありましたが、
今回は 専用入り口から入りました。広すぎてもう迷子になってしまいそう。

入り口では早速 伊集院光さんに遭遇し、
その後 廊下では秋吉久美子さんにすれ違い ご挨拶してもらいました。

ドキドキしながらも、ミーハーな部分は残っていて、
メイクアップルームでもいろいろと メイクアップ専門の方に
ここでしか伺えないお話を聞かせてもらいました。

今回は 精神科医の野村先生や、東大教授の姜 尚中(カン サンジュン)さんと
ずっとご一緒と言う事で、もうはじめは緊張しまくりましたが、

だんだんとお話ができるようになり、
特に野村先生は ご本を沢山出されている方なのでもっと高齢な、さも先生、と
言うような方かと思っていたら とても気さくな患者側に立つ、頼りになる方だ
と判り、ほっとしました。

ご本拝見しています、とお伝えしたら、
そうですか!と大変笑顔で喜んで下さいました。
普通の方なんだ、と とても親近感を覚えました。


姜 尚中(カン サンジュン)先生は、「朝まで生テレビ!」や、
紅白歌合戦の審査員を務めていらっしゃるので、顔は存じ上げていましたが、
はじめは 恐そーっと 目が合わせられませんでした。

が、時々ふと、めがねの奥から優しい視線が感じられて、
収録が終わった後には、いろいろとアドバイスと応援を頂きました。
すらっとした知的、と言う言葉がぴったりの本当に素敵な方でした。


今回のきっかけは、昨年秋の250人を超した港南区の講演会にNHKの方がみえてい
て、何度かお話をさせてもらう機会を頂いてました。

担当のディレクターは30代のとても素敵な女性です。
この方のお陰で私も声をかけて貰えたのだと思います。

皆が彼女のために 一丸となっていい番組を作ろうとしているのが判る、
そんないいチームワークがスタジオにいるだけでも 感じられました。


台本の厚さ 2センチ程をのぞいたら、一からここまで作りあげる大変さ、
それもちょうど1年前から準備をして、と言うのですから、想像できない程の仕事量です。


私自身が良く映っているかどうかも判らないし、もしかしたら全部カットされてい
るかも知れないし、と
皆さんへのご報告は自分の目で確かめてから、とも思ったのですが、
この番組に関わっている方々の熱意と 仕事に対する厳しい姿を見たら、
そんな事を言っている場合ではないな、と思い直しました。


ぜひ 1年かけて作りあげたこの番組をご覧ください。

もし丸い私の顔が画面からはみ出していても どうぞ笑わないでくださいね!


収録が終わったのは夜の8時を回っていました。
記念に写真を皆で撮りましょうという事になり、
大切な思い出として残りました。


※写真は、⇒4月2日のブログ「NHKスペシャルの小堀先生がみなとのセミナーに来てくださいます。」をご覧ください。


が、翌日は 放心状態になって 力が抜けました。

やはり私はテレビ向けではないみたいです。

きっと、恥かしくて画面が見られないと思うので、
録画して 家族の反応を見てから そーっと一人で見ようと思います。


※放送予定は急遽変更となる場合があるそうです。
最新の番組表をご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090222.html

スポンサーサイト



この記事のURL | 告知 | CM(10) | TB(2) | ▲ top
| メイン |