2009 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 01
suzukiさんからの情報を皆さんとシェアしたいと思います。
2009/12/28(Mon)
コメントを時々送って頂いているsuzukiさんから講演会をお知らせ頂いたので、
皆さんにも改めてお伝えしたいと思います。

suzukiさん、いつもありがとうございます!


以下二つとも横浜で行われます。


家族のためのうつ病講座

平成22年1月23日(土) 午後1時30分~4時(開場:午後1時)
「うつ病」の方への家族の接し方について。



こころの健康フォーラム

平成22年1月31日(日) 13時00分~16時30分
スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日の朝日新聞に認知行動療法養成コースの記事があります。
2009/12/28(Mon)
メールを送って頂いたので、知ったのですが、

今日の朝日新聞の26面に、千葉大学医学研究院で4月から「認知行動療法」養成コースがスタートするという
記事が載っているそうです。

小堀修先生のお名前も載っているそうです。

朝日新聞を購読なさっている方、ご覧になってみて下さい。

私も明日 新聞を探してみます。

教えて頂いてありがとうございました。


こうして 皆さんからいろいろな情報を頂けると、その情報をまた皆さんに みなとから
お送りできますね。

皆さんとシェアできる情報をお持ちでしたら、お知らせください。
よろしくお願い致します。
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
25日の24時、マッキーの番組があります♪
2009/12/25(Fri)
去年のクリスマスは、チケットがないのに マッキーのコンサート会場に向かうという無謀をしてみましたが、
結果 受付の方のご配慮で 前から何列目と言う、それもど真ん中の席で 楽しむ事が出来ました。

今日も行ってきます。

今年は 国際フォーラム。 自分にもご褒美、です。

皆さんは、自分にご褒美あげていらっしゃいますか?

好きな事、なさっていますか?

喜びリスト、増やしていらっしゃいますか?
もちろん、私にとってはマッキーのコンサートに行くのは 喜びリストのベスト3に入ります。



そして、おうちで夜をお過ごしになる方に、情報です。

フジテレビ、25日の24:00(26日の0時)に「僕らの音楽」と言う番組があり、
ゲストは マッキーです。

このブログを最近ご覧になる方には、なぜマッキーなのか?その訳はこちらを ⇒ご覧ください♪

そして、皆さま、お一人お一人にとって、素敵なクリスマスになりますように♪

どうぞ暖かくして お過ごし下さい。

またコンサートから戻ったらまたご報告します。

では、行って来ます♪
この記事のURL | 槇原敬之さん | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2/22のNHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」は12/18(金)の深夜再放送されます。
2009/12/16(Wed)
12/17に一部 訂正加筆しています。

NHKの小堺プロデューサーからメールを頂きましたので、
皆さまにもお知らせ致します。

2/22のNHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」は

12月19日 午前1:40~ 総合テレビ(12月18日金曜深夜) に再放送されるそうです。

※地域によっては別編成を行うところもあるので念のため、最寄りの地域放送局にお問い合わせください。 


2/22の初回の放送時には、どんな番組になっているのか、
私がどの位出ていて、どんな風に映っているのか判らなかったので、
大変ドキドキして事前にお知らせする余裕がありませんでしたが、 
その後3回ほど再放送された、と伺っています。

本当は今でも私が映っている所は 飛ばして見て頂きたい程です

でも、番組としてはとても意味のある内容になっています。
もしまだご覧になっていらっしゃらない方は、遅い時間ではありますが 一度ご覧ください。
きっと、お役にたつ新しい情報があると思います。

この番組に出して頂いたお陰で、メンタルヘルス総合研究所の久保田先生からご連絡を頂き、お目にかかる事ができました。

そして 久保田先生の主催なさった講演会でお話をさせて頂いたのがきっかけで、薬学博士の 生田 哲(とおる)先生をご紹介頂く事ができました。

「うつ」を克服する最善の方法と言う本で 生田先生をご存知の方も多いと思います。


ご一緒させて頂いた講演会では、生田先生には、私の家族としての体験談を聞いて頂きました。


私の話が終わった後、生田先生は「家族がそんなに大変だとは知らなかった。
まず、これからホームページを作ろう。」と
気さくに、そして突然 そう言って下さいました。

本当ですか?!と私も思わず言ってしまいました。


みなとへの問い合わせには、とても薬に関してのものも多いので、
生田先生のひと言は本当に嬉しかったです。


そして 約2ヵ月半、ホームページの完成を待っていました。

それが「生田哲と学ぶ、脳と栄養の教室」です。


私自身は、担当の医師を信頼しすぎる程信じ切って、薬をきっちり飲んでいました。
副作用もありました。
でも、治るためには仕方ないと思っていました。

担当医師を信頼していたから、飲んでいたのであって、薬の事をよく理解していた訳ではありませんでした。

生田先生に初めてお目にかかった時に、
自分の病気、体を 医師や専門家に委ね過ぎないように、とアドバイスを貰いました。

確かに 治療中には、薬の名前も良く知らずに、処方されていた薬を飲む事が私の仕事のように思いこんでいたところがあります。

生田先生のHPを、ご自分のために、そして今 うつを治そうと治療に専念なさっている方のために、ぜひ一度ご覧になってみてください。


この出逢いを作って下さった、NHKの小堺プロデューサーはじめ、
ディレクターの皆さまにお礼を申し上げたいと思います。

そして 最後になってしまいましたが、
NHKスペシャルに出してもらえたきっかけは、昨年の秋に横浜で行われた
「うつと社会復帰」
と言う講演会でした。

その時には、生まれて初めて120名以上の方の前で1時間お話をする機会を頂戴しました。
そこに 羽田ディレクターがみえていて、取材をお受けしたのが最初のきっかけです。


それから1年経って、メンタルヘルス総合研究所の久保田先生にお目にかかり、そこから生田先生をご紹介頂けた事になります。


みなとのHPに、お薬の悩みを持っている方々から本当にたくさんお問合せがありました。

私には対応できるものではなく、がっかりなさったご本人 ご家族の方も多く
いらしたと思います。

その皆さまにもぜひ生田先生のHPをご覧頂きたいと思います。









この記事のURL | 告知 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2009/12/15(Tue)
20091205 埜崎先生室内風景
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
埜崎先生から、講演にご参加頂いた方からの質問に答えて頂きました。
2009/12/14(Mon)
12月5日の埜崎先生の講演会にご参加頂いた方からの質問に
対して 埜崎先生からアドバイスが届きましたので、
このブログでお送りします。

○病気に逃げ込んで前を見ようとしない患者さんの対応について
 

病気に逃げ込んで前を見ようとしない人は俗に疾病利得といい、僕の出会う人の中でも多いです。
 
一般的にこのような人たちは病気でいることから得られるメリットが大きいです。

例えば、周りがやさしくしてくれる。仕事に行かなくても文句を言われない等。
そのため、病気が治りそうになると不安になったり、病気にしがみついて症状が長引くこと多いです。

本人が意識していることもありますが、気がつかないでそうなっている場合も多いです。
なので、そのような場合には

1.病気になったことで得たこと 

2.病気になって失ったこと 

3.病気になって気がついたことについて話し合うようにしています。

また、人は誰でも変わっていくことへの不安を感じるものだと思います。
ましてや病気でいることに安住している人が変わっていくことには不安が伴います。
そのことを理解して一緒に考えていく・行動していくことが大切な気がしています。

多くの人は病気にいることに安住しているようで、将来への不安やこのままでいけないという焦りを
感じていることが多いような気がします。

その不安や焦りに焦点を当てて話をしていくことが大切な気がしています。

急がないでゆっくりとできることから始めて行くことが大切です。



埜崎先生からのアドバイスいかがでしたでしょうか?



私も同じように働きたい、働こう、と思っても行動に移せない時期が長くありました。

朝早く起きられなかったこと、どうしても働かなければならない状態までに至っていなかった事、が
今考えると理由だったと思います。

甘えている自分に とても自己嫌悪し、その状況から抜け出すにはどうしたらいいかと焦っていました。
その反面、新しい事に踏み出す勇気はなくて、思いだけがつのるばかりでした。


一人では 行動に移すのは難しいと思い、横浜市の再就職準備講座ルトラヴァイエを受けました。


セミナーについて行くのは、大変でした。
内容も良く覚えていない程ですが、自分に課していた 往復1時間をかけて駅までは歩く、という事は
休まず続ける事ができました。

パソコンの授業も、新しい仲間との知らない事を学ぶ事も とても負荷でしたが、
判らなくても その状況の中で 休まず、往復1時間かけて通えた事は 一つの自信には繋がりました。

このすぐ後に再就職した訳ではありませんでしたが、
この一歩は私には貴重な体験でした。

今思えば、もっと早く受講していたら良かった、と思う程です。




この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2009年度ストレス科学シンポジウム「うつにならない」
2009/12/11(Fri)
薬学博士 生田哲先生から情報を頂きました。

2009年度ストレス科学シンポジウム「うつにならない」

2010年2月6日(土)13:00~17:00

会 場 早稲田大学 小野記念講堂
    (所在地:新宿区西早稲田1-20-4)
講 師
「うつを撃退する運動」生田哲先生(作家・薬学博士)
「心を軽くする認知療法のコツ」大野裕先生(慶應義塾大学保健管理センター教授)
「うつに克つ栄養」溝口徹先生(医療法人回生會新宿溝口クリニック院長)

主 催 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター

定員 200名で 無料だということです。

詳細は ⇒こちらです。

どうぞこの機会 ご活用ください。

私もぜひ参加して お話伺いたいと思います。


生田先生、基調な情報ありがとうございました。

この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
埜崎先生の講演会「うつからの脱出!今できること」終了致しました。
2009/12/10(Thu)
S 20091205埜崎先生

20091205 埜崎先生室内風景



5日の埜崎先生の講演会「うつからの脱出!今できること」に
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

アンケートを拝見して、皆さまが喜んで下さったのが判り、私たちも嬉しいです。

長いようでしたが、あっという間の2時間半でしたね。
皆さまが、本当に熱心に聞いていらっしゃる姿を、
後ろから拝見していて、埜崎先生にお願いしてよかった、と思いました。


・埜崎先生の誠実な判りやすい話は とても理解しやすく、
 あっと言うまの時間だった。

・復職についてもっと知りたい。

・復職についてのプロセスが判り、自分が今どの段階にいるのかが判った。

・セカンドオピニオンが良く判っていなかったが、活用してみようと思った。

・質問時間がもっと欲しかった。

・ぜひ本人にも聞かせたいと思った内容だったので、今後の埜崎先生の
 講演会の予定を知りたい。

・就職の際の、「オープンとクローズ」それぞれに理解できたので、
 自分がどちらで行くか 決め手から臨みたいと思った。

・焦らずに 本人と家族と医師で治そうと思った。

・医師に自分の体をゆだね過ぎず、治すのは自分だと再度確認することが出来たcccccc。

などが皆さんから頂いた感想です。

ご参加いただいた皆さま、それぞれに今後の回復へ向けて、
確かな物を得て頂けて良かったです。

私も、今まで知らずにいた、障害者手帳を持つ事でどういう事が変ってくるのか
を知ることが出来ました。

皆さまそれぞれの回復の段階によって、
質問内容は異なってくるのだと思うのですが、
それぞれの質問内容と埜崎先生のお話を ご自分の身に引き寄せて
考えて頂けたら大変嬉しいです。

5日の埜崎先生のセミナーで今年のみなとのセミナーは全て終了となりました。

春以降、併せて5つのセミナーを無事開催できたことを、
皆さまにお礼申し上げます。

今年のセミナーの反省を元に、来年も内容を吟味して
皆さまの役にたつセミナーを準備したいと思っています。

どうぞHPとブログそしてメルマガを今後もご覧頂けますようお願い致します。

また何かリクエストや、ご意見等お持ちでしたら、
遠慮なく、こちらまでお送りください。
皆さまの生の声をぜひ伺いたいと思います。


寒さが厳しくなり、あたりが華やかになると、つい気持ちは塞ぎ気味になりやす
いと思いますが、
なるべく暖かい時間に外を歩いたりなさって、体力を落とさないようになさって
みて下さい。
心と体は別々のものではありません。

私は、気持ちが暗くなってしまった時でも、歩く事で気分が晴れることがあります。


お互いに 来年は(も)いい一年になるように、
今、出来る事から一つ一つ準備したいですね。


この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
12/4(金)の10時からNHK総合の特番「日本の、これから」について。
2009/12/03(Thu)
神奈川県立 芹香病院 埜崎先生のセミナーは今週土曜日です。
・12月5日(土) うつからの脱出!今できること お申込受付中です♪♪
詳しくは ⇒こちらをご覧下さい♪


下記のさわとんさんからのメルマガにもありますが、

12/4の22時から 特番「日本の、これから」があります。

サイトには、

日本は今、年間の自殺者数が11年連続で3万人を超える“自殺大国”です。企業の倒産が相次ぎ、失業率も高止まりする今年は、過去最多だった2003年に迫るペースで自殺者が増えています。

「自殺なんて私には関係ない」と思われるかもしれません。しかし、自殺の主な原因を見てみると、
うつなどの健康問題、借金や貧困などのお金の問題、パワハラ・リストラなどの職場の問題、家庭、
恋愛などの人間関係の問題・・など身近な事柄がほとんどで、同じような悩みをかかえている方も
多いのではないでしょうか。そして、ご家族や友人、会社の同僚など、大切な方を自殺で亡くされた経験を
お持ちの方もいらっしゃると思います。自殺は私たちにとって、身近で深刻な問題なのです。

どうすれば自殺を減らすことは出来るのでしょうか。みなさんからの意見をもとに番組で話し合いたいと思います。


と書かれていました。

さわとんさんも出演なさるそうですが、
皆さんも、思いを発信する事が出来ます。

サイトから 提言の形で メッセージを書くことができます。

私も昨晩深夜に書き込んでみました。

それぞれの思いを 伝え合ういい機会だと思います。

短くても ひと言ご自分の思い、考えを発信してみませんか?


「生きるのに疲れた」

「どうして行ったらいいのか、先が見えなくて不安だ」

どんな事でもいいと思います。



では、今日のさわとんさんのメルマガを、ご紹介しておきます。



(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「今日のありがトン情報」

あさって12月4日(金)

NHK総合の特番「日本の、これから」

に、さわとん出演させて頂くことになりました。


生放送の参加型討論番組です。25名の中のひとりです。

討論番組といっても、朝まで生テレビのようなコメンテーター型というよりは、

市民参加型の番組です。


テーマは「自殺」です。


今回は、生放送ということもあり、テーマもテーマですし、

お引き受けするか悩みに悩みました。


ただ最終的には、等身大の自分でお伝えすることが、

少しでも悩みが深い人の力になれればと、昨日決意しました。


きちんと話せるかわかりませんが、「等身大のさわとん」で参加してきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

12月19日(土)、愛媛でもコラボさせてもらった大親友「やのっぷ」との年内最
後の

「いきいき!フォーラム」を池袋で開催予定です。

少人数でクリスマスらしいアットホームな会にしますので、よかったら今からご
予定ください

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

このメルマガを、「ありがトン」を伝えたい人に贈ってください。

毎日ほんわか、あったか、なごやか
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
(携帯)http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0088094

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「毎日のいきいきのために、一日ひとつのありがトン」

★さわとん(澤登和夫) 株)ありがトン代表・うつ専門カウンセラー★

さわとんの「ありがトン」のブーログ 
ありがトン公式HP(携帯対応) 
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
29日のうつのためのサイモントン療法Part2のご報告です。 その2
2009/12/02(Wed)
神奈川県立 芹香病院 埜崎先生のセミナーは今週土曜日です。
・12月5日(土) うつからの脱出!今できること お申込受付中です♪♪
詳しくは ⇒こちらをご覧下さい♪


その1に続いて。



そして6デイズの最終日に、室生山にハイキングに出かけました。

とても穏やかな天候で、それぞれに好きな食べ物や飲み物を持参で
景色を楽しみながら おしゃべりしながら歩きました。

どなたかが美味しいワインを持って参加なさっていました。

そのワインをTさんに勧めたところ、
「僕は好きな美味しいワインを飲む事に決めました」と宣言をして、
室生山からの景色を見ながら 美味しそうにワインを飲みはじめました。

本当に久しぶりに美味しいワインを飲んでいるTさんの姿は、
嬉しそうで、生きている!という感じが伝わって来ました。

それから、美味しい物を食べ、美味しいワインをたしなむ事を始めたTさん、
とっても明るく健康になっていました。

カウンセラーのお仕事も再開し、みなとの講演会をお誘いすると 行きます、と
返事をくれましたが、あまりに健康になって 忙しくなり過ぎ週末の時間があか
ない程でした。

以前のTさんを知っている人たちは驚いた程です。

メールでいつも 砂田さんは良くやっていると思うよ、と
励ましてくれました。

今年年賀状をお出ししたのですが、
お母様から留守番電話にメッセージが入っていました。

息子は11月に亡くなりました。今まで仲良くして貰ってありがとうございました
、と留守電に残っていて 大変驚きました。

室生山で一緒に撮った写真のTさんにもう会えないと思ったら、
とても寂しくなりました。

実は、亡くなってしまったTさんの事を
話す事を躊躇っていました。

そして昨日 佐々木先生のお話を伺って、
やっと気がつきました。

サイモントン療法を全て実践していらっしゃるサイモントン先生でも
永遠の命ではないのです。

Tさん、好きでもないニンジンジュースを薬のように飲んでいる時は、
食事以外の時間でもなんだか辛そうでした。

それが人生は楽しむ事が目的、と知ったTさん。
飲みたい時にお酒を飲み、食べたい物を食べていました。

それからのTさんの表情は生き生きとしていました。

サイモントン療法は がんを含め病気をを治す事が目的ではなく、
その人の人生をより幸せなものにするのが目的です。

うつに置き換えてみても、同じ事が言えると思います。

私たちは 本質的に健康で、目的は うつを治す事ではなく、
より幸せな人生を楽しむ事です。

Tさんは 私より早くこの事に気がついていた事でしょう。

しなければならない事にばかり目を向けるのではなく、
やりたい事、したい事に目を向ける。

やりたい事、したい事を、問題が解決したらやろう、
と していませんか?



喜びリストを沢山持っていたら、それだけで楽しくなります。
それを思い出すだけで楽しくなります。

どうぞ喜びリストを考えて 書いてみてください。

私の喜びリストは、会社の帰りに歩くこと、伊東屋でカードを選ぶこと、
犬たちとのお昼寝、本屋さんへ行く事、スタバでぼーっとすること、
おいしいケーキ屋さんを探す事、友達と話す事、メールを書くこと、
新しい道を発見すること、などです。

皆さんのはどんなのでしょう?

ぜひ書いて、そしてそれを増やして行きませんか?

私も サイモントン療法の受講者のただ一人でした。
それが 時間が経ってセミナー開催者の側になり、
皆さまにお越しいただけるようになって、とても感激しています。


来年は 佐々木先生に昨日のエッセンスを、
一つ一つ具体的に 連続セミナーで教えて頂こうと思います。

また決まり次第お知らせしますので、どうぞ楽しみに待っていてください。

またお目にかかれる日を心から楽しみにしております。

ご参加本当にありがとうございました。
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
29日のうつのためのサイモントン療法Part2のご報告です。 その1
2009/12/02(Wed)
神奈川県立 芹香病院 埜崎先生のセミナーは今週土曜日です。
・12月5日(土) うつからの脱出!今できること お申込受付中です♪♪
詳しくは ⇒こちらをご覧下さい♪


29日のうつのためのサイモントン療法にご参加くださった皆様へお礼のメールをお送りしたので、
それを 皆さまへのご報告に代えさせてください。

長いですが、どうしてもご覧頂きたかったので、二つに分けてお送りします。



S サイモントン佐々木先生会場風景2

プロジェクターを使っているので 会場が少し暗いですが、
佐々木先生のソフトな声は 何だかとても落ち着きます。
パワーポイントの資料はとても判り易く サイモントン療法のエッセンスが集約されていました。



S サイモントンクリスマス飾り付け2

クリスマスが近づいているので、
ちょっとクリスマスを意識した雰囲気をコーナーに作ってみました。
イケアで買って来た スウェーデンのジンジャークッキーは なかなか美味しくて好評でした。
クッキーの缶もかわいいので、お見せします♪

お茶の紙コップも シールを貼って楽しくしてみました。
気がついて下さった方、ありがとうございます♪

次回埜崎先生の時には どんな風にしようかとアイデア練っています。



皆さまへ、

砂田 くにえです。
日曜日には、うつのためのサイモントン療法 Part2にご参加頂きまして、
ありがとうございました。

アンケートを拝見して、最初のパソコンの立ち上がりに少し時間がかかった事と
、あまりに盛りだくさんで瞑想の時間がなくなってしまった事は残念でしたが、
すべての皆さまが参加して良かったと思って下さったと知ることができて、大変
嬉しく思っています。

私自身は、最初にサイモントン療法に出逢ったのは、3年程前に
参加した、ペットロスにならないためのサイモントン療法でした。
そこで、「人生の目的とは幸福を体験すること」だと聞き、
感動したのを覚えています。


そして昨日、今まで何度も伺っているサイモントン療法の
エッセンスを皆さまとご一緒させて頂きましたが、
また新たに気づく事がありました。

何度聞いても、新鮮に体の中に入って来ます。


* 考え方、人生観を健全にする事で、感情は安定し、
日々の生活は 旨く機能する。

* 人生の目的は、うつや病気を治す事ではなく、
人生を楽しむ事である。

* サイモントン先生はampmのたまごサンドウィッチと アサヒスーパードライを
ホテルで スポーツ観戦をしながら、召し上がるのが好き。

だから、佐々木先生は、どこそこにお誘いしたいのですが、いかがですか?と
お誘いしても、サイモントン先生がホテルでゆっくりお食事をなさりたい時には
、そちらを優先する。

これは良くある事だと思うのですが、
私がいいと思っていて勧める事と、本人のやりたい事はあまり一致しない。
だから、まず相手のニーズを尋ねるといい訳ですね。


昨日佐々木先生のお話を伺いながら、
ちょうど去年の11月に亡くなった大切な友人の事を思い出していました。

その友人Tさんは、サイモントン療法のシェア会で最初にお会いしました。
難しいところにがんができていて、お母様と一緒にご参加なさっていました。

とても深刻な雰囲気で、若い方なのにふさぎこんでいるように見えました。

そして伊豆での6デイズに参加すると、Tさんと隣の席になりました。

昨日のように、お休み時間にはスタッフの方々が用意して下さった
美味しいクッキーや飲み物を自由に頂けるので、

私はTさんのクッキーも持って席に戻って、いかがですか?と
勧めました。

そうすると、甘い物はがんに悪いから 好きなんだけれど食べないんです。
食事はゲルソン療法といって、ニンジンのジュースを飲むのをやっているので、
あまり他の物はたべないんだ、と聞かせてくれました。

確かその時彼は36,7歳だったと思うのですが、
もっと老けて見えました。



次に続けて書いています。 どうぞご覧ください。


この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「生活ほっとモーニング」に出演なさった さわとんさんからのメルマガから。
2009/12/02(Wed)
神奈川県立 芹香病院 埜崎先生のセミナーは今週土曜日です。
・12月5日(土) うつからの脱出!今できること お申込受付中です♪♪
詳しくは ⇒こちらをご覧下さい♪


私も会社から帰って、録画を見ました。

ご覧になった方いらしゃいますか?

15分の長く丁寧な番組でしたね。
さわとんさんの思いが強く出ていたと思います。

先ほどさわとんさんからメルマガが届いていましたので、皆さまにもお伝えします。


(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「今日のありがトン情報」

今朝のNHK「生活ほっとモーニング」でさわとん、15分ほど紹介して頂きまし
た。

さわとんの泣き顔も、アップでうつっちゃいました^^

自分の映像ながら、今回は感動してしまいました。

生きることに悩んでいる方に、少しでもメッセージが伝わればとっても嬉しいで
す。

そして、、、なんと、、、

スタジオで「ありがトン」が、思いっきり紹介されちゃいました♪

と~っても嬉しかったです。

たくさんの方々のメッセも、本当にありがトンございます!

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

その流れもあって、、、

12月4日の夜、NHKの討論番組の生放送に出演させて頂くことが決まりました。

今回の出演は生放送ということもあって本当に悩みましたが、
悩んでいる方に少しでも力になればとお引き受けしました。

番組名などは、また明日以降、ご連絡させて頂きます。

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

このメルマガを、「ありがトン」を伝えたい人に贈ってください。

毎日ほんわか、あったか、なごやか
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
(PC)http://archive.mag2.com/M0088094/index.html
(携帯)http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0088094

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「毎日のいきいきのために、一日ひとつのありがトン」

★さわとん(澤登和夫) 株)ありがトン代表・うつ専門カウンセラー★

☆さわとんの「ありがトン」のブーログ http://ameblo.jp/sawaton

☆ありがトン公式HP(携帯対応) http://www.arigaton.com

☆mixi, gree, doxiも「さわとん」

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)
◎さわとんの、今日の「ありがトン」
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/M0088094/index.html
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今晩のNHKクローズアップ現代は、自殺と“闘う”~イギリスの国家戦略
2009/12/01(Tue)
先日 みなとのブログに認知療法のコメントを送ってくださったsuzukiさんから、

また情報を送っていただいたので皆さんとシェアしたいと思います。

suzukiさん、貴重な情報ありがとうございます。



NHKのサイトを今見てみたら、今日12月1日は「いのちの日」なんだそうです。
これに合わせて、週を通して『自殺』をテーマにした番組を集中的に放送されるようです。

以降の番組も随時このブログででお知らせしたいと思います。

自殺、じゃ、関係ないわ、と思わずに、
なぜ こんなに取り上げらえる程の問題になっているのか、
それを考える機会だとも思います。

12/1 クローズアップ現代自殺と“闘う”~イギリスの国家戦略~

この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |