FC2ブログ
2010 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 11
行動を変えれば脳が変わる。 生田哲先生の新しいご本:「よみがえる脳」より。
2010/10/22(Fri)
2ヶ月前はあんなに暑かったのに、今日の涼しさは もうすっかり秋ですね。


皆さんに 生田哲先生「よみがえる脳」の目次を読んでみて、読み終わったら ご報告しようと、
ずっとかばんの中に入れていたのですが、パソコンに向かい過ぎたのか 眼精疲労がひどくなかなか読み進められませんでした。


今日、読み終えました。


皆さん、ごめんなさい!!
もっと早くお知らせするべきでした。


「大人の脳は変わらない」は間違い。
脳はいくつになっても 絶えず変わり続ける
、これって、素晴らしくありませんか?!!

一生を通してヒトが死ぬ瞬間まで、脳は変わりつづける。行動を変えれば脳が変わる。
この一節が きっと多くの方を勇気づけると思います。



ここと、ここ、そしてここに書かれていることも ブログでお伝えしようと 印をつけたり、
ページを折っていたら あちこち印だらけになってしまいました。



うつについてだけでも第4章に、50ページを使って書かれています。

「規則的にエクササイズ(軽い運動)することが 
うつに対して 抗うつ薬SSRIと同じ程度の効果がある」と言う事が判っているそうです。

私の体験からも 歩く事がどんなにうつ回復中に役にたったかをお伝えしていますが、
やっぱりそうだったのか、と改めて感じました。

歩く、水泳など腕や脚を大きく 繰り返しのリズムで続ける運動を、
週3日 1回15分から30分、またはそれ以上続ける事で、抗うつ効果が発揮される、と
証明されていると言うのです。

それを最低10週以上続けると、安定した効果が得られやすいと言う事です。


そして エクササイズを日常的に続けていると、気分が高まり うつ発生そのもののリスクを
下げることができると言うのです。



冬になってからだと 歩き出すのはきついかも知れませんが、
今頃から始めていると 真冬でも歩き出してしまえば20分したら汗が出てきます。

そして 続けていると私が何度か体験した 頭がスキッ、と冴え渡って
いい考えが浮かぶっていうのを きっと体験できると思います。




もちろんこの「よみがえる脳」は うつのためのエクササイズについてだけ書かれているわけではありません。


生田先生のご本は、「ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く」のご本の時にも感じましたが、
ただノウハウだけが書かれているのではなく、そこまでに至るのに関わった多くの科学者の事が書かれています。

科学者たちの不屈の精神のお陰で 真実は少しずつ明らかにされて行くと言う事を今回も知りました。


その過程は、英語で書かれているので 
英文科をうん十年まえに出て、今や卒業したこと自体を話すのも恥かしい位の私の力では 
理解する事はできませんが、
その点 生田先生は、私たちに判りやすく 日本語で説いて下さっています。

ぜひ 手にとってご覧になってみてください。
特に 何年も薬を飲んでいるのに 回復が思わしくなくて、と言う方は
170ページをご覧になることは 新しい方向へ目が向くきっかけになるのではないかと思います。



まだまだ私のペンを入れた箇所はたくさんあるのですが、
最後のこの部分も そうなんだ、と発見だったのでこちらにも書いておきます。


認知療法の事についても書かれていました。

認知療法をした後と前では、脳スキャンを見てみると、治療によって回路が変わり、
能の変化が起こっていることが 判るのだそうです。

これが認知療法が 薬を飲んだのと同様の効果がある、と言われる理由でしょう。

これを知ってから 11月14日の小堀先生の認知療法のセミナーを受けた方が
きっと更に身につきやすくなるのではないでしょうか。



片桐航先生からも 以前から瞑想の効果についてお話を伺っていて、
特にヴィパッサナー瞑想が うつには効果があるよ、と耳にしていました。
今後 片桐先生には このヴィパッサナー瞑想についてもぜひ教えて頂きたいと思っています。

ヴィパッサナーとは、「物事をありのままに観ること」なんだと、
生田先生はこのご本の中で書いていらっしゃいます。

筋肉や骨をよりいい状態にするには、腹筋運動をしたり ジムに通ったりするなどの手段がありますが、
脳を大きくするには なんと瞑想なんだそうです。



日ごろ瞑想を実践する人は、プラスの感情、安定した感情、目配りがきく行動が出来る事が
多いのだそうです。
それは この脳の拡大と関係があるようです。

拡大していくのは、どれも感情をコントロールする箇所だと書いてあり 
それならぜひ身に付けたいと思いました。



うつだけでなく、日々ストレスフルな日常を乗り越えていくには 
脳を拡大しておいた方がいいと言えるようです。

まだ これから解明が必要な事もあるようですが、
今の時点でも始めてみて、充分にいい事がたくさんありそうです。



私が うつの家族の会を始めたいと思う、と 人間の能力開発にもたずさわっていらっしゃる
獣医学博士の須崎泰彦先生にお話したところ、
砂田さん、皆で部屋に集まって うつは大変だよね、と嘆くのはやめなさいね。

私はうつなんです、うつの家族なんです、と自分のTシャツに ぜっけんをつけるような事をしないで、
皆で 昼間明るいところを歩いたり 外で運動したりしなさいよ、と
アドバイスを頂いたのを今でも 時々思い出しています。

今回 生田先生の 「よみがえる脳」を拝見して 須崎先生がアドバイスして下さった事が、よく理解でき 腑に落ちました

今後 みなとでも屋外の催しも企画したいと思います。



私のつたない文章でご紹介するのは失礼だと思いながらも、
ぜひ 皆さんにお勧めしたかったので、ついつい長くなってしまいましたが、
ご紹介させて頂きました。


読書の秋 ぜひ生田先生の「よみがえる脳」ご覧になってみて下さい。









スポンサーサイト



この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |