2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
5/17に佐々木弘先生による「うつのためのサイモントン療法」行います。
2009/05/05(Tue)

縮小 サイモントン先生と。
2206年秋に伊豆でのセミナー終了後、解散前にサイモントン先生との記念の一枚。
自分でも表情が穏やかになっているのが判ります。
大切な写真です。



あっという間に連休に突入していました! もう後半ですね。

お休みの方も、そうでない方も、ずっとお休みだから連休は関係ないと言う方も、
暑くも、寒くもない 一年で何日しかないこの気持ちのいい季節を
肌で感じたいですね。

先月の小堀修先生のセミナーで力をかなり出し切った感じがして、
まだ 余韻というか、パワーが充電できてないようにも思うのですが、

今月は 念願かなって 「うつのためのサイモントン療法」のセミナーを佐々木弘先生に来ていただいて開きます。

一人でも多くの方に このサイモントン療法を知っていただく機会にしたいと思っています。


               「サイモントン療法」の佐々木弘先生による
               取り戻すぞ~心の元気~ うつからの卒業
                  うつのためのサイモントン療法

講師 : サイモントン療法認定トレーナー 佐々木 弘先生
      三島広小路治療院長  ささきカウンセリング研究所長
NPO法人サイモントンジャパン理事 財団法人日本鍼灸師会員
日本医師鍼灸研究会員 日本サイコオンコロジー学会員

日時 : 5月17日(日曜日) 14:00から16:00   受付開始は13:30 

会場 : 代々木研修室 4階  JR代々木駅 西口下車 徒歩30秒

定員 : 先着60名  うつご本人、ご家族、サイモントン療法に関心のある方どなたでも 
ご参加いただけます。

会費 : 2000円 お申し込み頂いた方にお振込み先をご連絡いたします。

問合せ先&お申込 : 「佐々木先生のセミナーに参加希望」と書いて
1.お名前 2.参加人数 3.電話番号 4.FAX番号 5.メールアドレスも
ご記入の上、下記へメールまたはファックスにてお願いします。

メール:info@utsu-minato.net ファックス:045-571-3258



17日に講師として来て下さる佐々木弘先生は、
38歳のとても穏やかなスポーツマンで、サイモントンジャパンの立ち上げから
関わっていらっしゃいます。

サイモントン先生も HIROSHIと呼んで、とても可愛がっていらっしゃいます。

私は 今まで伊豆でのセミナーで 2回佐々木先生のグループになり、一番お世話になっています。 
昨年秋にも 二日間だけ伊豆のセミナーに参加した時に
みなとで いつか講演会してください、とお願いしていたのが現実になりました。 

皆さんにサイモントン療法を知って頂く機会に
関われて とても幸せです。




2006年に 犬も飼い主もお世話になっている須崎動物病院院長 須崎恭彦先生が ペットロスにならないためのサイモントン療法と言うセミナーをなさい、参加しました。

これが最初の出逢いです。

サイモントン療法が何なのか 全然知りませんでしたが、
須崎先生が、年間500万円以上もかけていろいろな セミナーを受講
なさっている中で、ベスト10に入るセミナーと伺って、
それは ぜひ行かなくっちゃ、と夫と二人で参加しました。

当日は満員でした。


講師のサイモントンジャパンの認定トレーナー 川畑伸子先生のお話に最初から
惹き付けられましたが、
途中から 心にぐっと迫るものがあって涙が止まらなくなり、
困った事を覚えています。

別に悲しいセミナーではないのですよ。

感激したんですね。

それでも ぜひ質問したい、と涙で声にならない声で、
質問したのを覚えています。

帰りに川畑先生の本を手に入れて、
早速読みました。

そして すぐにその秋にあった伊豆でのセッションに参加しました。

それ程までに、もっとサイモントン療法を知りたい、学びたいと思ったんですね。

それから後2回伊豆でのセミナーに参加しています。

最初に参加した時に、
私は サイモントン博士に このサイモントン療法は うつの方にも
有効だと思いますが、いかがでしょう?

質問しました。

サイモントン博士は、僕はガンの専門家なので がんについての本を出したり、がんについてのサイモントン療法を話しているけれど、
もちろん がんが良くなるのだから、うつにも他の疾患にも効きます
、と
答えてくださいました。


そして、
私は もっとサイモントン療法に早く出逢っていたら、
私は うつから早く回復したと思う。
もっと早く出逢いたかった、
とお話したところ、

サイモントン先生は、
多くの方が 皆 もっと早く出逢えていたらよかったのに、と
言います。
けれど、今出逢えて良かった、と そう思う方は少ないです。

そうおっしゃいました。
今でも その時の事をよく覚えています。

それを伺って、同じ事実に対して、
「ああ、もっと早く出逢えていたら良かった」、と言うのと
「今 ここでサイモントン療法に出逢えて良かった」、と
別の捕らえ方ができるのだな、だけれど、
今 出逢えて、良かった、と思えた方が 心は幸せだな、と思いました。

このほかにも 「最善を尽くして 執着を手放す」という事も
学びました。

ノートにはびっしりと書き込みがしてあって、
今でも読み直すと 3年前の新鮮は驚きと感動が蘇えってきます。

グループで 数名の方々といろいろな事について話し合いましたが、
がんと診断されている方が 不安や、執着を手放すにつれて、
表情が 明るくなり、楽しそうに変わっていくのを 一緒に体験できたのは、
ホントに貴重な体験でした。

中でも 30代後半の男性Tさんが がんのために食事療法をなさっていました。

私はこの方の隣の席だったので、お休み時間にお菓子を持って席に戻り、
このTさんに 一つどうですか?と勧めると、
食事療法をしているので、甘い物は我慢しています、と言う返事でした。

伊豆滞在中、毎食美味しい食事が出されるのですが、
この方は ほとんど手をつけず 家から持っていらしていた食事療法のメニューを 摂っていらっしゃってました。


最終日に 大室山にハイキングに行くメニューがあり
私は Tさんと一緒に話しながら歩いてました。

今まで 食事制限しないとがんが治らないと思って好きなワインも我慢していたけれど、今日から少しワインも楽しむようにしようと思う、と
そう言って 他の方が用意していらしていた赤ワインを美味しそうに一口飲んで、草の上に仰向けになって 気持ち良さそうに太陽を浴びたのを見て、
私も それまでの古い私から開放されたのを実感したのを覚えています。

それからは Tさんは元気にお仕事にも復帰し、
カウンセラーとして 活躍なさっていました。

サイモントン療法は、サイモントン先生が身につけられた 認知療法、
禅や、武士道 ダライ・ラマの教えなど いろいろな考え方の集大成です。


ダライ・ラマの教えに 「人間の目的は幸せを感じる事である。」という言葉があります。

このTさん、美味しい物が大好きだったのに、がんを治すために、
遠ざけていたのですね。

それが不自然だと気がついて、ワインを楽しむ事を取り入れたのだと思います。

ワインを一口 口にする事が あんなに彼を生き生きと生き返らせたとは。

私は その光景を感動しながら 人間て凄いんだな、と思いました。



今回 佐々木先生にセミナーをしていただく事が決まって、
今 最初のセミナーで頂いたテキストを読み返しています。

全てがまだ身についた訳ではありませんが、
引き出しが多くなり、必要な時にはこのテキストに戻ればいいのだという
安心感があります。

テキストの最初に佐々木先生からのメッセージが書かれていました。

ご主人とお二人でサイモンとを深めていってくださいね。
いつでもサポートをする用意はありますよ。

皆さんの役にたつことが 僕達の喜びですから、とおっしゃってくださった言葉通り、ずっと会っていなくても 支えてもらっているという安心感を
感じていられます。

そして 今回も 喜んでお役に立ちたいです、と快諾を下さいました。

きっと参加してくださる全ての方に 生きていく上で不安が消え、生きていく
希望が見えると思います。

ぜひ佐々木弘先生のサイモントン療法のお話 聞きにいらしてください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 初めて目が覚めました -
初めまして(ブログにおじゃまは、「初めまして♪」です)

恥ずかしい話ですが、
私は鬱は自分には無関係とずっと思っていました。
けれど、
去年から40~72歳の健康診断で、
メタボリックシンドローム(少し前までの呼び名は、 成人病(高血圧・糖尿・脂質異常)に検査値がひかかった方達に
減量してもらって検査数値を下げさせる指導を
今年からするようになり、
鬱で服薬しながら忙しく仕事をしている方達が、 少なくない人数なのに
驚きました。


だから砂田さんが、今いっしょうけんめいなさっている事は、
ほんとうに頭が下がります。

私も違う分野での活動ではあるけれど、
「そういえば、砂田さん サイモントン療法や認知行動など
よく、お話されていたな~。」
と、思い出し
遅ればせながら 今、 
いくえちゃん(私的には、ワンちゃんと一緒に写ってる笑顔の砂田さんのイメージは、 「いくえちゃん♪」と呼ばせていただきたくなっちゃう。 ごめんなさい)
その関係の本を読み始めています。

いくえちゃん
目覚しい活躍を続けているけど、 あんまり頑張りすぎちゃだめだよ。

いくえちゃんは、 いくえちゃんでいるだけで
存在自体が、みんなが元気になれるんだから。

いやなことがあったら
またチョコを一粒だけ(だけ!です)食べて、
ずっと、ずっと輝くいくえちゃんでいてください。


呼吸チョコを私も、おすそわけしてもらいたかった久美より☆

2009/05/11 10:57  | URL | タニカワ久美 #-[ 編集] ▲ top
- Re: タニカワさん ありがとう! -
久美さん、

コメントありがとう。

嬉しかったです。

そして体のことも気遣ってくださってありがとう。

ホント、皆胸の辺がやせた、と言います。
残念ながら 顔はやせないのよね。

好きなチョコもそんなにカロリーを気にしなくても
食べて大丈夫になったのが 嬉しいけれど。

これからも応援してください。

本当は プライベートコーチみたいので、
姿勢とか 歩き方とかトレーニングしたいと思っているのですが、
なかなかそこまでの気持ちの余裕と、お財布の余裕がまだできないのが
残念です。

体第一だと思って 気をつけます。

また いろいろと教えてください。

そしてまたコメント書いてくださいね。
待っています。

2009/05/18 17:32  | URL | くにえ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/120-26e28d69

| メイン |