2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
自殺者、10年連続で3万人台。1時間に4人もの命が。
2008/06/20(Fri)
皆さんもきっとニュースで耳になさったと思いますが、自殺者が10年連続で3万人台 高齢者と30歳代増加(毎日新聞 - 06月19日 )、とありました。

以下に引用します。
 
07年の全国の自殺者は3万3093人で、10年連続で3万人を超えたことが警察庁のまとめで分かった。前年比938人(2.9%)の増で、03年(3万4427人)に次いで多く、依然歯止めがかかっていない。年代別の対前年増加率は、60歳以上の高齢者(1万2107人)が8.9%と最も高く、次いで30代(4767人)の6.0%の順だった。両世代は統計を取り始めた78年以降、人数も最多だった。

 60歳以上と30代以外の自殺者は、多い順に▽50代7046人(前年比2.8%減)▽40代5096人(1.8%増)▽20代3309人(同2.5%減)▽19歳以下548人(同12.0%減)。19歳以下では、未就学児童はゼロだったが、小学生8人、中学生51人、高校生215人が含まれている。

 原因・動機については、昨年、遺書などから特定できた場合のみ計54の選択肢の中から三つまで複数計上する方式に改めた。特定した2万3209人のうち、最も多いのは「病気の悩み(うつ病)」(6060人)で、次が「身体の病気の悩み」(5240人)と、健康問題を苦にしての自殺が多い。昨年から選択肢に盛り込んだ「いじめ自殺」は19歳以下で10人。

 60歳以上で原因を特定できた8451人では、「身体の病気の悩み」3644人、うつ病2070人に次いで▽生活苦371人▽多重債務366人▽介護・看病疲れ153人など高齢社会の課題も浮き彫りになった。

 30代で特定できた3366人では、うつ病996人、「病気の悩み(統合失調症)」346人のほか▽多重債務341人▽仕事疲れ171人▽職場の人間関係144人が目立った。

 都道府県別(発生地)では▽東京都3047人(前年比14.3%増)▽大阪府2241人(同14.8%増)など都市部で増加した。【遠山和彦】

 自殺問題に取り組むNPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」の清水康之代表の話 増加している60歳以上と30代のいずれも仕事がらみの問題がきっかけとなる自殺が目立つと実感している。60歳以上であれば仕事に就けない不安、「就職氷河期」を経験した30代は職場での過労の問題などを抱えている。うつ病による自殺が目立つが、なぜうつになるかを解明し、対策を講じていくことが必要だ。

         ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



計算すると、1時間に4人もの方が自ら命を絶たれている事になります。

3万人以上の自殺者が10年続いていると言う事ですが、
私が うつだと診断されたのもこの頃でした。

その時、病院の担当医は、初診察の日に、先生の名刺の裏に緊急の連絡先の電話番号を書いて渡してくださいました。

それをずっと良くなり、仕事についてからも、お財布の中に大切に保管していました。
最近その名刺を見て、とても懐かしく思いました。
そして、この名刺に書かれている番号に電話する事はなかったけれど、
どんなに励まされていたか、を思い出しました。



私は 父が病院で亡くなる直前の モニターの波がだんだんと平坦になっていくのを
ただただ父に声をかけながら 見ていたので、
人が亡くなった後どうなるのか? 病院からどうやって家へ戻されるのかを、
知りました。

そのせいか、自分から命を絶つことを考えた事は一度もありません。

もっと行きたいと思っていた父は 生きる事が出来なかったのですから。


誰でも その日は平等に来てしまうのだし、 何もそれを自分から選ばなくても、と
思います。

生きていれば、今辛くても、きっと あの時は辛かったな、と
思い出せるような日が必ず来る、来るようにしたい、って思っています。

こんな事を書くと、きっと、砂田さんは 自殺したいと思う人がどんなに辛い気持ちでいるかが判らないって言われるかも知れませんね。

そうなのかも知れません。


だけれど、亡くなってしまった後、残された家族の気持ちは判ります。

さっきまで、目の前にいた人や、声を聞いていた人が いなくなってしまった後の
気持ちが痛いように判ります。 


どうしてこの10年で3万人もの人が、と 理由を考えるのも大切な事だと思います。

それを解明すると同時に、今 心の底から 生きる希望を失っている人に
私たちは何ができるでしょう?


今 やらなければならないことって 何でしょう。
出来る事は?


3万人以上の数の 後ろには たくさんのご家族がいらっしゃいます。

その方々も 喪失から 私と同じように うつになってしまう可能性も大きいです。

どこから変えたらいいのでしょう?

この毎日新聞の記事に対して、mixiの書き込みが1000を超えてました。

あまりにも 大きな問題ですが、 このままにしておく訳にはいきません。


どこかが大きく ずれてしまっている、そんな気がしてたまりません。

どう思われますか?


周りに もし息するもの辛くて、と 思う人がそばにいたら、
どうしてあげたいですか?

今の私には その辛さを聞いてあげることしか出来ないかも知れないですが、
自分の命を 自分で止まらせないで下さい。


あなたの家族が、そして友人や、パートナーがどんなに悲しくて、苦しい思いをするか、
想像して貰えませんか?

あなたの命を救えなかった事、 助けられなかった事で どんなに悔やまれるか、を。






スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/16-c3cdb36a

| メイン |