2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
NHKスペシャルが本になりました。 どうぞご覧ください。
2009/09/23(Wed)
2月22日に放映されたNHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」は 再放送もされましたが、とても反響が大きかったようです。


そのNHKスペシャルが本になりました。

タイトルはそのままで、「NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる」ですが、ページ数は250ページを越えています。

私も 真夏にチーフプロデューサーの小堺さんに、再度取材をお受けしていました。

万年筆できれいにメモを取りながら、とても話しやすいように質問をして下さったので、
話しながら 改めて気づく事もあり、大変いい2時間程を過ごす事が出来ました。

あんな沢山話した内容をどういう風にまとめるのだろう?と 素人としては
正直そう思っていたのですが、

後日 本来の仕事より力を入れて書いています、とメールを頂戴しました。

出来上がりを楽しみにしていたところ、
土曜日にもう本屋さんに並んでいると連絡を頂いたので、
都内に出かけたついでに 銀座の大きな本屋さんに寄り 検索をしてみたところ
ありました!!

あまりにいい場所に並んでいるので、びっくりしました。

ページを開いてまたびっくり。
私が聞いて頂いた話が なんと176~193ページまで 20ページ近くを使って
まとめられていました。

そして、あとがきは 高橋アナウンサーがお書きになっていますが、
そのあとがきの最後の部分に 私が一番伝えたい事を 文章にして下さっていて、
本当に光栄に思いました。

高橋アナウンサーは、収録の前の晩、私の携帯に電話を下さって、
当日は何も心配をしなくていいので、 好きな事を 好きなだけ話してください、
間違っても、言い直しても 後でそれは編集できるので、
気にせずに 言いたい事を話してくださいね、と

緊張がもう既に始まっていた私に 何も気にせずに収録に臨めばいい事を
安心できるように電話をくださったことを あとがきを拝見しながら 思い出していました。

あとがきの中で、
番組収録後には、不思議な一体感をスタジオで感じていました、と
お書きになっていました。

それを拝見して、私は初めての収録だったので、他と比べる事は出来ませんでしたが、
同じように感じていました。

半日に及ぶ収録でしたが、
疲れることもなく、話が盛り上がった頂点で 最後を迎えたように感じました。

テレビに映った人ばかりではなく、スタッフの皆さん、と一言では言えない数のお仕事、人数の方が
一丸となって 作り上げている番組だという事が良く判りました。

取材から この収録の日まで 1年かかっていたそうです。

また この本が完成するために、画面には映っていない部分の事について再度取材をお受けしました。

この本を拝見して、
うつは 医師、カウセンラーだけでなく、
もっと広く 勤め先、お住まいの地区、そしてもっと他の治療方法も含めて、
そのご本人に一番合った回復のための方法を 探す必要があるのでは?と
強く感じました。

ご本人、ご家族も
専門家が言っているのだから、間違いないはず。だから 疑問を持っていても 
尋ねるのを控える、というのではなく、
あくまでも 本人主体になるように、医師や医療機関を活用する、コミュニケーションを含んだ、
ノウハウをもっと身につけて行く必要を 私自身の体験からも感じました。

専門家に自分の病気を委ねるのではなく、
あくまでも 病気は本人の物だという事を確認する必要があるのでは?そう思いました。

医師は適切な処方箋を出すのが役目だと判っていても、
ご本人やご家族は、それ以上の ものを求めているようにも思う。

自分の体、将来のことだから、
もっと伝えたい事を 伝え、医師を神様に祭り上げてしまわないように、する必要が
ご本人、ご家族側にもあるのではないか?



この本を読んでいく事が、いろいろと考えるきっかけになると思います。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

そして、お住まいの地域にある図書館にも置いてもらえるようにリクエストをしてください。
多くの人が知っておいた方がいい内容が沢山書かれています。

どうぞご活用ください。







スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 買いましたよ -
今朝 かかりつけの鍼灸院の先生から昨日 横須賀の書店で砂田さんの本を立ち読みしたと聞いたので すぐにその書店に行ってきました。その先生のところには鬱病の患者さんが随分治療に来るので、大変この病気を理解し勉強しています。NHKのテレビのことは私は伝えていなかったのですが見てくれていたので嬉しかったですね。

私はしばらく その本を立ち読みしながら いかに砂田さんご夫婦が大変苦労しながら うつを乗り越えてきたかを改めて感じました。

そして誰もが疑問に感じていることが大変 わかりやすく書いてあり いい本が出来 くにえさんも今まで頑張ってきた甲斐がありましね。
その書店には四冊搬入したそうです。
今度 その書店を覗いた時は売り切れていることを祈っています。 

これから本を読みながら改めて自分の うつについて向かい合いたいと思います。
2009/09/24 16:29  | URL | 葉菜子 #-[ 編集] ▲ top
- 葉菜子さん、いつもありがとう。 -
早速 本をご覧頂いてありがとうございました。

ご連絡する前から、見ましたよ、とご連絡頂いたりしています。

放送から半年以上経ちますが、
今でも あのドキドキを思い出します。

多くの反響があったから、本になったと聞いています。

私には関係ないわ、と言わずに、
ぜひ読んでいただきたい内容だと思います。

葉菜子さん、もう4冊売れきれたかしら?
2009/10/02 14:29  | URL | サロン・みなと くにえ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/172-fb0f771e

| メイン |