2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
溝口耕児先生の溝口マジックとは。その2
2009/10/14(Wed)
お話の後の質問コーナー。

経営者のセミナーにも関わらず、
私は 会社の隣の席にいる同僚の事について どうしても この機会を逃しては残念だと思い、
勇気を出して手を挙げました。

同僚は中途入社で入ってきて2年。
朝の挨拶と 帰る時の挨拶のほかは 挨拶 返事、笑顔なしの50歳の女性。

私を含め 会社の同僚にはほとんど口をきかずに、
どう考えても、上司だけには 評価されるように、立ち振る舞いをしているのですが、
彼女が入ってから、本当に職場が暗いのです。

その女性とどう接したらいいのかが私の会社での悩みです。

これを溝口先生に質問したところ、
その方の誕生日が判れば、とおっしゃるのです。

それで入社してきた時は さすがに口をきいたので、
お誕生日も知っていたので、 それを伝えたところ、 彼女のいつもの状態が
先生から口から出てきました。
ホント 彼女のことが先生には判ってしまうのが、不思議で仕方ありませんでした。

どうして?!! ときょとんとしてしまいました。

これが溝口マジックなんですね。 きっと。

びっくりしました。


溝口先生の私へのアドバイスは、
彼女は今、意固地の塊だから、仕方ないが、
きっと今までも人とうまく関われなくて、
そのせいで人に非難されたりするのを恐がっているのでしょう。

来年は大分変わって来るはずですが、
今は仕方ないですね。

砂田さん自身がそれに振り回されないように、自分のやるべき仕事をきちんとなさいね、と
言われました。

なるほど、確かに隣の同僚が、仕事時間中にネット検索をしたり、旅行の日程をエクセルで
作っていると、大変いらいらしてました。

忙しくて仕事に夢中になって挨拶が出来ないなら、まだしも時間にも仕事にも
どう見ても余裕はあり過ぎるほどあるのです。


注意しても、切れて怒鳴るだけなんです、今までも。 生まれて初めて出会ってしまったタイプです。


決心します。
彼女の行動を見ても 私はイライラしない。
ここは仕事をしに来ているのだから、全ての人と仲良くするのは難しいかも知れない。

せっかくなら一緒に楽しく仕事をしよう、と思って働いているその他の大切な同僚に感謝して、
私自身の軸がぶれないようにしよう。

いつか 彼女が気づいてくれることを祈って・・・。

そして彼女が気づかなくても、きっと彼女の事は神様が守ってくださるはず。

私が 彼女をコントロールして どうにかうまくやろうとしていることが無駄でした。 反省します!!


そして溝口先生は こちらからお礼のメールをお出しする前に、
早速に葉書を送ってくださいました。

これが、

※ コミュニケーションはまず、常にこちらから先にまず声を発する事を心がけると違ってくる。
の教えに繋がるのですね。

勉強になりました。

いつか私たち みなとにも お招きして 皆さんで楽しくてためになる溝口マジックを
伺いたいと思います。

溝口耕児先生、どうぞよろしくお願い致します。


そして誘ってくださった海老澤祥司所長と、幸江さん 
貴重な機会に 思いもかけず参加できて、心から感謝しています。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/179-a7c07814

| メイン |