2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
小堀先生の認知療法セミナーに、沢山の感想をありがとうございました。
2009/10/19(Mon)
16日のブログに、沢山の拍手をありがとうございます。

、と言っても この拍手はきっと小堀先生への拍手でしょう。

2時間半があっという間でした。 質問も沢山出て、「暖かな」セミナーでした。

今回も、埼玉や、遠くは愛知県からのご参加頂きました。
皆さん お一人お一人にお礼のご挨拶が出来ませんでしたので、
ここで改めて お礼を申し上げます。 
沢山の方にお集まりいただき、そしてアンケートにも
沢山ご記入くださって 本当にありがとうございました。


小堀先生は 今日イギリスへまた向かわれました。
来年春、小堀先生は帰国なさって、千葉大学で 少数精鋭で、認知療法のスペシャリストを
育成なさるんだそうです。

次回は、認知療法のシリーズ講座をして欲しいという声も沢山出ましたので、
セミナー終わった後に 小堀先生にお願いをしました。

認知療法のほかに 不安障害についても知っておいた方がいいのでは?と言うアドバイスを頂き、
来年は 不安障害についても お話を伺う機会を作ってみたいと思っています。


今回ははじめて MP法を学び、思考記録をデモを使って復習しました。
MP法とは、やりがいのある事、楽しめる事を どんな事でもいいので、ノートに記録していく事です。
これによって 気分の落ち込みが減り、 思考記録をしていくのに 別の見方がしやすくなります。


また、認知療法はカウンセリングのようにずうっと続けなくてはいけないものではなく、
20回前後通う事で学ぶ事が出来ます。 
そして通っている間には毎回宿題が出され、それを次回のセッションで
確認して行きます。


認知療法は、抑うつ状態、慢性化した抑うつ症状、再発予防に効果があり、
薬物療法と組み合わせて使うともっとも効果が出る。

東京を中心に認知療法セラピストが増えてきている。

小堀先生がお勧めの認知療法が受けられる所は、以下の三ヶ所です。


・ 原田メンタルクリニック  東京飯田橋 電話:03-5212-3335

・ 洗足ストレスコーピングサポートオフィス  東京 洗足 電話:03-5499-4970

・ 千葉大学医学部 (パニック・強迫性障害・摂食障害) 千葉市 電話:043-222-7171


参加者の中からは、認知療法がいいと判っているのに、
なぜ その事を医師は伝えてくれないのか? もっと早く知っていたら早く回復出来たのではないかと
思う、と言う発言が出ました。

それに対して小堀先生は、
医師は 認知療法の効果をもちろん知っているが、いい認知療法の出来るカウンセラーを数多く知ってはいないため紹介できずにいる。 そして、保健の点数にならないと言う現実問題も関係していると考えられる、との回答があった。

認知療法のカウンセラーとの間では、

・ お互いに理解、尊敬 信頼関係が保たれていること。

・ 私たち患者・クライアントは、認知療法や 認知療法のセラピストに対する要望や、
不満が言い易そうな雰囲気であること。

この二つがいくつかあるチェックポイントの中で特に重要のように感じました。



次回のブログで、
教えて頂いたいくつかの認知療法のサイトや、小堀先生お勧めの本をご紹介したいと思います。


最後に、昨日 嬉しかったメールが一つ届いていたので 皆さんにもご紹介したいと思います。

前半省略・・・
お世辞ではなく、小堀先生のセミナーそしてロールプレイはとても良く、今日から実際できる事をやっていこうと思いました。また参加させて頂きたいと思っていますので宜しくお願い致します。
小堀先生に宜しくお伝えください。またセミナーに参加できる日を楽しみにしています。


くにえさんのブログで、ゆずの『虹』を聴いて、セミナーに参加することを決めました。
とても歌詞に共感でき、心地いい気分になれました。
これからも自分の中に色々な気づきを求めていきたいので、ブログの更新を楽しみにしています。
ちなみに自分はドリカムの『その先へ』も良かったです。


ゆずの「虹」をブログに書きましたが
それがきっかけなんて、とっても嬉しいです。

ドリカムの『その先へ』、調べてみました。 こちらで⇒聴いてみて下さい。

良く耳にしていました、この曲。 いいメロディですね!!


皆で 元気の出るお勧めの曲を出し合って、リストを作れたらいいですね。

お勧めの曲をぜひこちらまで、教えてください。 ⇒ info@utsu-minato.net


今朝 加藤和彦さんがお亡くなりになったというニュースを聞きました。
素晴らしい曲を沢山聞かせてくださった方ですね。

私たちも マッキーが参加なさっていた時の大腸がん撲滅コンサートに伺いました。 
その時も加藤さんは多くのアーティストをまとめていらっしゃてました。

これからも まだまだ素晴らしい曲を作って、私たちを感動させて頂きたかったと、
心から残念に思います。 うつだったとニュースで聞き、本当にいろいろと考えさせられました。

お辛かったのでしょうね。

心からご冥福をお祈りいたします。 天国で また新しいお仲間と素敵な曲を披露してください。





認知療法は 一回セミナーで習ったからと言って身につくものではありません。

1回では身につかなくても、 何度も実践する事で 一度身につけば、一生使える自分のスキルです。

これからも今回を機会に ぜひMP法と 思考記録、お互いに続けてみましょう。

小堀先生の認知療法のセミナーにご参加下さった皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/182-1c2bcb66

| メイン |