2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
2/22のNHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」は12/18(金)の深夜再放送されます。
2009/12/16(Wed)
12/17に一部 訂正加筆しています。

NHKの小堺プロデューサーからメールを頂きましたので、
皆さまにもお知らせ致します。

2/22のNHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」は

12月19日 午前1:40~ 総合テレビ(12月18日金曜深夜) に再放送されるそうです。

※地域によっては別編成を行うところもあるので念のため、最寄りの地域放送局にお問い合わせください。 


2/22の初回の放送時には、どんな番組になっているのか、
私がどの位出ていて、どんな風に映っているのか判らなかったので、
大変ドキドキして事前にお知らせする余裕がありませんでしたが、 
その後3回ほど再放送された、と伺っています。

本当は今でも私が映っている所は 飛ばして見て頂きたい程です

でも、番組としてはとても意味のある内容になっています。
もしまだご覧になっていらっしゃらない方は、遅い時間ではありますが 一度ご覧ください。
きっと、お役にたつ新しい情報があると思います。

この番組に出して頂いたお陰で、メンタルヘルス総合研究所の久保田先生からご連絡を頂き、お目にかかる事ができました。

そして 久保田先生の主催なさった講演会でお話をさせて頂いたのがきっかけで、薬学博士の 生田 哲(とおる)先生をご紹介頂く事ができました。

「うつ」を克服する最善の方法と言う本で 生田先生をご存知の方も多いと思います。


ご一緒させて頂いた講演会では、生田先生には、私の家族としての体験談を聞いて頂きました。


私の話が終わった後、生田先生は「家族がそんなに大変だとは知らなかった。
まず、これからホームページを作ろう。」と
気さくに、そして突然 そう言って下さいました。

本当ですか?!と私も思わず言ってしまいました。


みなとへの問い合わせには、とても薬に関してのものも多いので、
生田先生のひと言は本当に嬉しかったです。


そして 約2ヵ月半、ホームページの完成を待っていました。

それが「生田哲と学ぶ、脳と栄養の教室」です。


私自身は、担当の医師を信頼しすぎる程信じ切って、薬をきっちり飲んでいました。
副作用もありました。
でも、治るためには仕方ないと思っていました。

担当医師を信頼していたから、飲んでいたのであって、薬の事をよく理解していた訳ではありませんでした。

生田先生に初めてお目にかかった時に、
自分の病気、体を 医師や専門家に委ね過ぎないように、とアドバイスを貰いました。

確かに 治療中には、薬の名前も良く知らずに、処方されていた薬を飲む事が私の仕事のように思いこんでいたところがあります。

生田先生のHPを、ご自分のために、そして今 うつを治そうと治療に専念なさっている方のために、ぜひ一度ご覧になってみてください。


この出逢いを作って下さった、NHKの小堺プロデューサーはじめ、
ディレクターの皆さまにお礼を申し上げたいと思います。

そして 最後になってしまいましたが、
NHKスペシャルに出してもらえたきっかけは、昨年の秋に横浜で行われた
「うつと社会復帰」
と言う講演会でした。

その時には、生まれて初めて120名以上の方の前で1時間お話をする機会を頂戴しました。
そこに 羽田ディレクターがみえていて、取材をお受けしたのが最初のきっかけです。


それから1年経って、メンタルヘルス総合研究所の久保田先生にお目にかかり、そこから生田先生をご紹介頂けた事になります。


みなとのHPに、お薬の悩みを持っている方々から本当にたくさんお問合せがありました。

私には対応できるものではなく、がっかりなさったご本人 ご家族の方も多く
いらしたと思います。

その皆さまにもぜひ生田先生のHPをご覧頂きたいと思います。









スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- NHKスペシャル拝見しました -
 本放送は途中からだったので、先日の再放送で最初から拝見しました。
 緊張したとは思えない程とても落ち着いておられましたよ。ご一緒されたご夫妻とともに、元患者としての率直な思いを語って下さったと思います。
 内容も興味深かったです。
2009/12/21 21:10  | URL | ルトラ会員 #YK3boYxk[ 編集] ▲ top
- ルトラ会員さま ありがとうございました。 -
コメントありがとうございました。

姜尚中先生の真正面に座っていたので、
初めは、とてもこわそー、と それで緊張していたのも
あったのですが、 だんだんと笑顔がとても優しい方だと判って、
話せるようになりました。

収録が終わって、皆さんとお別れした時に、
姜先生、とても応援してくださいました。
とっても嬉しかったです。

大分前のことですが、 生まれて初めての事なので、
よく覚えているものですね。
2009/12/25 17:01  | URL | みなと 砂田 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/217-e5bd78db

| メイン |