2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
食べて 健康になる! 生田哲先生プロデュースの王朝 坦々麺    登場!
2010/01/24(Sun)
                                    2010.01.26訂正しています。

S 新王朝ロゴ

S 王朝 坦々麺

このブログでも時々生田哲先生の事をお伝えしているので、
お名前を目になさっていらっしゃる方も多いと思います。

その薬の博士で、分子栄養学者、そして「食べ物を変えれば脳が変わる」の作者でもある、生田哲先生が プロデュースなさった「美味い」「健康によい」「リーズナブルな価格」と、何とも魅力的な坦々麺のお店が
横浜中華街の一等地に昨年12月17日にオープンしました。


昨年からお話は伺っていたのですが、先週の金曜日にお店に伺ってきました。

世界チャンピオンが開発し、つくるのですから、美味いのはもちろんだと思いましたが、
健康面でも科学的根拠があるところが今までの健康料理店と全く異なると伺って、
食べて健康になるなんて、素晴らしい!と 伺うのを楽しみにしていました。 




私は ダイエットのために、ラーメンは年に1,2回しか食べることがないのですが、
坦々麺は別で、大好きなので、結構あちこちで食べていますが、

王朝の坦々麺は、特製ワカメ練りこみ麺、特製魚介類スープ、豊富な野菜と
特製チャーシュー、半熟玉子など、具だくさんで驚きました。

確かに麺に、ほんのりワカメのあのグリーンの色が入っています。
半熟玉子も 黄身がとろ~っとしていました。

この坦々麺の研究には時間がかかって、王朝の陳社長が味見を出来たのは
オープンの前日だそうです。

きっと さぞワクワク、ドキドキなさったでしょう。


生田先生には、
「王朝」の中華料理を日本全国に広め、
薬をできるだけ使わずに、心身の健康を獲得する医食同源運動を展開していきたいと、
強い使命を感じての今回のオープンだと伺いました。

だからと言って、ヘルシーでも美味しくなかったら、
一度は食べても また行こう!とは思わないと思うのですが、
スープも サラッとしているのに、コクがあって、ホントに美味しいです。


そして美味しく栄養のあるスープは、辛さを選べるように5段階になっていて、
スープが最後まで頂けるように、十六穀米のご飯が用意されていました。

私は 辛いのが好きなので、辛い方からの2番目の「教授」にしてみました。
次は、一番辛いのにしてみようかと思います。



そして 必ずデザートに味わって欲しいのがマンゴープリンです。
昔からのユーミンファンなので、今まではユーミンお勧めの
糖朝のマンゴープリンが最高!と思っていましたが、
王朝さんのマンゴープリンは 今までに食べた事のない、優しい味でした。

名鉄百貨店の催事場で販売された時には 1日で2500個が売り切れたそうです。
皆さん、美味しい物を良くご存じですね。


横浜には遠い方も、これから各地にオープンして行く予定と伺っていますので、
楽しみにしていてください。

そして、横浜方面にお越しになった方も、みなとみらい線中華街駅より
歩いて一分、それも目印は交番ですので、中華街に詳しくなくても、
迷子になる事もなくお店にたどり着けると思います。

これから中華街では旧暦のお正月を祝う春節があります。
今年は2月14日(日)が春節にあたります。

この春節を祝い横濱中華街では華やかなイベントを数多く開催。
爆竹が鳴り響くカウントダウンで新年の幕が開き、春節を祝う中国獅子舞を
はじめ祝舞パレード、中国雑技や京劇が繰り広げられます。


中華街の活気ある街を楽しみながら、どうぞ生田先生と世界チャンピオンが
作った坦々麺を味わいにいらしてみて下さい。

近々HPも出来るそうですが、お店の情報は以下の通りです。

「五穀豊穣の担担麺『王朝』」 
〒231-0023 横浜市中区山下町78-6 
電話 045-651-0086
※中華街・大通り皇朝点心舗3号店の左隣(朝陽門・東)みなとみらい線、
中華街駅下車、1番出口を出て徒歩1分です。

営業時間は 11時から24時までで、年中無休。


※ マンゴープリンと、きゅうりとくらげの和えものを 撮って来たので、写真を見て頂こうと思ったのですが、
新しいデジカメまだ使いこなせていなくて、旨く撮れなかったので 残念ですが今回は掲載を控えました。
腕を磨いて 次回はきっと、と思っています。



スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/232-b5997b1e

| メイン |