2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
精神疾患画像で診断…うつ病や統合失調症 脳血流の変化から判別
2010/04/14(Wed)
桜はたっぷり堪能なさったでしょうか?


暖かかったり、寒かったりで 体調崩されていませんか?

、と書いている本人が崩しておりました。

久しぶりに熱を出し、犬たちがくっついて看病してくれたお陰で、どうにか復帰致しました。

こんな事でもない限り、犬たちとゆっくり一緒に居る事が少ないので、
ちょっと得した気分にもなりました。

そんな訳でご紹介が遅くなりましたが、みなとを応援して下さっているうつご本人の方から
貴重な情報を送っていただいたので お知らせいたします。

「精神疾患画像で診断…うつ病や統合失調症 脳血流の変化から判別」

読売新聞8日の夕刊に出た記事です。

サイトでも見られないかと探したところ、ありました。

こちらを →ご覧下さい。

「東大精神神経科の笠井清登教授は
「面接だけでは診断が遅れたり、不適切な薬の処方で症状が悪化するケースもあったが、
画像検査に従来の面接法を加えると、ほぼ確実に診断できる。
目で見て自分の状態がわかることは、患者にとって安心につながっている」と話す。

、と書かれていました。

費用は現在7万円ほどかかるらしいですが、
治療の前に 確実な判断がつく、と言うのは朗報ですね。

今後、これが一般的になってくると、
きっと医療全般も変ってくるでしょう。

回り道せずに、的確な治療を受けられる事は
ご本人のみならず、ご家族の気持ちも明るくしますね。

これからどう変っていくのか 関心を持っていたいと思います。

お名前は伏せておいた方がいいのかも知れないので、ここには書きませんが、
こうして 情報を皆さんで共有できたのは、お知らせくださった方がいらっしゃったからですね。

本当にありがとうございました。


そして、この「近赤外光脳計測装置」(NIRS)を今後受けた方が出ていらしたら、
どんなふうだったか、ぜひ体験談と、感想をお聞かせ願えますか?

お待ちしています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 記事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/265-5891e55e

| メイン |