2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
中野坂上行政書士事務所に伺ってきました。
2008/08/04(Mon)
先週火曜日に行政書士の山内一永さんにアドバイスを頂にオフィスにお邪魔して参りました。

山内さんの事務所は、中野坂上から歩いてすぐのビルの中で、とてもきれいなオフィスでした。

山内さんは、とても穏やかなお話のしやすい方で、じっくりご相談に乗っていただくことが出来ました。

今回伺った中で、主な内容は以下の通りです。

●会社とNPO、どちらの形態をとる事が相応しいのか?
また他の組織形態も選択肢があるのかどうか?

どちらがいいのではなく、みなとを運営していくにあたって、
どちらの特徴を選んで行った方がいいのか?だと伺いました。

まずは特徴を良く把握する事。

 ソーシャルビジネス、と考えると
 NPOだとお考えがちになるが
 会社、NPOには特徴がありので、それぞれが
 事業によって、人によってメリットになったりデメリットであったりする。
 
 今回の事業を考えていくなかで
 どの特徴を選んでいくのか。
 選ぶと言う考えの方が正しい選択ができる。



・会社の特徴
 株主の出資した割合によって株主総会の議決権が与えられ
 事業遂行するうえで意思決定は早いと言える。
 大株主、役員の意向により
 トップダウンで意思決定ができる。
 設立は早く、比較的容易。

・NPOの特徴
 都道府県の認証により設立されるため
 法人の信用は大きい。
 また、
 非営利性からボランティアや賛助を受け入れやすく
 行政からの委託事業にも参加しやすい。
 設立や、定款の変更などには認証が必要で、時間がかかる

 
また、本年12月には
 公益法人改革が予定され
 一般社団法人、一般財団法人が設立しやすくなり
 都道府県の認定により
 寄付した方が税金の控除も受けられるようになる。

 

●事業計画と収支計画

 事業計画を考えるには、
 「誰がお客様であるか」と言うことです。
 
 お客様がわかればニーズをくみ取ることも可能ですし
 PRをしていくにもターゲットに近い媒体を選んでいくことで
 費用対効果の高いPRをしていくことが可能となる。

 ここで「お客様」とは
 最終的にお金を払うのが誰か、と言うことを意味します。
 サロンの利用者をお客様ととらえるのか、
 BtoBで行い、うつと向き合う社員をかかえる企業なのかによって
 サービスも異なれば、価格も異なります。

 以上の点を再度煮詰めて、事業計画を作りあげて行く中で、明確にしていき
 そして、収支計算書を見直していくこと。

 また、一番の大きな課題は、
 サロンの開設にあたっては資金調達です。
 
 みなとの計画では、横浜に1つ作るのではなく、
将来的には、みなとのシステムを 各都市に展開して行きたいと考えています。

そのサロンを増やしていく場合は
 いつ資金需要が産まれるのか、
 その際に資金調達が行えるのか、検討する必要がある。


NPOで考えていくならば、少なくとも半年の準備期間が必要となること。
これは 恥かしい事ながら、初めて気が付いたことです。

起業家たまご塾を受講する時には、実現させるのは
たやすい事ではないので、他の仲間より充分に余裕のある常設のサロン・
みなとの開業のタイミング 2009年10月を考えていたのですが、
それがちっとも 充分ではない事も改めて確認できました。

山内さんからは、みなとの会員の方の生の声をもっと聞かせてもらって、
参考にしたらとのアドバイスを頂きました。

会員の方や、今毎月参加してくださっている家族の方、そして一緒にやろう!と手を挙げてくれている仲間とも 事業計画を作りあげていく中では、
もっと時間をかけて、意見を聞かせてもらおうと思った。

今、この事をしておかないと、スタートを切ってから、
思いと違っていた、と言う事になってしまう。

時間を上手く使って、もっと多くの人に意見を聞かせていただこうと思う。

もっと 早く山内さんにアドバイスを頂けばよかった、と
ついもらしてしまったのですが、
今が じっくり考え出すタイミングだったのではないですか?と
おっしゃって下さいました。

そうでした、振り返って反省ばかりしていても仕方ありません。

他にも ここには書けないような、みなとの一つのポイントとなるような
貴重な意見を貰いました。

その事もふまえて、今やらなければならない事から 手を付けようと思います。

山内さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします!
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/30-5498b11e

| メイン |