2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
10月31日 片桐先生による「うつのための自然療法」partⅡ     開催します。
2010/09/22(Wed)
今回は、みなとの運営企画を担当している砂田康雄から皆さまへお知らせです。


10月31日(日)に片桐 航先生による「うつのための自然療法」partⅡホメオパシー療法のセミナーを
開催します。

今 新聞、テレビでいろいろと話題になっているホメオパシーですが
私自身、薬だけではなかなか良くならなかったために いろいろな治療法を試してみました。
その中の一つが ホメオパシー療法で もっとも効果があった一つです。
その時の担当が片桐先生で ご自身もうつの経験があり、先生からのアドバイスがとても役に立ちました。

ホメオパシー療法は 1日、2日で効果の現われる療法ではありませんが、
現在の医療を受けながら実践でき 安心してできる療法なのでとても受け入れやすかったです。
 
今現在うつの回復がなかなか思わしくない方、ホメオパシーについて関心のある方のご参加を
ぜひお待ちしております。

代替医療の考え方や、片桐先生がこれまで勉強なさった、食事の事、瞑想、鍼灸、漢方、そして心の持ち方などを
時おり伺っていたのですが、今後 これらについても皆さんと一緒に学びたいと思います。




片桐先生からのコメントを頂いておりますので 以下に貼ります。


ホメオパシーはドイツの医師サミュエル・ハーネマンによって200年前に確立した医学です。
英国の王室では150年間このホメオパシーを使ってファミリーの健康を維持してきました。

また、英国では健康保険が適用され、5つのホメオパシーの国営病院があります。
インドではインドが独立後、1952年に国家が国の医学としてホメオパシーを認め、
今でも人口の70%がホメオパシーを使っており、ホメオパシーが最も盛んな国の1つです。
特に欧州、インド、中近東、ラテンアメリカなどでは、民間代替療法のエース的存在と位置づけられています。

ホメオパシーは同種療法あるいは類似療法と訳されている通り、
「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。

ハーネマンはこの「同種の法則」に、症状を起こすものを非常に薄めて使うことにより、体に悪影響を与えることなく、症状だけを取っていくものとなるという「超微量の法則」を打ち建て、安全で体にやさしく
常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。
私はストレス社会といわれる現在、ホメオパシーは皆さんが手軽にとり入れられ、安全であり、
心理面で大変有効なものだと考えています 。

主催者の砂田さんも含めて、多くのうつ病の方々がホメオパシーで改善をしています。
ホメオパシーは皆さんが現在の受けていらっしゃる医療を受けながら、気軽に実践出来るものだと思います。
今回はホメオパシーの基本がわかるような講演を予定しております。
ぜひ皆さんの心が健やかでいられるように役立てて頂けたら幸いです。

片桐 航

以上です。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



【日時】 10月31日 (日曜日) 14時00分~16時30分  (受付13時30分から)
     
     
【場所】 アカデミー茗台(みょうだい)     
     丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅 徒歩7分

【対象】 うつのご家族、ご本人、または同僚、ご友人にうつの方がいらっしゃるサポーター

【講師】 片桐 航先生
     日本ホメオパシー医学協会 理事
     日本ホメオパシーセンター方南町 センター長
     
         
【定員】 先着45名

【参加費】お一人 2500円、 お二人以上でご参加の場合、お一人様2000円、
     以上をお振込下さいます様お願いいたします。


【お申し込み】 下記の7つの必要事項を必ずお書き添えの上 10月27日(水)までに
           メール:info@utsu-minato.net
           又は Fax: 045-571-3258宛 お申込み下さい。
        
        1.お名前  
        2. ご年齢
        3.メールアドレス 
        4. 電話番号とFAX番号     5. 参加人数  
        6. ご住所          7.ご本人、ご家族、サポーターのどちらですか?

        ※ 後程、振込み先のご連絡を差し上げます。
        ※ お振込後、正式なお申込み完了とさせて頂きます。
   

    お問合せもこちらへお願いいたします。 
    メール:info@utsu-minato.net   Fax: 045-571-3258
    

また、ご参加者の皆さまで、片桐先生にご質問がおありでしたら、
10月25日(月)までに どうぞメール又は Faxでお送りください。
お待ちしております。

    メール:info@utsu-minato.net        Fax: 045-571-3258 



以下に該当なさる方、一度片桐先生の話を聞いてみてはいかがでしょう。

・薬の副作用が気になる方
・薬は飲んでいるのに、なかなか良くならないと感じている方
・症状だけでなく 体の中から回復したいと思っている方、
・病院にかかる程ではないけれど、体調が良くないと感じていらっしゃるご家族


お申込み、お問い合わせをお待ちしております。





スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/333-2e6e5e31

| メイン |