2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
31日の「うつのための自然療法」、気をつけてお越しください(^-^)
2010/10/29(Fri)
今日は、雨の中 秋の園遊会が赤坂御苑で行われたそうです。

31日も 現在の予想だと あいにく雨のようです。

雨でも 「うつのための自然療法」予定通り行いますので、
どうぞお気をつけてお越しください。

今回参加なさる方には、 初めての方、そして茨城や、伊豆、静岡からの方もいらっしゃって、
このセミナーの内容を必用となさっている方に、私達からの情報を受け取って頂けたようで 
とっても嬉しいです。
ありがとうございます(^-^)



私が、自然療法に関心を持ったのは Mダックスの樹里がアレルギー皮膚炎になって 高熱が続き、
毛が抜けて ほとんど丸裸状態で 全身が痒くていつも体のどこかをついばんでいた時でした。

その時 ぶ厚い和訳された 犬のための自然療法の本を見つけたのが最初でした。
その後 ドッグセラピストの学校で 須崎泰彦先生に出逢えて、手作り食を始めました。

食事の時以外はほとんど 熱でぐったりと休んでいた樹里は、
ホメオパシーも始め、水分もたくさん摂るようになって、
少しずつ少しずつでしたが、良くなって行きました。

あれから 4年ほど経っていますが、今 11歳、一番今が元気なくらいです。

性格も変わりました。
いつもおとなしく 聞きわけのいい仔でしたが、
今では、大分殻をやぶり、いたずらもし、喜怒哀楽を豊かに現すようになって来ました。


この樹里のお陰で自然療法とホメオパシーに出逢えた訳です。


初めは 自然療法の考え方と、今まで身近だった西洋医学の考え方の違いに戸惑いましたが、
何度も聞いたり読んだりしているうちに 少しずつしみて来た感じがします。

今回の片桐先生の「うつのための自然療法」のセミナーが
参加なさる皆さんにお一人お一人にとって、新しい気づきを得るきっかけや、
何か今後のきっかけにして頂けたらこんなに嬉しい事はありません。

殆ど丸裸状態だった樹里の皮膚に 毛の芽?みたいなものが現れ始め、
それがある日 わぁーっと毛が伸び始めた時の感動は 忘れられません。
樹里の内なるパワー、自己治癒力が戻った瞬間だったと思います。

今では 美しい黒い毛がふさふさです。
そして 目の力があの時とは全く違います。

こんな事があって私達にとっては自然療法は 身近なものになっていますが、
多くの方にはまだまだ 昔からあるのに普段の生活からは遠い存在になっていると思います。



どうぞ今回の「うつのための自然療法」をご自身の自己治癒力回復のために、
そしてうつご本人の自己治癒力回復のためにご活用ください。


雨の中 初めての場所は 気が重いかも知れませんが、
自然療法を学ぶには うってつけ(?)のお天気かも知れません。
どうぞ足元にお気をつけて お越しください。

会場で皆さまのお越しをお待ちしています。


※このセミナーに関する10月13日のブログも併せてご覧ください。








スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/343-c269dc3b

| メイン |