2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
「うつのための自然療法」が終わって、片桐航先生からメッセージです。
2010/11/11(Thu)
10月31日に 片桐航先生の「うつのための自然療法」を開催致しました。

ご参加頂いた皆さま、その後食事や運動など取り入れられることから 実際に取り入れていらっしゃいますか?

私は、胡麻油を品質のいい物に変え、根菜類をシンプルに炒めたり、甘い物を極力控えるようにしました。
そして 昨日ヴィパッサナー瞑想の本を手に入れました。


終わってから、片桐先生にお礼のメールをお送りしたところ、
片桐先生から ハッとするようなメールをすぐに返して頂きました。

ホメオパスとして年間2000人もの方の健康相談にのっていらっしゃる片桐先生ならではの言葉のように
思いました。
片桐先生にご了解を得たので、皆さんにもぜひご紹介したいと思います。



片桐 航先生、

砂田です。
日曜日は、今回も大変ためになるセミナーをありがとうございました。


翌日、夫は昨日の片桐先生が話して下さった内容は凄かったよ、と
改めて言っていましたが、私も同じ感想を持っています。

うつが、健康が、 食事や瞑想、運動 物の考え方で良くなる、と言う考え方が
多くの人にとって、今まで知っていた考え方と違うので、
そんな事で本当に良くなるの?と思う人は想像以上に多いと思いますが、

だからこそ 片桐先生に聞かせて頂いた内容はとても価値があると思います。


私は、薬を飲んでいた時は、カウンセラーから良くなって来てますよ、と言われても、
自分では自覚がないので そうかなぁ、といつまでも自信がありませんでした。

薬を徐々に減らし、歩く事や、必要と思われるセミナーなどに参加し、
アルバイトを始めたら、どうしようもない不安が少なくなって来て、
その後は忙しくなって不安と対話している時間がもったいなくなりました。



私自身の回復の仕上げは、うつの家族の会を始めた事だったのだと後になって判りました。

誰かのために始めた訳ではなく、自分が欲しいから始めた会でしたが、
結果、人から喜ばれている、感謝されていると感じる事が多くなって、
自尊心が回復した時に、
自然と私はうつを卒業できたのだと思います。


ただ、片桐先生にセミナーで伺った事を あの時に知っていたら、
6年と言う長い時間を 薬漬けにならずに もっと別の生き方ができたかな、
お母さんにもなれたかな、と思います。(なぜだか私は、結婚しなくても、夫はいなくても
母親にはなりたい、子供は欲しい、と思っていた程子供が好きでした。)

同じ後悔をする人が一人でも少なくなるように、
片桐先生のセミナーを一人でも多くの方々に聞いて欲しいと思います。

今後、広報ももっと工夫して 多くの方に知って貰えるように努めますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。



砂田様、

こちらこそありがとうございました。

先日話した事は鬱の方に限らず、普遍的な生きる知恵なのではないかと思います。
このような事は学校では教えてくれず、ましてや親も教えてくれないものです。
しかし、これを知らずに本当に心の平安を得られる人が居るでしょうか?

特にヴィパッサナー瞑想は単純でいて強力なものです。
しかも考えられたのは2500年前・・・・
私こそもっと早く知りたかったです。

人間はつまずかないと真実に気付けない。
それゆえに困難や病気は人を成長させるものでもあるわけです。
それに気付く事が出来たら、安心して病気が出来るのですが・・・」


・ 後半省略 ・


セミナーが終わった後、片桐先生と少しの時間お話する事ができました。

夫が 片桐先生のお世話になり始めた頃には、片桐先生を講師に迎えてセミナーを開催できるなんて、
想像もしなかったので、こうしてセミナーが終わった後にご一緒してお話する機会が持てるなんて、
本当に不思議な気持ちがしました。

来年も、片桐先生には みなとで自然療法のお話をお願いしています。

今回 参加できなかった方は ぜひ一度、片桐先生のお話を直接伺ってみてください。
きっと 気付きがあって、新たな展開があると思います。

スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/347-ada77367

| メイン |