2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
生田哲先生の新しいご本、「うつに効く食べもの、食べ方、作り方」発行されました!
2011/02/22(Tue)
昨年12月にみなとでのセミナーに講師として来て下さった生田哲先生の新しいご本が出ました。

「うつに効く食べもの、食べ方、作り方 うつの予防と解消は食を正すことから」と長いタイトルです。


早速拝見しています。

この本が 私がうつ治療中に、そして夫が治療中にあったら良かったのに、と思いました。

生田先生は この本の冒頭で「抗うつ薬を飲んでも、うつが治らないのは当然です。
うつの原因は、不適切な食事による栄養不足なのですから。」と書いていらっしゃいます。

私自身には 振り返ってみると心当たりがあります。

父が亡くなり 生まれて初めての一人暮らし。
もともとは、栄養士になりたいと思ったくらいに 栄養や食事には関心があったはずなのに、
食事を作ろうって言う気になれず、ついクッキーで済ませたり ずっと野菜炒めだけ、なんて言う
生活が続いていました。

もっとその前から 父が入院していた時は 病室に買ってきたお弁当を持ち込み、
帰りにスーパーに寄っても疲れ過ぎて 何が食べたいのか判らなかった記憶があります。

そんな栄養なんて言う言葉が 無関係な生活を送っていました。


甘い物を食べすぎないように、野菜をなるべく多く摂るように心掛ける、その位の知識は持っていましたが、
もっと知っておいた方がいい栄養の知識ってたくさんあるのですね。

ただ栄養素の役割や、名前だけ知っていても
実際にどうやって食事として 美味しく食べられるか、が判らないと
毎日の食事に活用するのは 難しいですが、

今回の生田先生の本は、お料理の本です。

お料理は 写真付きで作り方を説明してあるので、とても判りやすいです。

その上、身近な食材で、シンプルなお料理がほとんどで、これなら私でも作ってみたい!と
思うメニューが満載です。

そして お砂糖は控えるように、と生田先生おっしゃっているのを伺っているので、
デザートはないのだろうな、と捜してみたら、
それが たくさん掲載されているのです。 

良かった!!

例えば、そば粉ときなこのパンケーキ

オートミールとカシューナッツのクッキーなど 本当に作ってみようと思う程美味しそうです。



干しエビとしし唐のチヂミ風

アジの手こね寿司

鶏肉とカシューナッツ、長ネギ、赤ピーマンの炒め物が 作ってみたい!と思った私のベスト3です。


このご本のメニューを作ってみて、これは簡単で美味しいですよ!と言う
お勧めがあったら ぜひお知らせください。


うつの予防にもこのご本は 役立つと思います。

うつのご本人で 一人暮らしの方はお食事作るのが大変だと思います。
このご本をご覧になると判ると思いますが、
とてもシンプルなお料理が多いので、お一人暮らしの方でもすぐに活用できると思います。


こういうお料理の本があったら、と思っていたので、
ぜひいろいろなメニューを試してみようと思います。


「うつに効く食べもの、食べ方、作り方 うつの予防と解消は食を正すことから」
ぜひ手にとってご覧になってみてください。




スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/371-71393575

| メイン |