2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
医薬経済に取り上げて頂きました。その2
2008/08/18(Mon)
医薬経済記事 20080801
(C)医薬経済社 All Rights Reserved.


医薬経済社の市川記者は、読売新聞の 後藤先生の「うつ病と薬の話」講演会の告知記事をご覧になって、 お問合せを下さり、当日後藤先生の講演会にも お越し頂きました。

夏休みを取られていたそうですが、ご参加頂いてとても嬉しかったです。

医薬経済では、患者会の特集を組んでいらして、その特集に取り上げて頂きました。


7月の中旬、東京駅近くで夕方お目にかかった時、まだお昼を召し上がっていないと言う事で、パスタを食べながら 最初にお話した事が、
この記事に反映されています。

堅実な難しそうな雑誌ですね。 堅い会社、社風なんですか?と尋ねると、
僕は以前芸能関係の記事を書いていたので、そこと比べると 確かに堅いかも知れませんが、そうでもないですよ。 と 返して頂きました。


もしかして 槇原敬之さんのコンサートにも取材でいらっしゃった事がありますか? と 更に伺うと、

毎週末は コンサートの取材がほとんどなので、槇原さんのコンサートにも取材に行った事があります。


お話をしていくうちに、私も行った事があり、
うつの家族の会・みなとの前身でもある、うつの家族の会・ハートビートの 名前を頂戴した槇原さんのクラシックコンサートに 市川さんもいらしている事が判りました。

その話で 大分お時間を取らせてしまい、お話が済んだ頃には2時間が経ってました。

市川さんは ボイスレコーダーも使わずに、メモを取りながら
うまく聞き出してくださいました。

あっという間の2時間でした。

私が気が付くのが遅かったのですが、市川さん その後にも
取材が入っていたようでした。 気がつかなくて本当に申し訳なかったです。

お店を出てから、ダッシュで東京駅の方へ向かわれていました。
お昼を食べる時間も取れず、8時過ぎからも 取材だなんて、ホントにパワフルな方でした。



お話をしていく中で 私もアドバイスを頂戴しました。

1. 製薬会社の方とも会って、いろいろなパイプを作っておくといい。

2. 槇原さんをはじめ、どなたに初めてみなとの催しに来て頂くかは 本当に重要。 初めての人が 大物であれば、次の2人目、3人目の方も来て下さり易くなると、という事です。


市川さんが 医薬経済社に移られてから 3年が経っているそうですが、
僕の出来る事があれば、協力しますよ、と言って下さったのが、
とても 嬉しかったです。


後藤先生の講演会の告知記事を載せて下さった 読売新聞本社の坂東記者にも
感謝です。

こうして多くの方に支えられて、1歩1歩着実に 槇原さんのコンサート実現、そして 大きな目標である、来年秋には 常設のサロン・みなとのオープンを目指したいと思います。

市川さんが医薬経済を2冊自宅に送ってくださいました。

その中に「砂田さん、誌面を送りました。また、何でも言ってください。市川」のメッセージが書かれていて、応援してもらえている、と とても元気が出ました。


市川さん お忙しい中 じっくり話を聞いて下さってありがとうございました。
この記事を ぜひ槇原さんに読んで頂ける様に、お手紙を書きます。

ぜひこれからも ご協力お願い致します!

スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/38-45190204

| メイン |