FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
4月24日の片桐航先生の「うつのための自然療法 Part3」を終えて。
2011/05/01(Sun)
S 20110424 片桐先生と根津神社へ 横型

セミナー終了後、片桐先生の提案で近くの根津神社のつつじ祭りに出かけてみました。
日が暮れかけていましたが、色とりどりのつつじが鮮やかでした。
もっと早く知っていたら、皆さんにも事前にお伝えできたのに残念でした。つつじ祭りは5日までだそうです。




連休に入りましたが、休みに入る前に済ませる仕事が多くて いつもよりも忙しかったと言う人も
多くいらっしゃったのではないでしょうか?


お休みを充分楽しむために、休み前に仕事を片付けておきたいという方も多く、
いつもの月末よりも 早く請求書を送って欲しいといくつも依頼が入り、
毎年の事ですが、今年も連休の前は 集中力が必要でした。

これが終わったら、連休!と言う にんじんをぶら下げていたから
できた事でした。

何も特別な予定がなくても、この季節少し歩いてみるだけでも
いろんな花を見かけられたり、生命の息吹を身近に感じられますね。

何よりも、解放感が嬉しいですね。

このブログを読んで下さっている皆さんの中には、
今 うつ回復中で 昼間に出かけるのには ちょっと勇気が要る、と言う
以前の私や 夫のような方もいらっしゃると思いますが、

今は お休みでない方も、お休みの方も
それぞれに いつもとは違う連休モードだと思うので、
昼間出かけにくいと 自分で思いこんでいらっしゃる方も
ぜひ 外に出て この時季しか味わえない空気を楽しんでご覧になってみて下さい。

きっと 気分が違って来ると思います。



S432 20110424 片桐先生うつのための自然療法3
パワーポイントを見ながらお話を伺っているので 室内が若干暗くなっていますが、
セミナー中の様子です。



ご報告に間が空いてしまいましたが、
4月24日に行われた 片桐航(わたる)先生「うつのための自然療法」Part3
隣の東大の新緑を目にしながら 和気あいあいと行われました。
質問も活発に出ました。


今回はご家族でいらして下さった方も数組いらっしゃいました。
そして 再受講の方もいらっしゃいました。
嬉しい事です。


ぜひ今後、ご家庭でも今回学んだ事を実践して貰いたいと思います。
ご家族と一緒に取り組める、サポーターも一緒に協力してもらえる、と言うのは、
一人で始めるよりも、始めやすいかも知れません。

お一人で参加なさった方は、
こんな事を書くと、じゃ、私一人では続けるのが難しい?と
不安になられるかも知れませんが、
大丈夫!

このブログでも 時々思い出して貰えるように、
続けてますか?とお声かけをして行きます。

一緒にやって行きましょう♪




まず出来る事から 少しずつでもスタートして行きましょう。

食事を見直して、神経を刺激するチョコ、コーヒーを減らしてみましょうか。

私は コーヒー毎日2杯以上飲んでいた事がありましたが、
今は 月に2回飲むか飲まないか位です。

これは 我慢しているのではなくて、続けているうちにあまり飲みたい!と言う気持ちにならなくなったせいです。

アーモンドチョコも 買う頻度が減って来ました。
今は 前回の健康相談会で片桐先生に教えて頂いて、生のくるみを おやつ代わりにしています。
生のくるみの オメガ3(n-3系)脂肪酸は、
脳を構成している重要な成分であるにも関わらず、体内では合成できず
積極的に取りたい栄養素の一つなんだそうです。

積極的に 根菜類を取り入れると言うもの始めています。
ごぼうの香りや、味がとても好きになりました。

この食事については、生田哲先生のご本もご参考になさってください。

※ 生田先生の食事についての本については 4月1日のブログにまとめてみましたので
どうぞご覧下さい。



生田哲先生の「よみがえる脳」でもこの瞑想の事をご覧になった方がいらっしゃると思いますが、
歩行瞑想:ヴィパッサナー瞑想を 皆さんと一緒に会場の中でやってみました。

本当に簡単な事なのですが、
まず2週間続けるとかなり効果が感じられると言う事でしたので、
まず2週間を目標に続けてみましょう。


先の心配や、過去への後悔から解放されて、今現在に心を戻してみましょう。



8割の方が 要らない刺激から解放されると言う、のですから
費用も要らず、場所も要らず、一人でできて、と言う手軽な歩行瞑想をやらないのはもったいないですね。
2週間続けたら、どうなったか、ぜひ報告を聞かせてください。

ご報告、楽しみに待っています(^-^)


そして 完璧主義をやめる、自分一人で抱え込まない、この二つを頭に入れておくだけでも
これから何かに対応する際に 大きく変わって来るのではないでしょうか?


西洋医学とホメオパシーの病気、症状への考え方の違いも
伺う事が出来ました。


殆どの方が 生まれた時から西洋医学の 病気=症状だという考え方に浸かって来ていると
思いますので、
症状は結果であり、症状は私達に知らせてくれている有難い物だと言う考え方は
馴染みにくいと思います。

私も初めて自然療法の話を聞いた時、そうなんだ!と驚いた事ばかりでしたが、
今回も会場の方々は うなづきながら聞いていらっしゃいました。


私も 症状は有難いと言う事を、何度も聞いたり、本を読んだりして
やっと 判って来たことです。


うつから回復するために、まず体の中から健康になる、健全な考え方を身につける、
そんな遠回りと思える事を始める事が 結局は早い回復に繋がるのだと体験からそう思います。

体と心は 別々ではないんですよね?
当たり前と思われると思いますが、忘れていませんか?

特に うつになってから長い方には、薬も飲みながら 体の中から健康にして行こうという
この 自然療法を学んで欲しいと思います。

急がば回れ、とは うつ回復のためにも当てはまる言葉なのだと思います。


秋には 片桐航先生に ぜひ「うつのための自然療法Part4」をお願いしたいと思っています。


しっかり自然療法を身につけたいと言う方も
そして どんな事から始めたらいいの?と思われた方も
秋にまた 一緒に学んでみませんか。

また 日程が決まりましたらこのブログでもお伝えしたいと思います。














スポンサーサイト



この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/396-882fedc3

| メイン |