2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
今日で400番目のブログです。テレビ東京 「CHANGE MAKERS     変革者達 夏井睦医師」を見て。
2011/05/15(Sun)
今日でこのブログ、400回目のブログとなりました。

いつも長い文章のこのブログを読んで下さってありがとうございます。
読んで頂いているのが、とても励みになっています。

もっともっと書きたい事はたくさんあるのですが、書くのが追いついていないのが、残念です。

500個目のブログを目指して また書いて行きます。

これからもご覧下さいますよう、宜しくお願い致します(*^_^*)



犬たちの歯磨きをしながら テレビ東京のCHANGE MAKERSを見た。


石岡第一病院 傷の治療センターの夏井睦医師が紹介されていた。

常識はずれの痛みの少ない治療法「湿潤療法」を編み出した医療関係者を紹介。いままでの治療を真っ向から否定するこの治療法には、学会からの抗議の声が相次いだが、それでもこの治療法を貫いていた。
「TVでた蔵(TV DATA ZOO)」から引用。

この「湿潤療法」を私は 確か須崎動物病院の須崎泰彦先生のセミナーで、痛みのない療法として少し前に伺っていたので、もっと前から知られている療法だとばかり思っていた。

こんなに 学会からの抗議を受けて 病院の場所を幾度か変えなければならない程の大変さが
あった後に確立されたものだとは初めて知った。

その後に、若い医師達が見学に訪れて、この療法を学んでいる様子は、
とても頼もしいと感じました。


番組最後に

「教科書ではなく、目の前の真実を見よ。」とテロップが流れた。

教科書は学ぶためには必要か教材なのだと思いますが、
教科書の事だけやっていては、新しい事が出来ない、発見がないと言う事なのでしょうか?


エビデンスがあるなしが、現代西洋医学領域の世界では意味を持っているように聞いていますが、
エビデンスがないものを 否定してばかりいてもいいものだろうか、と医療を受ける側、素人としては
そう思います。

エビデンスに重要な意味があるならば、もっとうつの患者さんは早く治ってもいいのでは?と思うのですが。
どう思われますか?



エビデンス(evidence):
・ある治療法が、ある病気・怪我・症状に効果があることを示す証拠、検証結果
・臨床試験の研究データなど科学的根拠のこと。


これから多くの発見がなされ、
うつをはじめ、多くの病気や、怪我で悩んでいる方達がその恩恵に恵まれるように
期待したいと思いました。

短い番組でしたが、考えさせられたいい時間となりました。




今日のMP法リスト

坐骨神経痛のため、夫のツボを押して貰った。痛かったが、お陰で良くなった PPP

犬達と散歩 五月の風は気持ちがいい PPPPP

横浜プリンス跡にある貴賓館の見学に行った 凄い人で1時間以上待ったが素晴しい眺めを堪能出来たPP

出かける前に洗濯を済ませた M

電車の中で読書 M

生のクルミを購入 M










スポンサーサイト
この記事のURL | 思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/400-a69e8a39

| メイン |