2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
須崎恭彦先生の放射線被害のブログを読んで気付いたこと。 「ボトム・アップで、社会に影響を与えることは出来るはずです。」
2011/07/26(Tue)
私がこうしてみなとで 活動して行く事になったのには、
獣医学博士の須崎恭彦先生の一言が大きく影響しています。

須崎恭彦先生は、獣医でその上、人間の能力開発の専門家でもあります。

私が 起業セミナーを受けるために 選抜のプレゼンテーションと面接を受ける事になった、と報告をした時に、
須崎先生から、「落ちたら 私の前には今後現れないように」、と一言おっしゃいました。

そんな強力パンチを出される先生ではないので、
そうか、やる事をちゃんとやれば 起業セミナーに受かるって言う事なんだな、と
思いました。

それこそ落ちたら 努力してないと怒られる!と思い、
多分今までの中で 一番必死になって準備をしました。

結果、20数名いた中から、10名のたまご塾正1期生に選ばれました。2006年のことになります。

ここを通らなければ、NHKスペシャルにも、その本にも、そして先日のうつ病学会市民講座にも
関われる事はなかったでしょう。


数年前に 須崎先生のセミナーに参加しご挨拶したところ、
顔つきが変わって来ましたね、と褒めて頂けました。

あの時は、花◎貰った小学生みたいに嬉しかったです。

今でも 大変尊敬しています。

その須崎先生のメルマガを拝見して、なるほどと思ったので、
こちらでもご紹介させて頂こうと思います。


放射線と動物についての情報のように一見ご覧になると思いますが、

ブログをご覧になるとお判りになると思うのですが、
それだけではありません。




政治家などからのトップ・ダウンはもちろん重要なのですが、
それだけで全てカバーできるわけではありません。

そんなときは、我々が行動することで、
つまりボトム・アップで、社会に影響を与えることは出来るはずです。

大きければ動きは鈍くなりがちです。
でも、小さいからこそできることは、
沢山あるのではないでしょうか?



この文章を拝見して、なるほど、と思いました。

うつに関しても同様の事が言えると思います。

私達 うつ本人、家族、サポーターの声を集める事で
一人一人の声は小さくても 集まれば大きな声になれると言う事です。

そして その声が社会をいい方向へ変えられると言う事を
改めて須崎先生のメルマガで確認できたと思います。

そういう目でも、須崎先生の以下のメルマガ、ブログをぜひ読んで頂けたら、と思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ペットにおける放射線被害の実際について教えて下さい
─▼────────────────────────────
 最近、タイトルの様なご質問をよくいただきます。

せっかくですから、
獣医師業界でペットに対する放射線の影響について
的確なコメントが出来る、
数少ないスペシャリストをご紹介させていただきます。


お友達にも是非ご紹介下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



詳細はこちらから
↓↓↓

PCの方は ⇒こちらをご覧下さい。


携帯の方は ⇒こちらをご覧下さい。




※お陰様で、Twitterやメルマガで紹介後、400人程増えたようです。
まだまだ、拡散希望です。どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/418-c6c680cc

| メイン |