2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
若者自殺、初の千人超え…学業不振・進路で悩み 3月9日 読売新聞夕刊より。
2012/03/10(Sat)
                                   一部を変更、追加しました。3月11日


意識して、 今まで自殺に関しての記事をあまり出さないようにして来たのですが、
この記事を見て、 思っている以上に深刻な事態だと感じました。

大学生が そういう状況にあることを、まず大人が知っておくべきだと
思い、こちらに掲載しました。



警察庁は9日、昨年1年間の全国の自殺者が3万651人だったと発表した。
前年を1039人(3・3%)下回ったが、14年連続で3万人を超えた。



 「学生・生徒」が前年より101人(10・9%)増の1029人に上ったのが特徴で、
統計を取り始めた1978年以降、初めて1000人を超えた。

 「学生・生徒」は、大学生529人(前年比16人増)と高校生269人(同65人増)で8割弱を占めた。
年代別でも19歳以下622人(同12・7%増)、20歳代3304人(同2%増)でいずれも増えた。
動機は「学業不振」(140人)や「進路の悩み」(136人)が多かった。

 自殺者全体では、男性2万955人(前年比1328人減)、女性9696人(同289人増)。
女性の自殺者は97年以来14年ぶりに3割を超えた。
年代別の最多は60歳代の5547人(同6・1%減)だった。


(2012年3月9日11時38分 読売新聞)

この記事を読んで、高野悦子さんの「 20歳の原点」と言う 当時大変話題になっていた本を思い出した。





昔よりも 今の大学生は 社会の影響をもろに受けて大変なのだろう、と
思ってはいたけれど、

先日2月19日に参加した、学生の、学生による、学生の為の“緊急フォーラム”「いま、休学生があぶない」で、
大学生さんたちの話を聞いて、
すべてと 言っていい程 参加して発言なさった大学生さんたちが、
大学に行けなくなったのは 自分の責任だと言っていたのに 驚いた。

そんなに自分だけを責めては 辛いだろう、と思ったからだ。

社会のせいとかにしてもいいだろうに、と思った。

同じような質問に受けて、「社会のせいにしたところ、対象が大きすぎて。自分ではどうしようも解決ができないから。」と 答えていた。

なるほど。


だけれど、自分に×をつけていてばかりでは、
何も身動きが取れなくなってしまわないだろうか、と心配になった。


休んでいる事に負い目を感じ、それが大きな重荷となって
息するのも大変になったら、それでは遅すぎる。

大人のせいにしてもいいし、社会のせいにしたって構わない。

自分が悪いと思ってしまっては、身動き取れないのではないだろうか。

本当に、自分のせいなの?



誰だって、完全無欠の人なんていないし、
欠点のない人に 私は今まで会ったことがないように思う。

人に迷惑をかけ、
人に迷惑をかけられて、
それでないと生きてなんかいられないのではないだろうか?

お互い様、という言葉があるけれど、
これって いい言葉だと最近改めて思うようになった。


先に生きている者として、
何ができるだろう。





スポンサーサイト
この記事のURL | 記事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/476-07b0050d

| メイン |