2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
「クリックから世界が変わる」関根健次社長にお話を伺いました。
2008/09/27(Sat)
24日の夜、ベンチャーポートで、ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役 関根健次さんの
お話を伺った。

「クリックから世界が変わる」 ekokoro.jpのサイトを立ち上げていらっしゃいます。

昨日で関根さんのお話を3度伺ったことになる。

パレスチナ、ガザ地区へ行った時の衝撃が原点なんだと、今日もお話を伺った。
この1行には とても現わせられない重さを感じた。

その後日本に帰ってきて 就職。

そして ある夜 過労で救急車で運ばれたんだそうです。
その時 「なにやっているんだろう?」そう思われたそうです。
これがラッキーだった、と話してくださいました。
 
何の為に生きているんだろう?と考えるきっかけになり、

2002年に創業。

今はものすごくHAPPY! やめようと思ったことはない。

世界から、戦争をなくすこと。これを関根さんは ミッションだと捕らえていらっしゃいます。 

はじめの3年はとても辛かった。
1年目の売上2万円、2年目、37万 3年目85万
そして今年、 現在は2600万 今年度で3000万を予定し、
2010年には1億の見通し。

イーココロ
クリック、ショッピング、資料請求などをすると無料で募金できます。
お金の負担はありません。いつもどおりのインターネット利用が慈善活動になります。
300を超えるショップが参加中。支援団体は100以上から選べます。
※イーココロ!会員になれば、NGO/NPOにクレジットカードで募金することもできます。



イーココロ クリック募金

クリックするだけで無料で1円募金!
クリック募金とは“クリック”するだけで無料でNGO/NPOに募金できる仕組みです。
それぞれのプロジェクトに毎日1回まで参加できます。※スポンサーがあなたに代わって募金するため、あなたは無料で募金できます。

私たちが日ごろ使っている、楽天とか、アスクルとか身近なHPにアクセスする時に、
ここからアクセスするだけで、募金ができる仕組みになっている訳です。

これはぜひ活用する意味が大大!ではないですか?


関根さんのお話の中に、

お金がないから先に進まない、人が集められないからできない、と
思うより、

どうやったらお金が集まるか?

どうやったら人が集められるか?

どうやったらお客様が見つけられるか?

「どうやったら」で考えてみようよ、「どうやったら」は魔法の言葉だと
伺いました。

これって、何にでも活用できますね。


夢の発信

   いう   つたわる   おうえん  この3つが大切。



思いは言葉になり、言葉は行いになり、行いは習慣となり、
習慣は性格になり、性格は運命を生む。

これを ノートに書いておこう!

関根さんの会社は株式会社です。 なぜNPOになさらなかったか?

その事については、

ちゃんとした事をやって、ちゃんとした対価を得たいと思ったから。

みなととしても この話はとても貴重なお話だった。


私が 槇原敬之さんにぜひ、うつの方、ご家族の方の応援として、
社会にPRするため、みなとを知ってもらうために、
コンサートを開くのを協力してもらいたいと思っている、とお話したら、

僕も 坂本龍一さんに会いたいとずっと思っていて、
手紙も書いたけれど7年間会えなかった、だけど7年後に会うことが出来たんだ、と
話してくださった。
発信あるのみ、行動あるのみ。

ワタミの渡邉美樹社長にもずっと会いたいと思っていたけれど、
なかなかそのチャンスがなかった。
だけど、ある人が渡邉社長と会うと言うのを知り、
かばん持ちでもいいので、同席させて欲しい、と頼むと、
OKを貰えたんだ、と話して下さった。

凄く勇気が出た。

最後に 5人の社員の事について伺った。

どうしても来て欲しい人には 拉致(?)して 説明を聞いてもらい、それで理解して来てもらったし、
大学を出たばかりの人が、どうしても一緒に働きたいと言って来てくれた事もある、と
話して貰った。

みなとも、どんなことをして行くかを、明確に知ってもらうことが重要だと思った。

こんな貴重なお話を3名で聞けたなんて、なんてラッキーだったのだろう。

9時を過ぎて、エレベーターで下までご一緒した。
ご挨拶をすると、これから会社へ戻ります、と急がれていた。

貴重な時間を割いて頂いて、なかなか伺えないお話をありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/50-b0897efb

| メイン |