2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
遅くなりましたが、ご報告申し上げます。 7月28日にうつ病学会で    お話をさせて頂いて来ました。
2012/08/04(Sat)
暑さもピークを過ぎ、朝晩の風が少し変わって来た様に感じます。

と言っても まだまだ陽射しは強いですので、夏バテには充分お気を付け下さい。


大変間が空いてしまって、申し訳ありません。

当日の写真は 夫がブログに掲載していますので 以下のブログをご覧ください。

いよいよ 明日 くにえが お話をさせていただきます!

先日 うつ病学会で話を聴いていただきました!

先月28日に どうにか無事うつ病学会で お話をさせて頂きて参りました。
プログラムは ⇒こちらから16ページをご覧ください。

当初90分の予定でしたが、会場の都合で60分にまとめて欲しいと言う要望があり、
60分に内容をまとめ直すのに とても時間がかかりました。

今回のタイトルは、
「うつ病の家族を抱えて:家族会からのメッセージ」と言う、うつ病学会さんからの指定タイトルでした。


今回の60分では、
ご家族の置かれている状況や、ご家族からのリクエストをお伝えしたいと思い、

今まで メールを頂いている方からの辛い状況や、家族会で伺ったお話などを
6人のご家族の体験談として お伝えし、

その後、うつご本人が良くなられている、ご家族に ご本人が良くなっている今だから話せる事、そして
振り返って思う事などを 聞かせて頂いたので、
実際に伺ったお話を お伝えしながら 専門家の方に、うつのご家族についてもっと理解を深めて欲しいと
お伝えして参りました。


そして、うつご本人の早い回復と、再発を防ぐためには
もっとご家族の事を理解して頂き、ケア、サポートをして欲しいと
重ねて 聞いて頂いて来ました。


私の話す時間帯には、
ご存じない方はいないと思いますが、野村総一郎先生、
NHKスペシャルで 減薬について話していらした 杏林大学の田島先生、
雅子妃の主治医の大野裕先生のセッションが行われていて、
私も 自分が話す時間帯と重ならなかったら、どなたのセッションに参加しようかと悩むような日程内容でした。


来て下さる方の人数の多い少ないよりも、
今回は 依頼して下さった うつ病学会の理事長、神庭(かんば)先生に 聞いて頂くつもりで準備していました。

それでも20名位の方がお越し下さいました。

終わってから、砂田さんの話を聞きに来たんですよ、と言って下さった 家族の事を研究している方や、
新聞社の方や、議員さんが、お名刺交換に並んで下さって、感激しました。


普通なら うつ病学会の大御所の話を聞くのに、家族の事に関心を持って頂いて、有難いことだと、
お礼を申し上げました。


今後も、うつのご家族の置かれている状況や、ご家族の要望などを、
多くの方に知って頂きたいと思っています。





実は、

1週間前から 胃が痛くなり、前日27日にはうつ病学会の講演をどんな風に開催されているのか、
見学に訪れたところ、
あまりのスピーディな先生方のプレゼンに圧倒され、
真っ 青になりましたが、とんでもない事を引き受けてしまった、と大変後悔しました。


どうにか気を取り戻し、卒倒することもなく 当日を迎えられました。

無事終えられて、ホッとしたら放心状態になってしまい、ブログでのご報告も遅れてしまいました。



この後、皆さまには、 良くなられたご本人のご家族からのお話をお聞き頂きたいと思います。

長い内容なので、これからまとめてみたいと思いますので、
少々お時間ください。



最後に、

ご家族の皆さま、ご本人がどうしたら一日も早く良くなるだろうか、とそればかりが
頭を占めていると思いますが、

どうぞ意識的に ご家族自身の好きな事を 1日、10分でも 30分でもいいので、
取り入れて ご自身を労わって差し上げて下さい。

ご家族ご自身、思っていらっしゃるよりも、ずっと心身共に疲れていらっしゃるはずです。

ご家族がいい体調でないと、ご本人へのいいケア サポートは難しいと思います。

なので、お仕事だと割り切ってもいいので、
ご自身が 喜ぶ事を毎日の生活の中に 取り入れてみてください。


きっと、眉間のしわが減って、笑顔が増えると思います。


そうすれば、ご本人も家での居心地がよくなって、療養に専念できると思うのです。


まず、コーヒー一杯、好きな本を数ページ楽しむ余裕をどうぞ持ってみてください。


何かが 変わって行くと思います。






スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/508-da032fb3

| メイン |