2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
7月29日に開催された 片桐航先生の「「うつに打ち勝つ自然療法」の  ご報告 その1
2012/08/06(Mon)
立秋を迎え、風が少し変わってきたように思います。

庭では、サルスベリのピンク色の花がきれいに咲きだしました。


珍しく、どうしてもパソコンに向かう気持ちになれずにいました。
7月にかなり 根を詰めて毎日長い時間パソコンに向かっていたので、
28日のうつ病学会と、片桐航先生のセミナーが好評に終わり、体がホッとしたのだと思います。


うつからの卒業  みなとのブログを先にご覧頂いている方も多いと思いますが、
わたくしの方からも 間が空いてしまいましたが、
7月29日に開催された 片桐航先生の「うつに打ち勝つ自然療法」セミナーについて
ご報告させて頂きます。


暑い日で、皆さんの体調を心配していましたが、
急用ができたかたも含め3名の方が お休みでした。

その中には、遠く静岡からの参加予定だった方もいらっしゃいました。
途中で具合が悪くなっては大変でしたので、残念ではありましたが、体調を優先しての欠席に安心しました。

今回は、ご本人、ご家族一緒に参加して下さったご家庭もあって、
暑さも厭わず、皆さん積極的に参加して下さって 大変嬉しかったです。


対処療法ではないので、
自然療法は 時間がかかるのが 難点だと思われるのだと思いますが、
薬を服用していても、いっこうに良くなっていかないんですよ、と話していらっしゃる方は本当に多いので、
時間がかかっても まずこれをやってみよう!と思った物を試してみてはいかがでしょう。

西洋医学の考え方と違うので、なかなか理解できるのには時間がかかるかも知れません。わたくしもそうでした。

だから、私たちみなとでは、片桐先生に 幾度もお越し頂いているのです。


今回の片桐先生のお話を伺った中で、
これだけは ブログでお伝えしようと思った事があります。


「人には、病気になると 医師などの権威に身を委ねたがる弱さがある。

ホメオパシー含め自然療法は 誰かに身をゆだねる、お任せの療法ではなく、

自分でやる能動的な療法である。

ホメオパシーは、病気ではなく、その人自身をみて、

治療家とご本人が二人三脚で行う療法である。


症状は有難いものだから、決して叩いて押さえつけてはいけない。

自己治癒力を高めていく事で 体の中から改善されて行き、症状もそれにつれて薄れていくものである。」


今回も いくつもの新しいお話を伺いましたが、特に、私自身も覚えておきたい思った事は以上です。


頭痛や、寝られない、だるい、などの症状は 体が発しているサインなので、
それらの症状が ただなくなってしまえばそれでいいというものではない、と言う事。

その症状が出ているのは、気づいて!と言う 体からのメッセージなので、
それを ただ消して、良くなったと 勘違いしてしまうと、
体は、せっかくサインを出しているのに、まだ判かってくれないの?!!と 更に 強い症状を出して 私たちに
教えようとする、と 言う事だと知りました。



薬はある時期、必要だと思います。

でも長く飲み続けていて 改善されていないのであれば、他の方法、療法を考えてみるのが
賢くはないでしょうか?






夫も私も、良くなって、今振り返ってみると、うつで何もする気になれなかった、動けなかった、働けなかった、あの過ぎ去ってしまったそれぞれの膨大な時間が とても惜しいです。


なので、今 良くならない、良くなれない、と言っていらっしゃる多くの方に、
新しい事を取り入れて始める事は うつの方にとっては とてもハードルの高い事だとは思いますが、
私たちのように 後で後悔しないように、ぜひ知って欲しいと思うのです。



長くなりましたので、二つに分けてお伝えしたいと思います。

どうぞ、「7月29日に開催された 片桐航先生の「「うつに打ち勝つ自然療法」のご報告 その2」
ご覧下さい。







決まりました!! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

次回の片桐先生の今年後半の「うつに打ち勝つ自然療法」のセミナーは
12月16日(日)に予定しております。

少し先になりますが、どうぞ予定に入れておいてください。














スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/509-acf28411

| メイン |