2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
7月29日に開催された 片桐航先生の「「うつに打ち勝つ自然療法」の  ご報告 その2
2012/08/07(Tue)
7月29日に開催された 片桐航先生の「「うつに打ち勝つ自然療法」のご報告 その1に続いて書いています。



そして、みなとの家族会などに参加して下さっているご家族の皆さんに伺うと、
大半の方が疲れている、不調だとおっしゃいます。

それは、全然不思議な事ではないと思います。


ご本人と同様に、ご家族のお一人お一人の抱えていらっしゃる不安や、悩み、苛立ちも
とても大きなものです。

それらを毎日抱えていらしたら、心身健康でいられる事の方が 不思議に思えます。


今までにお目にかかったご家族の方には、
ご自身の不調も気にせずに、ご主人の代わりに大黒柱となって働き、疲れきってしまい、
そのあげく 精神科に通院し、薬を飲み始めている方も何人かいらっしゃいました。

病院にかかる程ではないけれど、気分が優れない、眠れない、涙っぽくなっている、
何をするにも気合が必要だ、イライラするなどの様子が長く続いたら、

ぜひ少しゆっくりなさる時間を、とってみてください。

そして、一人になる時間も作ってみてください。

自分の体の声を聞いてみてください。

体が、疲れた、休みたい、どうして私ばっかりこんなに大変なの?など
語り始めると思います。

ぜひその声を 無視しないで聞いてあげてください。


ご家族も、 そう言う悲鳴が体から出る程の負荷が、ストレスがかかっているのだと言う事を
まず理解して、 ご自身の体を労わって差し上げて欲しいと思います。


病気までは行かないけれど、何だか体調が良くない。
この位の時ならば、睡眠と食事、そして 休養。 そして 一つでもしたいと思った事をなさってみる。

これで、少しは改善されると思いますが、

それでも 少しも改善されないようだったら、体も心も疲れきっているのだと思います。 

栄養ドリンク剤などで、その場しのぎの事は、どうぞなさらないでくださいね。
飲んでしまうと、その一瞬は しのげると思いますが、 長くそれを続けていると 疲れ、不調は溜まっていくばかりです。

根本的な解決にはなりません。

出ている症状は、「体から出ているサイン」だと、片桐先生から習いました。


サインが出ていたら、無視せずに、体が発している有難いサインだと思って、
早めに手当て、ケアをして差し上げてください。


以前にも 申し上げましたが、ご家族ご自身が心身健康であれば、
うつご本人にも いいケアや、サポートがして差し上げられます。


なので、ぜひこれはお仕事だと思って、
ご家族の皆さまも、 ご自身の健康状態に目を向けて差し上げて下さい。


片桐先生のセミナーに参加して下さったご家族の方は、
ご本人少しでも 早く良くなれば、そう思って参加して下さった方が大半だと思いますが、
ご自身の健康回復、維持のためにも 先生のお話をぜひ実践なさってみてください。


仏陀が作ったという、ヴィパサナー瞑想についても伺いましたが、覚えていらっしゃいますか?
こういう本も出ています。

「自分を変える 気づきの瞑想法」

どうぞご参考になさってみてください。


そして 片桐先生がご自身のブログにも書いて下さっていますので、
どうぞこちらの片桐先生のブログをご覧ください。

「うつに打ち勝つ自然療法」報告

あなたの中に自己治癒力がある


暑い中、お越し下さった皆さまの今回のセミナーが役に立って、
皆さまが 一日も早くうつから回復なさいますように 心から応援しております。

そして ご家族の皆さまも、何か一つでも今回セミナーで得た事を取り入れて、
不調が改善され、ご自身らしい生活が送れる事をお祈りしています。




このブログをご覧になって、
どんなものか もっと片桐先生の話を伺ってみたいと思った方がいらっしゃると思います。

先日のセミナーの後お願いして、12月頃に今年もう1回 セミナーを開催していただける事になりました。

詳細が決まりましたら、またHPや こちらのブログでもお知らせ致しますので、
ぜひご参加下さい。



以下、8月9日追記です

決まりました!! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

次回の片桐先生の今年後半の「うつに打ち勝つ自然療法」のセミナーは
12月16日(日)に予定しております。

少し先になりますが、どうぞ予定に入れておいてください。




スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/510-75d7b19c

| メイン |