2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
10月21日(日)の 小堀修先生による「自分に合った休み方を探そう」からだと心を休めるコツ!!part 2 のお申し込みの締め切りは本日までとなります。
2012/10/19(Fri)
10月21日(日)に 小堀修先生による「自分に合った休み方を探そう」からだと心を休めるコツ!!part 2 を開催いたします!


このところの気温の差のためか、体調を崩している方が多く、
参加したいけれど、金曜日まで体調をみて 申し込みをしたいのですが、と
お問い合わせを いくつか頂いておりますので、
お申し込みの期日を 本日中とさせていただきました。

昨日あたりから、お申し込みが相次いで寄せられていますが、
まだ お席には余裕がありますので、
どうしようかな、とお考えになっていらした皆さま、
そして、行こう!と 直感で決めた方、

お申し込みをお待ちしています。


水曜日にメルマガにも書きましたが
小堀先生から テキストが届きましたので、
内容の一部を、以下にご紹介致しますね。



「ひとことで終わった認知療法?」と書かれていて、何??と思いました。



小堀先生が、かつて担当なさった うつの患者さんにこう言う方がいらしたそうです。
「うつを治すには、薬と休養が必要だと言われ、薬もきちんと飲み、休み方も分かっていますが、それでも良くならないのです。」


こう言う方、多いのではないでしょうか?
私も、夫も 精神科を受診した最初の日に、薬を飲んで、休養を充分にとること、
それが大切だと 確かに医師に言われました。


小堀先生は、この患者さんに対して、
休み方、本当に分かっていますか?と質問なさった後、
休み方について いくつか説明をなさったそうです。


そのアドバイスに従って休養をなさった患者さんは、ぐんぐんと回復なさって行ったそうです。


そう言えば「休み方」を私たちは特に学ぶことなく、大人になって来ていると思いませんか?



「休む」、と言うイメージには、ずる休み、と言う言葉があるように、
いいイメージを持たずに生きて来たように思います。



私が、最初に精神科の医師に言われた事は、
「パジャマを着て、一日だらだらと何もせずに過ごしなさい」、と言う言葉でした。
あまりに驚いたので もう14年も経っているのに今でも覚えています。



そう言われて私は、
「パジャマを着て だらだらなんて、熱が出た時でもない限り
うちでは、絶対に母が許してくれませんでしたから、そんな事できません。」
そう言うような事を先生に返事した記憶があります。


そレに対して 医師は、
「これは、医師がしなさいと言っているのだから、守って下さい。」と 重ねて私に伝え、そうなんだ、パジャマ着てだらだらしていいんだ、と 思いましたが、
実際には、初めての一人暮らしで、だらだらしている訳にも行かず、ただ何となく一人で
心細く一日を過ごす事になってしまっていました。


今から考えると、医師の指示のダラダラとは、程遠かった生活だったと思います。



今回の小堀先生の「休み方」のセミナーは、
認知療法ができるまでにまだ回復していない人、
うつを予防したい健康な人に 聞いて頂きたい内容です。


ご家族の皆さんにも、「休む」と言う事を理解した上で、ご本人のサポートをして頂くと、的を得たサポートが出来て、そして しなくてもいいサポートをせずに済むようになり、ご家族も楽になるのではないでしょうか。
そう言う為には、とてもいい機会だと思います。



朝、何度も起す必要なないのでしょうか?
起きるまで、何度も声をかけた方がいいのでしょうか? などとご家族の皆さんから
ご質問や、悩みを伺う事がありますが、
今回のセミナーで、その辺りの事も理解出来て、解決するように思います。



そして、
小堀先生は、参加者の皆さんに、こんな事を学んで欲しいと、3つ挙げて下さっています。


1) 「休む」ことを理解する:
休む事はどうして必要なのか。
どのような種類の休み方があるのか。
疲れにくい活動とは。



2) より上手に休む:
休み方が分からないときの対策の立てる。
休んでも疲れがとれないときの対策を立てる。



3) 回復を妨げる考え方にチャレンジする:
休んだら申し訳ない、休んでいたら怠け者になる、といった考えにチャレンジする

大きくはこの3点です。



復職をなさった方や、再就職なさった方は、休みにくいと思い、頑張ってしまわれた結果体調を崩す方も多くいらっしゃいます。
ぜひ どうしたらそれを防げるかも、ご本人ご家族の皆さんに学んで頂きたいと思います。




     「自分に合った休み方を探そう」からだと心を休めるコツ!!part2

〔日時〕  10月21日(日曜日) 14:00~17:00
     (受付開始 13:30~)


〔場所〕  アカデミー茗台  (文京区春日2-9-5 丸ノ内線 茗荷谷駅徒歩7分) 


〔対象〕  うつのご家族、ご本人、サポーターの方


〔講師〕  小堀 修先生  千葉大学 社会精神保健教育研究センター 特任講師


〔定員〕  先着45名様  定員になり次第締め切りとさせていただきます。


〔参加費〕 お一人  3,500円  
      お二人以上でお申し込みの場合 お一人 2,500円となります。


〔お申し込み〕以下の7つの必要事項をお書きの上
       1 お名前 2 年齢 3 住所 4 メールアドレス 5 電話番号とFax番
        6 参加人数 7 ご家族、サポーター、ご本人 のどちらですか?



メール info@utsu-minato.net 又は Fax 045-571-3258 宛へ
10月 19日(金曜日)までにお申し込み下さい。
 
  ※ 後ほどお振込先をこちらからご連絡を差し上げます。
  ※ お振込後、正式なお申し込み完了とさせて頂きます。




少しでも楽しく学んで頂こうと、テキストもカラーで印刷を終えました。

日曜日は、晴れそうですね。

皆さまにお目にかかれるのを楽しみに、会場でお待ちしています。

ご参加の皆さま、どうぞお気をつけてお越し下さい(*^_^*)

スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/528-6c3a9bf4

| メイン |