2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
11月19日放送、NHKクローズアップ現代、身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用をHPでご覧になれます。 風邪薬の副作用から、から、視力を失う事もありますので どうぞ番組の情報をご覧下さい。
2012/11/19(Mon)
寒くなって、風邪が流行って来たせいか、
新聞に入って来るドラッグストアのちらしを見ると、風邪薬が安くなって売られています。


この19日のクローズアップ現代は、身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用、でした。
あいにく 番組を見られなかったので、サイトを確認したところ、番組の情報が文字と映像で見る事ができるので、こちらでご紹介したいと思います。


知らなかった、では済まされないと言う事が、番組をご覧になるとお判りになると思います。
命に関わる事です。


過去5年間で製薬会社から市販薬の副作用で死亡した可能性があると報告されたのは、幼児から高齢者を含み、
24件にまでのぼっています。



手軽に買えて、いざというとき頼りになるかぜ薬などの市販薬。
実は市販薬には思わぬ副作用が潜んでいることが分かってきました。

この番組に出演している女性は、市販薬の副作用によって生死の境をさまよい、後遺症で左目の視力をほとんど失いました。


薬の副作用による、スティーブンス・ジョンソン症候群と言うのがあるのを、私も初めて知りました。


早いうちに、スティーブンス・ジョンソン症候群と診断される事は 難しく、

患者が最初に何の病気と診断されたかを調べたところ、

おたふくかぜや、水ぼうそうだと診断されている人が多いと言うことです。




調査の結果、4割の人が誤診されていたのです。
発症の初期に薬の副作用だと見極めることの難しさが重篤化の原因になっていると、考えられています。



こうした事から、今年の4月から中学校で医薬品に関する教育というのが始まったそうです。

保健体育の中で、薬の中の説明文書を読み方を教え、
その中では、効き目や飲み方だけではなく、注意すべき事項をきちんも読む事の大切さを教えていると、
聞きました。



寒くなって、風邪をひいている方が多いと思います。


休めない、休養できないからと言って、簡単に手に入る市販薬を安易に飲む事は、
慎むべきだと思います。



風邪と言う症状が、私達の体に、休養して下さい。 夜更かしを改めて下さい。 栄養を摂って下さい。
身体を冷やさないで下さい、と 私達に、今の生活を改めないと もっと大変な事になりますよ、と示してくれています。

その症状を、 休めないから、または、この位の軽い症状だからといって、 
市販薬を飲む事で、症状を抑える事は、 せっかく体が私達に示してくれている、身体からのSOSのサインを無視する事になります。

早く良くなりたいからと、規定以上に薬を飲むのは、もっての他です。


もっと、身体が発してくれている有難い声、メッセージに耳を傾けて、
薬を安易に飲まなくて済むように、あれ、風邪をひいたかも知れない、と思った時には、
休養、睡眠、食事に心がけたいものだと思います。






そして、今回のクローズアップ現代では、精神科の薬との飲み合わせについては触れていませんが、

注意して頂きたいのが、
うつご本人の皆さんで、医師から処方された薬を飲んでいらっしゃる方は、
その処方薬と、市販の風邪薬や、解熱剤などが、ぶつかってしまう恐れがないかどうか、
医師に確認する必要がある、と言う事です。


風邪だから、精神科や、神経内科の薬とは関係ないと思わずに、
市販薬を購入する前に、 まず必ず医師に 体調が良くない事、風邪をひいた事を伝えて下さい。


体調が優れない時に、そんなの面倒だと思われるかもしれませんが、
一つのプロセスを 抜かしてしまったツケは、ご自身に戻って来てしまいます。


後で、後悔する前に、ぜひ面倒くさいと思っても、医師に確認なさってください。


では、身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用は、⇒こちらからご覧下さい。


スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/537-781f1688

| メイン |