2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
酒見 美槻さんに美味しい体に優しいお料理をご馳走になりました。   その中のお豆のピクルスの作り方を教えて頂きました!
2012/12/26(Wed)
大分前の事になってしまいましたが、お伝えしたくて取っておいた事をご紹介したいと思います。

11/11(日)に、アートフォーラムあざみ野の生活工房で、講座ルトラヴァイエ修了者の会の世話役の方が主催して下さった、「つながる秋の収穫祭 おいしいお料理とおしゃべりの会」に参加して来ました。

私も、うつになった後に このルトラヴァイエで学んだので、終了会のメンバーの一人です。

参加者の皆さんに、私の話を30分程聞いて頂いた後、
今回のメインイベント、酒見美槻さんに心にも身体にも良くて、その上美味しいお料理を
ご馳走になりました。


S20121111酒見さんのお料理集
こんなに豊富な材料でお食事を頂けるなんて、なんと贅沢な事でしょう。
皆、とても優しいお味で、それぞれの食材の味が生きています。



S20121111酒見さんのお豆のマリネ
今回ご馳走になった中で、お豆のピクルスのレシピをお願いして教えて頂きました(*^_^*)



*お豆のピクルス*

お豆と言うと、どうしても煮豆のイメージが強いですが、
このお豆のレシピは、ほんのりとした甘さで、お豆自体の味を充分に味わえます。
おつまみにも、きっと合うのではないでしょうか。


材料

豆(1種類~2種類 豆のサイズが異なる場合は、別々に煮たほうがベスト)・・・カップ1ほど

塩・・・少々

さつまいも・・・(さいのめ切り)・・・40g

しょうが・・・少々



A ピクルスのシロップ

黒酢・・・45ml(大3)

米飴・・・30g ※シロップの甘みは、甜菜糖(てんさい糖)や、メープルシロップでもOKですが、その際は          甘味を確かめながら、量はお好みで加減なさって下さい。

水・・・20ml

塩・・・小さじ半分

白こしょう・・・適宜

ローリエ・・・1枚

りんご酢・・・適宜



(作り方)

1 豆は、やや固めに煮る。

2 さつま芋も煮る。

3 しょうがをみじん切りにしておく。

4 Aのシロップをあわせ、火にかけて1回煮立たせる。

5 Aが熱いうちに、茹でた豆、さつま芋と刻んだしょうがをいれて、8時間ほどつける。

6 味見をして、塩、りんご酢で味を調える。



キーポイント

※さつま芋を煮る時、塩少々くわえると、甘みがよりでます。
 熱いうちに、全てのものを混ぜると、味がしみこみやすくなります。


酒見さんからのアドバイス
※ ピクルスは健康な方がいただく食なので、体調が今一つ良くないと言う方には、
  豆にはない栄養を昆布が補ってくれるので、豆と昆布醤油の組み合わせがよかったりするのだそうです。



美味しいのに、思っていた以上に作り方も材料もシンプルなので、
ぜひお試しください。

酒見さん、美味しいレシピを教えて頂いてありがとうございました!

また、時間のない方にでも、お料理があまり得意でない方にでも作れる、体のために優しいそして美味しいレシピがありましたら、またぜひ教えて下さい。

皆さんにもご紹介したいと思います。





スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/544-4942487c

| メイン |