2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
5月12日(日)平間正彦先生に、「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」と言うタイトルでお話して頂きます。
2013/05/05(Sun)
S20130504雪柳平間先生用
日射しが強くなって、白い花が鮮やかに見えます。



フェイスブックがご縁で、5月12日 株式会社ドリームステージJAPAN 代表取締役社長      平間 正彦氏が「みなと」に来て下さいます。


去年のお正月過ぎに、フェイスブックで平間先生とお知り合いになりました。

平間先生は、FMラジオ系列で「ベストセラーズチャンネル」と言う番組のパーソナリティをなさっていて、
ベストセラー作家の皆さんの本には出ていない情報まで、リスナーの立場になって、
ゲストに聞く判りやすい質問なさることで定評がおありです。


私たちは、「みなと」では、将来ラジオ番組を持って、外に出られない方や、
テレビや本は疲れてしまってご覧になれない方、 
ご本人のサポートをなさりながら忙しく働いていらっしゃるご家族や、東京から遠く離れていて、
「みなと」のセミナーには参加できない皆さんに宛てて、情報発信や、元気の出る話しや、
歌をご紹介したいと考えていたので、ぜひ平間先生にお話を伺ってみたいと思い、フェイスブックで
メッセージをお送りしたところ、

「私ができることがあれば何でもやりますので、ぜひ一度お会いしてお話をしましょう。 
空いている日時があれば3つか4つ候補を教えてください。こういうことは早いほうがいいと思っています(*^_^*)」と すぐに返信を下さって、実際にすぐにお会いする事が出来ました。


子供さんが4人いらっしゃることや、娘さんが命に関わるご病気になり、それがきっかけで会社勤めを
お辞めになって、独立なさったお話を伺いました。


今は、個別指導塾「ドリームスタディ」塾長であり、
溝口メンタルセラピストスクール心理カウンセラー養成講座主任講師でもいらっしゃいます。


塾を始められた2002年当時は、子供さんを変えるために、子どもさんだけに焦点を当てていらしたそうですが、それは間違っていたと言う事に、気がつかれたそうです。

子どもさんを変える、子供自身に自分の素晴らしさや、可能性を発見して貰う、確信を持って貰う、そのためには、
親御さんが変わる必要があったと言う事に気づき、親御さんが子供以上に学ぶ必要がある事に気づきかれたそうです。



「みなと」を始めてみて、参加して下さる親御さんの悩みは、とても深く複雑だと感じる事が多いです。

それに気がついてはいても、私自身は、親になった事がないので、どうしても判り切れていないのではないか?と言う気持ちもありました。

それで、いつか平間先生に来て頂いて、ご自身の父親としての体験から、
そして15年間で2000組以上の子供や親御さんの学習面とメンタル面の問題解決に力を貸していらっしゃる立場から、お話をして頂きたいと思っていたところ、
「みなと」さんのお役に立てるのなら、喜んで、と快諾して下さって、今回のセミナーが実現しました。

では、夫婦関係の話はないの?と思われた方もいらっしゃるでしょう。

うちの場合もそうでしたが、うつご本人は、大人であっても子どもと同じようなところがありませんか?
奥さんが、お母さん役になったり、旦那さんが、お父さん役になったりしているのではないでしょうか? 
それから考えると、親御さんと子どもさんの関係を学ぶ事は、うつご本人のいらっしゃるご家庭についても
学ぶことになるはずです。


実際の話では、夫と私がぶつかったつい先日も、2時間程の時間をかけて、いかにぶつかるのを減らし、
無駄なパワーの浪費を減らすにはどうしたらいいか、などについて具体的にアドバイスを頂きましたが、
目から鱗の内容で、夫とぶつかった事もすっかり忘れて聞き入った程でした。


そのいくつかをご披露すると、
・ほどよい関係は、お互いの良い加減から作られる。
・自分の枠から外れた状態でも OKだと言う事を知る。
・人と機械は別。 機械には、効率を求めてもいいが、人は、曖昧でいい。
・言動に対して×をつける事はあっても、相手自体を責めてはダメ。
・失敗をしたら、それと同じ数以上の成功体験をする。それで苦手意識は克服できる。
・言葉掛けに気をつける。 
・相手の型に少しははまってあげる事も大切。
・自己中心的でなく、自分と関われる人もHAPPYになれるような自由を求める。
・それぞれ別の時間をたくさん持つ。
・夫婦二人のルールを作る。
・将来への考え方、方向性を確かめておく。
・夫婦の役割分担をする。


まだまだメモを書きとめて来ましたが、なるほどこれを改善すれば、深夜に及ぶバトルも減って行くと思う
アドバイスばかりでした。


また、うつご本人の皆さんにとっては、
・どうしたら家の中を居心地良くし、うつ療養に専念できるか?
・ご自分の気持ちを、ご家族に理解して貰い、「うつから卒業する」までいい関係でサポートして貰うにはどうしたらいいか?と言う 大きな課題について話をして頂こうと思います。


毎朝4時半に起床なさって、いくつもの仕事をこなし、その上4人のお子さんに対しても正面から向き合っていらっしゃる平間先生のお話は、皆さんのご参考になる事がたくさんあると思います。


今回を逃すと、平間先生のスケジュールでは、お願いするのが難しいので、
残念ながら今回限りのセミナーになる可能性大ですので、ぜひ今回の機会を活用して、
ご家族同士での悩みを解決にお役立て下さい。


うつから卒業するために.... 「必ずおさえておきたい5つの法則」
     ~うつ体験者が本気で語る、本気で応援する~


     第一部 砂田康雄、くにえ   
          うつから卒業するために「必ず押さえておきたい5つの法則」
     第二部 平間正彦先生 「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」
     第三部 平間先生と 砂田康雄、くにえのディスカッション
     第四部 質疑応答、お知らせ

〔日時〕 5月12日(日曜日) 14:00~17:00 (受付開始13:30~)

〔場所〕 アカデミー湯島  (東京都文京区湯島2-28-14)

〔対象〕 うつのご本人、ご家族、サポーターの方

〔講師〕 株式会社ドリームステージJAPAN 代表取締役社長 平間 正彦氏

〔定員〕 先着20名様  定員になり次第締め切りとさせていただきます。

〔参加費〕 お一人 3,500円  
お二人以上でお申し込みの場合 お一人 2,500円となります。

当日現金でお支払の場合    
お一人 4,000円、お二人以上でお申し込みの場合 お一人 3,000円となります。

〔お申し込み〕 次の7つの必要事項をお書きの上 
     1お名前 2 年齢  3 住所  4 メールアドレス  5 電話番号とFax番号 
     6 参加人数  7 ご本人、ご家族、サポーターのどちらですか? 

メール info@utsu-minato.net又は Fax 045-571-3258 宛へ 
5月 10日(金曜日)までにお申し込み下さい。

  ※ 後ほどお振込先をこちらからご連絡を差し上げます。 
  ※ お振込後、正式なお申し込み完了とさせて頂きます。


皆さまのご参加をお待ちしております(*^_^*)



スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/577-377fcfe5

| メイン |