2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
5月12日のセミナーにて。平間先生の「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」を伺って気がついたこと。 -①
2013/05/17(Fri)
S20130520柚子のつぼみ
今年も柚子の蕾が大きくなって来ました。 どうも今年はあまりついていないようです。



セミナーが終わってから、
ご参加者の皆さん、平間先生のお話を伺って、何か実際に行動に移されたことおありでしょうか?


今回は、以下の5点についてお話を伺いました。

【家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力】

①コミュニケーション手段が多い時代の問題点

②コミュニケーションとは?(本質)

③今すぐできる傾聴力強化3つのポイント

④今すぐできる質問力強化3つのポイント

⑤外部環境より内部環境を重視


当日は、1時間あれば大丈夫ですと平間先生から伺っていたのですが、
皆さんが熱心に聴いて下さっているのが伝わって来て、予定していたことの他にも伝えたい事が浮かんで来て、とおっしゃって、1時間を優に超しての熱いセミナーとなりました。



いくつか、気がついた事をまとめてみたいと思います。


1.私が一番に気がついた事は、
うつご本人のためと思って、ついついアドバイスのような指示の言葉を多く投げかけているのではなかったか?と言う事でした。


その点について、平間先生は、
良いコミュニケーションの時には、相手の意欲を引き出すことが出来ていて、
そう言う時は、相手は行動を起こすものなんだと伺いました。


確かに うつご本人の多くの方は、コミュニケーションのスピードが健康な時よりもゆっくりだと思います。

健康なご家族は、少々待つくらいが丁度いいのでしょうけれど、
つい 先を回ってご本人が答える前に、先取りしてしまう事がないでしょうか?


我が家では、良くあったように思います。
それも、家の外で。 夫をかばって意識せずにそうしたのだと思いますが、帰宅するといつも夫からは、なぜ口をはさむのか、と 激怒されました。
悪気は全然ないのですが、その間が私にはとても長く感じられるので、つい夫の代りに
答えてしまうような事がありました。 




2.平間先生の今回のセミナーで、「イメージショットワーク」というのを始めてやってみました。 簡単なワークですが、皆さんとても楽しそうでした。


二人ペアになって、平間先生が「夏」とおっしゃったら、
お互いに その夏から連想する言葉をメモしておきます。


「日本」、「秋」、「冬」、「春」、「夏休み」、など 誰でも連想できる言葉から、
それぞれに連想した言葉をメモしておいて、 後でペアになった方とどんな連想をなさったかを話し合いました。


殆どの方が1,2個しか同じ連想ではなかったようです。

これが普通なんだそうです。

何十年も連れ添ったご夫婦でも、なんと一つも同じ連想がありませんでした!!

それぞれにイメージすることは違っていて当然だと言う事を改めて知りました。



全ての人が違う物を持っている。
他人と自分は違う。


この二つをしっかり認識できていれば、考え方がお互いに異なるのも良く判り、
考え方が違うのが当たり前だと理解できますよね。


聴くことも質問する事も、この事を理解した上で始まるものだと言う事に気がつきました。


長くなりますので、一旦ここで終わりにして、
次に続ける事にします。




スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/579-26f3fa8e

| メイン |