2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
5月12日のセミナーにて。平間先生の「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」を伺って気がついたこと。 -②
2013/05/18(Sat)
S20130520イチゴ
農薬のかかっていないイチゴを食べるには、自分で作るしかないと聞き、試しています。
人間二人と犬三匹分のイチゴを収穫するには、いったいいくつ苗を揃えたらいいのでしょう?
農家の方のお仕事に、頭が下がるばかりです。 やってみないと大変さは判らないですね。





5月12日のセミナーにて。平間先生の「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」を伺って気がついたこと。 -①に続いて お送りしています。



3.
学校の勉強には正解がありますが、
それ以外では、正解が一つしかない物の方が少ないのではないでしょうか?
いろいろな考え方があるからですね。


だからこそ、聴く必要があるのですが、
そして日本語は、特に最後に結論が出てくる事が多いので、最後まで聴いて、そして伝え返すことが
大切です。



今日は暑いから駅までバスで出かけようかと思ったけれど、
運動もしないといけないから、歩いていこうかな。
でも、約束の時間まであまりないし・・・。
うーん・・・・。

やっぱりバスを待つ時間を考えたら、歩いて行っても変わりないからバスには乗らずに歩いて行くわ。



こんな話し方を結構してませんか?

最後まで聴かないと、バスで出かけるように聞こえますよね。

途中まで聴いて、「そうよ、歩いて行くのがバス代の節約にもなっていいわよ。」なんて
口をはさんでいませんか?


そこを、最後まで聴いていると、
へえー、凄いじゃない、頑張るわねー。
で、そうすると、何時に家を出るの?
 と途中まで聴いた時とは違う質問になります。



この話を聴いている時に、
うなづいたり、声を出して「そうだったの?」 「へえーっ」 「凄いなー」などの
言葉をはさんで、ちゃんと聴いてますよ、と聴き手が伝えると、
話し手は聴いてくれているのを確認しながら、安心して話をする事ができます。

話の語尾を伝え返すのも、大切。
これはそもそも きちんと話し手の話を聴いていないと出来ないものです。

うなづいたり、声を出して「そうだったの?」 「へえーっ」 「凄いなー」と反応してくれると、話しては、もっと話したくなります。 

確かにそうですよね。



そして、話を聴いてくれた人の話は、聴こうと思うのが、人間と言うものだそうです。

十二分に話を聴いたら、今度は聴き手側が話す番だと言う事ですね。

ここでカウンセラーでもいらっしゃる平間先生から一言。
「伝え返しのできないカウンセラーは、信用できない。 なぜなら聴いていない証拠だから」

なるほどですね。


しっかり聴いていないと質問(問いかけ)も出来ない、と言う訳です。



質問(といかけ)と言うのは、答えを教える事ではありません。
ここで ついつい良かれと思って、最後の答えまで親や、家族が答えを教えてしまうと、
自分で考える事をしなくなり、自分で考える事が出来なくなります。


これは大変ですね。
いつもいつも親や家族が一緒にいて考えてあげないといけなくなります。
でも、価値観も世代も違う親や家族が出した答えは、本人にとって正しい答えなのでしょうか?


例1
明日は、病院の予約が10時だから、8時には起きなさいね。 ← ×

明日は、病院の予約10時だけど、何時に起きるの?     ← ○



例2
最近ちょっと甘いもの食べすぎでしょう。 ダイエットしないとねー。 ← ×

最近ちょっと甘いもの食べ過ぎていない? どうしたらいいと思う?  ← ○

質問で会話を終えると、相手に考えて貰う機会を与える事になる。 
自分自身で間違っていてもいいから 答えを出せるようにする事が大切なんですね。



まだ終わりまでたどり着いてませんので、
続きは また改めて書かせて下さい。



スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/580-5f68215f

| メイン |