2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
7月19、20日に開催された第10回日本うつ病学会で、今年も話す機会を頂戴しました。
2013/07/24(Wed)
S20130720小倉第10回日本うつ病学会交流の広場
今回は、一人で小倉に行って参りましたので、北九州でうつご本人ご家族のサポートをなさっていらっしゃる、「みんなのカフェ」代表 原田 宙明(はらだ ひろあき)さんに記念に撮って頂きました。

                               

                              以下は、2013年8月10日 加筆、変更しています。



S正20130715うつ病学会パンフレットと会員証
昨年の新宿で開催された日本うつ病学会に続き、今年は 19日、20日と北九州市小倉で開催された 第10回日本うつ病学会の「交流の広場」で、話を聞いていただく機会に恵まれました。

プログラムは ⇒こちらから16ページをご覧ください。

今年は、参加することが決まるのが連休をだいぶ過ぎてからだった上、
話す時間が昨年よりも短くなったので、
何をメインにお伝えするか、だいぶ悩みました。

その結果、今回は「うつからの卒業を果たすために、家族が知っておきたい5つのポイント」というタイトルで当日に臨みました。

短い時間に、どうしたら少しでも多くを判りやすくお伝えできるかと考え、パワーポイント(スライドのようなものです。)約40枚を使い、
写真やイラストを多く入れて、視覚にも訴えるものを、と考えて準備をしました。


S20130720小倉ホテルからの4時半の青空
それでも、当日のだいぶ前から頭はこの講演の事で一杯になり、
前泊のホテルは、小倉の高層ホテルの22階の眺めのいい部屋を提供してもらったのですが、その景色を楽しむどころではなく、ホテルでも練習をしました。


当日20日の朝は、朝食もとらずに、部屋で最終の詰めをして、
打ち合わせに臨んだのですが、さすがに何かお腹に入れておこうと思い、
スタッフの方に尋ねると、館内にはコンビニはないと判り、
そう判ると、どうしても食べたくなってしまうもので、
困っていると、打ち合わせ室にいらしたスタッフの方が、北九州のお菓子がいろんな種類入っている箱をプレゼントして下さって、その中の1つを入れて下さった美味しいコーヒーと味わって、やっと落ち着くことができました。
こういう心遣いは、本当に有難かったです。


今回は、北九州市立精神保健福祉センター所長 三井敏子先生に、司会と進行をして頂けることになっていました。
三井先生は、精神科医でもいらっしゃいます。


メールのやり取りしかしていないので、どんな方なのか判らないまま、緊張してお目にかかったのですが、とても朗らかな口調のソフトな方で、お蔭さまでお話しているうちにだいぶ肩の力が抜けたように思います。

今回は、私の話を聞いていただいた後に、北九州のうつご本人、ご家族、医師などの専門家の方々と、話し合いをすることになっていました。

話し合いに移ってからの最初は、専門家から、私がお伝えした「5つのポイント」は、
うつの予防にもなるとコメントを頂いて、これからもこの「5つのポイント」を
お伝えして行くことの重要性を気づかせて頂きました。


この後に、前述のみんなのカフェ原田宙明代表や、みんなのカフェに参加なさっているお二人からのお話があり、その後に医師の方から質問が出たり、
また看護大学でご家族の支援をなさっていらっしゃる専門家の方から、実際の体験談はなかなか聞けない話で説得力があって良かった、とお褒めの言葉を頂戴しました。

もう一方、うつご本人でお仕事もなさっていらっしゃる男性からは、家族関係が思わしくないので、病気の事は全て自分で調べたりしているので、家族のサポートのある人は羨ましいという意見も伺うことができました。


皆さんがそれぞれの思いをお持ちだったと思いますが、
短い時間で、多くの方のご意見やお気持ちを伺うのには、足りず残念でした。

でも、考えてみると、
うつご本人、ご家族、そして専門家の方々が、集まって話す機会など、通常ではほとんどないので、
この機会はとても意味のある重要な時間だったと思います。


前述の北九州市立精神保健福祉センター所長の三井敏子先生が、事前にいろんな方にお声掛けをして下さったそうで、
昨年よりも多くの方に集まって頂いて、たとえ短い時間でも、話し合いの機会を得られたのは、とても有難い事でした。


今後のみなとのセミナーでも、今回得た気づきはぜひ取り入れて、皆さんにお伝えして行きたいと思います。



「交流の広場」が開催される意味と、その必要性も改めて強く感じました。

これからもこの「交流の広場」が毎年開かれるうつ病学会開催地で続いていくことを願いたいと思います。


「交流の広場」の後、写真を撮ってくださった原田さんと昼食をはさんで、夕方まで話し込み、
夜は、こちらに異動なさった新聞記者の方と、久しぶりにお目にかかり、新鮮な海の幸をごちそうになり、
また日曜日には、原田さんのご好意で、市内を案内していただいた後、小倉祇園太鼓の最終日を堪能してきました。


お蔭さまで、講演の後は開放感に浸り、久しぶりに非日常を堪能することができました。

そして、うつ病学会の前後の時間の流れが速く、曜日が判らなくなる程でしたが、
月曜日には、現実に戻るのを覚悟して横浜に戻って参りました。
羽田空港で出迎えてくれた夫と、家で待っていてくれた犬たちの大歓迎を受けて、やっと脚が地に着いた感じです。


それでも、これまでの2週間以上 交感神経優位の時間ばかり過ごしていた上に、移動距離も長く、
その反動で、やはり今回は帰ってから数日間は、物が決められず
自分でもボーっとして変だな、と思う程でした。


ようやく昨日あたりから、やっと普通の状態に戻れたような気がします。


ご報告が遅くなって大変失礼しました。


これから遡って、撮って来た写真も見て頂きながら、小倉祇園祭りの様子などや、感じたことなどを順次お伝えしたいと思います。

少々お待ちください(*^_^*)


           ****************************

7月19日付で 「小倉での小倉祇園太鼓の音を通して、人との繋がりの大切さを改めて感じました。」と、

21日付で 「うつ病学会が終わって、翌朝早朝こんなにきれいな朝焼けが見られました。」


23日付で 「小倉祇園太鼓には、粋なワンちゃんも参加してました!」の三つを遡って投稿しました。


ご覧頂けたら嬉しいです(*^_^*)












スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/595-ef9837b6

| メイン |