2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
小堀修先生のスペシャルセミナー:「うつの当事者と家族でとりくむ認知行動療法!」 MP法って何?
2013/11/14(Thu)
                       MP法についての部分は、11月15日付け加えて更新しています。



S20131106伊勢丹クリスマス砂糖
今年もクリスマスの飾りつけが華やかになって来ましたね。
先週、埼玉まで行って来た帰りに新宿伊勢丹に寄って来ました。 久しぶりです。
時間があまりなかったので、寄ったのは、食器やグラスなどを扱っているコーナーです。
毎回伺う度に楽しい発見があるのですが、今回はこんな素敵な物を見つけました。

お砂糖でできた天使、リボン、などです。
他にもたくさんの種類があって、もちろん全てコーヒーなどに加えるお砂糖です。

こんなセンスのいいクリスマスプレゼント、頂いたらとっても嬉しいですね。

売り場の方にお願いして、写真を撮らせて頂きました。

他の商品は、こちらに掲載されています。ご覧になるだけでも楽しいです。宜しければどうぞご覧ください。 ⇒フランスのオシャレ角砂糖屋さん「CANASUC(カナスック)」がハイパー可愛い




           

今日は、小堀先生から伺ったMP法について、まとめてみましたのでどうぞご覧ください。



★うつから抜け出す第一歩として、「楽しい事」に目を向けてみましょう。

そして、ご家族も、うつご本人に影響されて、どうしても気分が滅入ったり、ふさぎがちになったりしますが、それは当然だと思います。 「楽しい事」に目を向けて、その気持ちを少しでも気分や体調をいい状態にしましょう。 それに役立つのがMP法です。


その前に、「うつの悪循環」は こんな感じで起きるので、確認しておきたいと思います。


嫌な出来と事があると・・・。

     ↓

気分や、身体が辛くなる。

     ↓

更に悲観的に考え込んでしまう。

     ↓

気分や身体がもっと辛くなる。

     ↓

だんだんと、楽しめていたこと、気晴らしが出来なくなる。

     ↓

また気分や身体が辛くなる。

     ↓

また更に悲観的に考え込んでしまう。

     ↓

この悪循環が続いてしまう・・・。





では、この手ごわいうつから抜け出すにはどうしたらいいでしょう?

以下をご覧ください。 こんな感じです。



小さな事でも、できる事を探してやっていく。 

      ↓

すると、気分が少し持ち直して来る。

      ↓

次第に、同じ状況でも別の考え方が探せるようになる。

      ↓

段々と気分や体調がより回復する。

      ↓

継続して行くうちに、考え方が柔軟に。 自由に。

気分、体調も楽になって来る。


      ↓

これを継続して行くと、いい循環ができる。


      ↓
   
続けて行くうちに、

・気分や体調が良くなる。

・悲観的な考え方が少なくなる。

・悩んでいる時間、心配している時間が減る。

・このMP法を家族で共有してみると、家族との楽しい会話が増えて行く。

このようにいい影響が期待できるようになって行く。




MP法のやり方は、以下の通り、シンプルです。

出来た事 ⇒ M
楽しめた事 ⇒ Pと書いて記録する。


記録は、お気に入りのノートでも、携帯、スマートフォンでもいい。

続けて行くうちに、できる事や、楽しめることを探す様になって行く。



例えば、


11月6日(水)

埼玉県のセミナーに出かけた M
15分程歩いて会場に向かった M
美味しいパン屋さんを見つけた P
帰りに伊勢丹の食器売り場に行った P
可愛いお砂糖を見つけた P
担当の店員さんに、お砂糖のディスプレイを写真を撮ってもいいか尋ねた M
お砂糖の可愛い写真を撮れた P
店員さんと楽しい会話ができた P

こんな感じで、
出来た事 ⇒ M
楽しめた事 ⇒ Pと書いて毎日記録して行く。

1つの出来事も、なるべくいくつかに分解して書いた方がいいそうです。
その方が、できた事Mが増えますものね。

取るに足らないと思える事でも、大したことがないと思える事でも、出来た事 Mと書き込んでみましょう。

小さな「出来た事 M」を見つけ出して書き込んだ方が、気分はいいものです。


はじめは、たくさん書けなくても構いません。
出来た事 M だけになっても問題ありません。


一人でMP法を続けてもいいですが、
これを家族と共有することで、話題が増え、思い出すことで、記録した事の「記憶」が強まります。



私も、来年用の素敵なノートを、このMP法のために奮発しました。

MP法を継続することで、病気であっても自分が望むことができる。
回復に向けて自分にできる事がある、と言うことが腑に落ちるようになり、徐々に自尊心の回復が望めるようになります。





お判り頂けたでしょうか?

なんだ、簡単すぎ!と思われた方もいらっしゃるでしょう。


小堀先生からは、まず1か月間続けてみて下さい、と伺いました。


MP法は、副作用もないし、費用も掛からず、場所も取らず、好きな時にできます。
いい記憶が増え、自尊心が回復して行く。

ご家族と一緒になされば、家族との会話も増えて行きます。




今回セミナーに来て下さったNHKの小堺チーフ・プロデューサーは、
時間に追われ、なかなかお休みも取れない、と伺っているのですが、
毎日記録には取ってないそうですが、MP法と言う名前は知らなかったけれど、日々これをなさっていると
話して下さいました。

小堺さんは、さぞお疲れではないかと心配していたのですが、
毎日楽しいですよ、と聞かせて下さいました。


日々、楽しいことに目を向けていらっしゃるからでしょうか?


私も、せっかくノートを購入したのですから、
MP法を続けてみようと思います。


「考え方が柔軟に! 自由に!」が出来るようになりたいです。



皆さんは、いかがですか?







スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/640-f10b22fc

| メイン |