2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
うつだった経済ジャーナリスト 木暮太一さんを助けてくれた一言。
2014/01/19(Sun)
今月1月26日 (日)に、「 うつからの卒業!! 」~ 必ずおさえておきたい 5つ の法則 ~
セミナーを開催致します。
今年最初のセミナーとなります。 
寒い時季ですが、今年をいい年にするために、このセミナーをご活用下さい!!

詳しくは、⇒どうぞこちらをご覧ください!!






かなり風が強い一日でしたが、陽射しがだんだんと強くなって来ていますね。


私は、桜の時季の次に、この日に日に陽射しが強くなって行くこの時季が好きです。


皆さんは、いかがですか?




今日、車で移動中 東京FMのラジオから 「うつだった・・・」という言葉が聞こえて来て、
ボリュームを上げて聞き始めました。


今日の「絆ストーリー」は、 経済ジャーナリスト 木暮太一さん。



自分の能力をはるかに超える業務量に溺れ、慌てる日々。

作成した文書は、何度も書き直しを命じられ、いったいどこがよくてどこが悪いのか、わからなくなった。

極め付けは、記憶がなくなること。

人に言われたこと、自分が約束したこと、昨日の記憶が全部ない。

だからまたミスをする。

ついたあだ名が、『怒られ侍』。


その怒られ侍の小暮さんを助けてくれたのが、塚越さんの一言。


その木暮太一さんは、会社を辞める事もなく、働き続け、
その後に、同じ仕事が余裕を持ってできるまでになったと、言う話。


書いてしまうと、簡単な話のようですが、
聴き入ってしまう程に、私自身に、そして夫にも重ねて、他人事には思えませんでした。


うつの経験がある方なら、きっとご自分の事とオーバーラップしてしまうのではないでしょうか?


また、うつまっただ中の方なら、きっと勇気づけられるのではないでしょうか?


そう思ったので、帰ってから検索してみたところ、
内容が文章にしてあったので、こちらにリンク先を貼っておきます。


さすがに、12歳の時から、「わかりやすく伝えること」に関心があったという小暮さんの文章は、
情景が浮かぶようです。



そして、ここに出て来る塚越さん。


こういう方が、職場に一人いてくれたら、辞めずに済む人がたくさんいるのではないでしょうか?


塚越さんも、きっと仕事で悩んで事がある方なんではないかと、思います。


うつから回復なさった方なら、この塚越さんのように、一言を掛けてあげられるのではないでしょうか?



そんなことを思いながら、ラジオを聴いていました。


ぜひ、文章だけでなくポッドキャストで音声でも聴くことができますので、

⇒こちらにアクセスしてご覧になって下さい。



私も、塚越さんのような人になりたいと思います。






スポンサーサイト
この記事のURL | 思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/659-99c7a2c0

| メイン |