2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
木の芽時の体調管理について。
2014/03/17(Mon)
◆◇◆ 4月20日に、小堀修先生の「うつの当事者と家族でとりくむ認知行動療法!」Part2を開催致します! 詳しくは、⇒こちらをご覧ください!!


S20140316桜つぼみ
自宅近所の公園の桜のつぼみは、まだまだ本当に小さいのですが、
あと2週間程で本当に咲きだすのでしょうか?

咲き出すのを待っているこの頃が楽しいですね♪♪






ちょうど今の季節の事を、「木の芽時(このめどき)」と言うのでしょうか。

「木の芽時」を調べてみると、樹木に新芽が出る早春の時季を指すそうです。

山菜摘みや、お花見など、自然とのふれあう機会も増えて、楽しい時季ですが、
心や身体の不調を感じやすい頃でもあるようです。

手足が冷える、肩がこる、体がだるい、頭が痛い、何もする気がしない、など、
体調不良を感じることはありませんか?

私も、毎年この時季になると、体が重く感じられて、やる気が出なくなり、困ったなーと思う事が多いです。


春の木の芽時と体調不良について書かれているサイトを見つけましたので、
この時季をどう過ごしたらいいか、⇒春の木の芽時と体調不良について、をご参考になさってはいかがでしょう?


この時季特有の症状だと捉えて、あまり悲観的にならないようにすることも必要かも知れませんね。

そして、体を冷やさないで、肝臓を労わるように生活を工夫したいですね。

肝臓はその一部を切り取っても元に戻ってくる再生力の強い臓器なんだそうですが、どんな働きをしてくれているのか ⇒確認してみました。

いつも以上にバランスのいい食事をとることに加えて、
軽い運動をすることで、血流をよくすることが肝臓の元気を保つ秘訣にもなるそうです。


肝臓は、血液を通じてほかの臓器と栄養分などのやりとりをするからです。
血流改善にはウオーキングやランニングなどの全身を使う軽い運動が望ましいと判りました。


体が重く感じられるからと言って、
ジッとしているのではなく、 気分転換に外を歩いてみると、気分も体調も改善されそうですね。


今は、沈丁花の花がいい香で咲いていたり、
よそのお宅の玄関先でも パンジーがきれいに並んでいたり、と五感を刺激してくれる物が多い季節ですね。


私は、沈丁花(じんちょうげ)の花の香が大好きです。


そして、桜の木のつぼみを見るだけでも、気分が良くなりそうです。


どうぞ無理のない程に 体を動かしてみませんか?


私も、沈丁花の花の香りを楽しみに 外に出てみようと思います(*^_^*)





スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/679-a35cd432

| メイン |