2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
フタコブラクダ「ツガルさん」誕生日会 人間なら120歳!
2014/03/23(Sun)
◆◇◆ 4月20日に、小堀修先生の「うつの当事者と家族でとりくむ認知行動療法!」Part2を開催致します! 詳しくは、⇒こちらをご覧ください!!



S20140323ツガルさん最高年齢達成
今日のYahoo!のトップニュースにも写真が掲載されました。


陽射しが随分強くなって来ましたね。


このところ、なんだか不調でどうしたいいのか困っていました。
庭のマーガレットが その間に蕾をたくさん付き始めていました。


そのまだ小さなつぼみを見ていて、力を貰ったような気持ちになりました。
今から 咲き出すのが楽しみです。


今日は、午後からセミナーを受講するために出掛けて来ました。

電車の中で、メールチェックをしようとしたところ、
ツガルさんの記事が目に飛び込み、急いで詳細をチェックしました。


以前、こちらでもご紹介した事がありますが、
ツガルさんは、横浜の野毛山動物園にいます。

野毛山動物園に来るまでには、いろいろな苦労があったようです。


そのツガルさん、野毛山動物園では一番人気で、時々テレビのニュースでも取り上げられていて、
私も知ってから2回ほど会いに行ったことがあります。

以前投稿しましたブログ:世界で一番長寿のフタコブラクダのツガルさん、この残暑も元気だと聞き嬉しくなりました。 は ⇒ こちらをご覧ください。


私が 友人と このブログを書いた後に、ツガルさんに会いに行った時の事を、とても印象深く覚えています。

ツガルさんの周りには、子供さんばかりではなく、デート中の方や、男性一人でみえている方もいらっしゃいます。


ツガルさんの一番近くにいた男性は、40代後半の方だったでしょうか。

じっと、ツガルさんを眺めてそこから離れないので、よっぽどツガルさんのファンなんだな、と思っていました。


そして、私たちもかなり長い時間、ツガルさんのそばにいた後、帰ろうと、
その方の方を何気なく見ると、

その男性、涙をぬぐっていらっしゃいました。


何だか、私なりにその方の涙の訳が判るような気がしました。


ツガルさんの120歳を超えて、一日一日を生ききっている姿は、
私にも、その日一日を懸命に生きようとする姿勢が伝わって来るからです。

神々しい感じすら、感じるのです。


生きるのに疲れた時や、なんだかむなしい時って誰にでもあるでしょう。

そんな時、ツガルさんの生きる姿勢は、とてもシンプルで坦々としていて
「生きる」って こういう事なのかな、と 感じさせるものでした。


その男性は、ツガルさんのひょうひょうとした姿と、その日を生きる姿勢に、
励まされていたのではないかな、と そう思いました。


私が、ツガルさんに励まされたから、ただそう思っただけかも知れませんが。



スタッフの方々に、とてもよく面倒をみて貰って、まだまだ元気なツガルさん。

いつまでも元気で、私たち人間を応援して欲しいと思います。



横浜にいらっしゃる機会がありましたら、
横浜駅の隣の桜木町から 歩いても行かれる距離に野毛山動物園はありますので、
ツガルさんに会いに来てください。


ツガルつれづれ日記も、⇒ どうぞご覧ください。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/680-49123dca

| メイン |