2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
今日発売の「最新医学」5月号に「『うつからの卒業』を目指して」を掲載して頂いています。
2014/05/10(Sat)
5月18日(日)に 
片桐航(わたる)先生の ~医療を受けながら実践できる~
「うつに打ち勝つ自然療法!」を開催します。

詳しくは、
⇒こちらをご覧ください(*^_^*)





20140510_縦314最新医学表紙
最新医学社から発行されている月刊誌です。


20140510_縦314最新医学目次
114ページから119ページに掲載されています。
目次は ⇒ こちらをご覧ください。



今年のはじめから 書き始めていた原稿がやっと形になりました。
内容は、⇒こちらをご覧ください。


たしか、7000字弱位の量です。


今までこの位の字数を書く機会があまりなかったので、
修行の様でした。


特別に「著者校正」というもの2回させて頂きましたが、
2回目は、時間が足りず、すみません あと10分時間下さい!とお願いした程です。


他のページは、全て大学の教授や、病院の先生方です。
皆さん、論文などで慣れていらっしゃる方ばかりだと思います。


編集顧問の先生方の数だけでも、約50名もいらっしゃって、その多さに緊張もしました。



そのような本の中で、拙い文章ですが、
せっかくのこの光栄な機会に、今の時点でうつご本人、ご家族、そして医療関係者の皆さんにお伝えしたい事を最大限、精一杯書きました。


書店でも販売されていますが、インターネットでも購入できますので、
ぜひお手に取って ご覧頂けたら嬉しいです。
インターネットでの購入方法は、⇒ こちらをご覧ください。


この原稿にも獨協医科大学越谷病院 こころの診療所 井原 裕先生ご本 「生活習慣病としてのうつ病」から 「精神科医からのメッセージ」を 掲載させて頂いていますので、ぜひご覧下さい。




最新医学の編集者の方には、
お陰様で従来の視点とは一線を画した患者さんやそれに寄り添っておられる家族会の方々のご活動を紹介させて頂く事で本連載も非常に深みを増した内容となりました、と先日メールを頂きました。



今回原稿を書くにあたっては、私たちの私的な事も思い切って書きました。
読んで頂くことで、現在うつご本人、ご家族が置かれている状況を少しでもご理解いただきたいと思います。


そしてご本人、ご家族の皆さんには、今回の内容を少しでも参考に、
活用して頂けたら幸いです。











 
スポンサーサイト
この記事のURL | 記事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/697-2e00a36c

| メイン |