2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
さわとんさんの睡眠セミナーを受講して、早速やってみたこと。
2014/07/21(Mon)
S20140701モザイク成功さわとん一人
さわとんさん、朝のウォーキングの写真は奥さまが撮って下さっているのかと思い込んでいたのですが、何とこんな新兵器が会活躍していたのですね。 鞄からゴルフクラブのような伸びるアームが出て来て、これにスマートフォンがセットできるんですって!  
スマートフォンに向かって「ハイ!チーズ!」と言うと、カシャっ、と写真が撮れるようになっています。
あまりに驚いたので、写真を撮らせて頂きました! さわとんの笑顔、いつも素敵です(^-^)



関東では、梅雨が明けました。

これから本格的な暑さになりますが、夏バテを防ぐためにも睡眠は大切だと、毎年思います。

寝られているという実感がある時は、多少暑さが厳しくてもどうにか対応できますが、
前日寝られていないと、暑さは本当に堪えますよね。



今回も、前回に続いてさわとんさんの「睡眠との上手なつきあい方 ~眠りを良くする7つのポイント」に参加して、早速試してみたことをご報告します。


前回も書きましたが、

不眠で悩んでいる日本人は、4人に1人もいるそうです。

そして、うつの方のなんと96%が不眠で悩んでいらっしゃるそうです。

多くの方がお薬を飲んでいらっしゃると思いますが、それでも悩んでいらっしゃる方がこんなにも多いとは、驚きました。


最初に伺ったのですが、

正しい睡眠は、一番の健康法。

それに、睡眠は、誰にでもできて、簡単にでき、大きな効果が期待できる。


これは、寝た~!!と 朝実感が持てるように工夫してみる価値は本当に大ですよね。


ただ長く寝る事がいいのではなく、質を良くするすることが大切なので、
忙しくて寝る時間が少ないと言う人も、グッと寝られた~!!と思えるような睡眠を取れれば、
問題はないと言う事です。


眠りを良くするポイントの1番目は、
ストレスをためない。 私もこれに尽きるように思います。

そのために、さわとんさんからは、
山本晴義さんの「ストレス1日決算主義」から STRESS対処法を教えて頂きました。

 スポーツ 1日15分は運動する。

 トラベル  旅行をし、自然に親しむ

 レスト&レクリエーション  休息と遊び

 イート 食べること 皆で食事をする

 スピーク&シング 話す、歌う

 スリープ&スマイル&サケ 寝る、歌う、酒

私の毎日を振り返ってみると、1日15分が毎日はできていないな、と反省。

歌うも、あまり機会がなくなっていました。 歌うことは、全身運動だと言いますものね。



そして、朝日を浴びることが、いい睡眠になると言われていますが、

さわとんさんの資料によると、

晴れた日のオフィスの窓際は 3000ルクスもあるのに、一般住宅の室内では約300ルクスしかないのだそうです。

光を浴びる事によって、眠りを良くする物質であるメラトニンが増えるので、朝 室内でも窓際で15分程は光を浴びたいですね。


もし光のない生活をしていたら、寝る時刻が1時間ずつずれて遅れて行くのだそうです。
それが、光を浴びる事で、体は1日は24時間だと自然にリセットしてくれているのだと伺いました。

体は、良くできていますね。



一番私が、取り入れたいと思ったのは、

「寝る時刻」よりも、「起きる時刻にこだわろう」、でした。

人間は、起きてから15時間後に眠くなるのだそうです。 
ご自分の毎日の寝る時刻を計算してみると、そうなりますか?

ならば、起きる時刻を工夫すればいいんですね。


  
さわとんさんは、3日間は辛くても早起きを続けると、
その後は、自然に起きるリズムが身につきやすいので、その3日間は気合を入れて眠くても起きてしまうと、
自然と15時間後には眠くなるのですから、睡眠時刻も自ずと一定になってきますね。


せっかくできたリズムを壊さないように、週末も寝だめをするのではなく、
最大でも2時間以上は起きる時刻がずれないようにする工夫が必要だそうです。

そして、そのリズムで眠い場合には、午後3時前に、15分から30分位の仮眠を取って補うのがお勧めだと教えて頂きました。


私は、朝起きる時刻がその日によって一定ではなかったので、
これは、改善できそうだと思った点でした。


夏なら、冬に比べて早く起きる事がまだ苦ではないので、この夏のうちに正しいリズムに戻してしまおうと思います。


さわとんさんは、フェイスブックに毎朝ウォーキングしている写真を投稿していらっしゃいます。

はじめは辛かったそうですが、フェイスブックを拝見すると、自然との対話や、ご自分との対話もできて
良いこと尽くめのようです。


私は、朝ウォーキングする余裕はまだないのですが、
夫は、近くの公園までウォーキングを始めたり、朝日を浴びながらテラスで新聞を読んだりを始めています。
その後は、やはりいつもとは違って爽快のようです。 見ててまるっきり表情が、違います。


夜遅くまでパソコンや、スマートフォンを見ていると、強い光を浴びすぎてしまいます。

夜に強い光を浴びる事は、質の良い睡眠をとろうとするのには、逆効果ですので気をつけたいですね。


さわとんさんの声はとても柔らかくて、ゆっくりとお話なさるので、アプローズ南青山さんの虫の音も聞こえる快適な環境で、
ホッとリラックスしながらお話を伺うことができて、とても有意義な時間でした。


睡眠の質を良くしたいと思っている方は、うつご本人ばかりではなく、ご家族の方にもたくさんいらっしゃると思います。


睡眠は、うつの改善にばかりではなく、うつの予防にもなりますので、
朝起きる時刻に、お互いに工夫して、少しでもいい睡眠をとって毎朝いい気持ちで朝を迎えたいですね。


私も、いい質の睡眠のために、起きる時刻を一定にします。
お肌にもいいことですものね(^-^)


さわとんさん、貴重なお話を伺う事が出来ました。

ありがとうございました!











スポンサーサイト
この記事のURL | 講演会 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/27 01:27  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/714-75481493

| メイン |