2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
世界では、3人に1人は戦時下に暮らしていることをご存知でしたか?
2014/08/19(Tue)
9月7日(日)に「うつからの卒業」~必ずおさえておきたい5つの法則~を開催します。




お盆休みも終わりましたね。 いかがお過ごしでしたでしょうか?

私が過ごした夏休みについては改めてこちらでお伝えしたいと思います。

これから夏休みと言う方もいらっしゃると思いますが、夏ばてに気をつけて楽しい時間をお過ごしください。


私の誕生日には、フェイスブックや、メール、カードで100を超すお祝いを頂きました。

大変嬉しかったです。

そして、終戦記念日でもある8月15日、この日も戦争をしている国があって、
逃げ惑っている人がたくさんいらっしゃることに とても胸が締め付けられます。

空はその国にまでも繋がっているのに、日本に暮らしているというだけで幸せな誕生日が迎えられるのです。


そんなことを感じている時に、時々メルマガでお伝えしている鈴木真奈美さんの文章に目が行き、
私が伝えたいと思っていることを、うまく表現なさっていらっしゃるのでこちらでもぜひお伝えしたいと思います。


どうぞ以下の文章を最後までご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━
【幸運レッスン】終戦記念日に想ったこと ?日本人として生まれるという奇跡の確率?
━━━━━━━━━━━━━

終戦記念日の昨日。

お仕事の合間に、母校である上智大学のイグナチオ教会へ行ってきました。

(昨日は、靖国神社に参拝された方も多いと思うのですが、気持ちさえあれば、場所はどこでもいいと思ってます)

世界の先人たちに、
今という平和な世の中に、
心からの感謝を伝えてきました。

歴史のほんの小さな歯車が違っていたら、あなたも私も、今ここにいないかもしれません。

この時代に、
この日本に、
この自分として存在できていることが、
奇跡的に幸せなことだと、しみじみ。

足りないものに目を向けるときりありませんが・・・

現代の「日本人」として生きられていることは、宝くじにあたっかのような確率だとか。

この同じ空の下、どこかの国では、戦争で命を脅かされて生きている人もいるでしょう。

数時間歩かないと水も飲めないという環境で、日々、生きるのが精一杯、という人もいるでしょう。

字を読むことすらできない教育環境の人もいるでしょう。

研究者の友人からもらった資料にあった話ですが・・

ーーーーーーーーー
・世界の5人に1人は、1日1ドル未満で暮らしている。

・世界では7人に1人が飢えていて、飢えに苦しむ人は8億人もいる。

・世界には、今もなお、2700万人の奴隷がいる。

・世界では、3人に1人は戦時下に暮らしている。

・世界中の紛争地域で戦う子ども兵は30万人。

・毎年、西欧向けに人身売買される女性は12万人。

・にもかかわらず、武力紛争による死者よりも、自殺者の方が多い。

ーーーーーーーーー

異常気象、食料危機、貧困、環境破壊や地球破壊による温暖化、核戦争や宗教戦争、民族紛争、領土や鉱物資源争奪戦、原子力や核兵器への脅威、災害、伝染病の脅威、諸国の財政・金融危機・・・

世界の危機に意識を向けると、いくらでも恐怖は湧いてきますが・・・・

不安に意識を向けると、その不安は増大するだけ。

「あなたも今日から、1日1ドルで過ごしましょう」なんてことを、言いたいわけでもありません。

できることといえば、まず、知ること。
そして、「見て見ぬふりをする」のではなく、何かできることから始めてみること。

それも、
無理に、難民援助や、遠くの誰かを支援する必要もなく、
無理に、有名な活動に寄付することでもなく、
無理に、「ボランティア活動」と呼ばれることをすることでもなく、
「こんなにやっているよ」とPRする必要もなく、

日々の暮らしや環境に感謝し、
自分を慈しみ、
今、ご縁ある身近な人に心を込めて接していくこと。

そして、満たされた自分で、淡々と社会に還元していくこと。

不安からではなく、愛から動くこと。

「自分」として、生きている時間は限られています。

どんなに有能な人でも、残念ですが、所詮、1人でできることは、限られています。

また、どんなに「できることがない」と思い込んでいる人でも、自分を優しく扱ったり、周りに「ありがとう」という言葉をかけたり、微笑むことはできます。

一人勝ちではなく、
分かち合い、助け合う、「共生」の世の中へ。

「地球はひとつの大きな家族」。

今いかされていることに感謝をし、
地球ファミリーの一員として、私も今ここで、できることを、できる限り、進めていきます。

まずは、自分から。
そして身近な人たちから。


今日もあなたが幸せに包まれていますように。

愛を込めて




ご覧頂いてありがとうございました。

いかがでしたか?


いろんなことを感じられたのではないでしょうか?


平和ボケという言葉もあるようですが、

今日ここに暮らせていることには、本当に感謝して
自ら今できる事を、一つずつやっていくことの大切さを感じます。





スポンサーサイト
この記事のURL | 思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/721-4aa47d84

| メイン |