2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
10月の女子会「語って、聴く会」にご参加ありがとうございました。
2014/10/28(Tue)
※ 11月9日(日)の「うつからの卒業」~必ずおさえておきたい5つの法則~では、
特に「薬との付き合い方」についてお伝えします




S20141027女子会デザート
秋のパフェは、暖かなリンゴ煮と、イチジクにぶどう、と秋色でまとめられていました。



10月の女子会「語って、聴く会」にご参加頂いた皆さま、お疲れ様でした。

今回も、女子会会場は程よい混み具合でゆっくりとお話をすることが出来ました。

そして今回は、先日参加した「質問力」のセミナーで学んだことを共有させて頂いた後に、
最近のご自身の体調と嬉しかったことなどをシェアし合いました。

ご家族の皆さんからは、秋はイベントが多いせいか楽しいことも多いのだけれど、
お疲れ気味だという発言が多く聞かれました。

お一人になる時間や、何もしない時間が足りないという感想も聞かれて、
その結果疲れているのではないかと思いました。

どんなに楽しいことでも、パワーを使うので、
日ごろの疲れが溜っていると、楽しいことが終った後には疲れを感じるのではないでしょうか?

そう言う時は、早めにボーッとする時間や、休養する時間を持って、
エネルギーを蓄えられるといいですね。


S20141027女子会雰囲気
陽がかげるのが早くなって、4時を過ぎた頃には外からの光もだいぶ落ち着いていました。


集まられた方の年齢も、環境も異なりますが、
皆さん、お一人お一人の話を真剣に聴いて下さって、それをご自身にも置き換えて考えて、感想や意見を出し合えたことはお互いにとても学ぶ点が多かったと思います。


毎回感じる事ですが、
皆さんやなりうつご本人の事がいつも気にかかっていらっしゃるので、
ご自分がなさりたい事が出て来にくいようです。

そして、今気になる事がどうしてもご自身の事ではなくて、
うつご本人の事だけに集中しがちだと感じました。

私もかつてはそうだったので、その気持ちはよく判るのですが、
サポートするご家族の皆さんが心身共にいいコンディションで生活し、より良いサポートを継続して行くためには、
やはりご家族自身がやりたい事をして、気分よい状態にしておくことがとても大切だと思います。

ご家族のコンディションは、一緒に生活しているうつご本人の体調の影響をどうしても受けると思いますが、
ご自身が満足出来ている状態であれば、更にいいサポートがすることができます。


ご家族自身の心身の健康をいい状態に保つことが大切だと言う事は、
皆さんお分かりになっていらっしゃることなのですが、
実際に日々の生活の中でできているかと言うと、やはり工夫の要ることのようでした。


ぜひご家族自身がなさりたい事を我慢するのではなく、
ご家族自身が毎日を楽しく過ごすことで、より良いサポートがしやすくなることを思い出して下さい。


24時間365日をうつご本人の事ばかりに意識を向けて過ごすのではなく、
ご家族自身の喜びを味わうことに使って下さい。


我慢ばかりしていると、
疲れが溜りやすくなり、どうしても「してあげている」という意識になってしまいがちです。


それでは家庭内の雰囲気もぎくしゃくしてしまうでしょう。


ご本人の療養の場であるご家庭が居心地のいい場所であるためにも、
ご家族が笑顔で居続けられるように、毎日の生活の中にぜひ喜びを見出して下さい。

どんな事がなさってみたい事でしょう?


家の中でも、家の外でも、
自然の中でも、賑やかな場所の中にも、
ご家族の皆さんが居たい、行きたいと思った所で
まずは短い時間でも良いので、リラックスして過ごせる時間を持ってみてはいかがでしょう。


来月の女子会「語って、聴く会」の予定は、メルマガの方でお知らせしたいと思います。






スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/744-fb6be3dc

| メイン |