2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
12月6日は今年最後の満月、そして今日は19年に一度の朔旦冬至です。
2014/12/22(Mon)
S20141222原田さんから今年最後の満月
みんなのカフェでは、ラジオ番組を持っていて、そのパーソナリティの原田宙明さんが、北九州小倉から眺められた今年最後の満月の写真を送って下さいました。

どうしてかと言うと、原田さんには昨年の日本うつ病学会で初めてお目にかかって、学会が終わった翌日には車で小倉の街を案内して頂いたり、大変お世話になりました。

その原田さんのラジオ番組に、12月6日は満月なんですが、横浜からは見られないんですよ、と書いて曲をリクエストしたからです。

そのメールをご覧になった原田さん、生放送が終わった後に外に出て満月の写真を撮って送って下さいました。 原田さん、本当に優しい男性です。

その原田さんも、うつご本人でした。 
ご自分と向き合いながらうつを卒業なさって、こうしてラジオ番組のパーソナリティとして活躍なさっているなんて、本当に勇気を貰いますね。

毎回ゆっくりとした口調で語る原田さん、とても聞きやすい話し方で好感が持てます。
これからのご活躍を心から応援したいと思います。



実は、20日のこのみんなのカフェラジオに、私も出して頂いて15分位お話をさせて頂きました。

私は、原田さんのようにラジオ番組のパーソナリティになる事が夢、というか憧れなので、
今年の終わりに、こちらの番組に出して頂く事が出来て、大変光栄でした。

が、

20日に放送を聞いてみたところ、緊張したのもありますが、
何だか話し方が堅くて・・・。
滑舌が良すぎると言うか。

もっとソフトに話したいなーと、反省しきりでした。

来年になったら、「みなと」の顧問になって頂いている眞邊明人(まなべ あきひと)先生に、
どうしたらソフトで尚且つしっかりと伝わるような話し方ができるのか、アドバイスを頂きたいと早速お願いしているところです。



そして、今晩は今年最後の新月。
それも19年に一度の「朔旦冬至」(さくたんとうじ)だそうです。

朔旦冬至とは・・・
新月と重なる冬至のこと。

最も弱まった月が復活する新月と、
最も弱まった太陽が復活する冬至が重なることから、
「復活の日」とされ、古代より、
盛大な祝宴が催されたとか。

どうもこの日を境に、
大掛かりな意識大革命が起こりそうです。

今回は特に、

「こんなの叶うわけないよね」とか
「どうやったら叶うんだろう」

などという思いはスルーして、
ただただ、新月になってから48時間以内に自分の望む願いを書けばいいのだそうです。

詳しくは、みなみさんのブログ:山羊座の新月【19年に一度の朔旦冬至】 を参考になさって下さい。





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/758-ace31811

| メイン |