2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
昨日は、今年最初の新月でした! 新月の願いをこれからやりたいと思います。
2015/01/21(Wed)
S20141222原田さんから今年最後の満月
新月の代わりに、「みんなのカフェ」代表の原田宙明さんが撮って下さった去年最後の美しい満月です。

今日の寒さは、一段と厳しかったですね。

重装備をして歩いて、先ほどから家の近くのカフェで明日の女子会の準備などしています。

外に出るのが億劫になるほど寒かったのですが、重ね着して外に出たところ結構耐えられました(^-^) こんなことを書いては雪国の方に申し訳ないですね。

でも、関東の冬は北海道の方でも寒いと言う位に、寒さが痛いのです。


しばらく歩いていると体も温まり気分良くなって、お蔭で運動不足解消にもなりました。


昨日、心のデトックスについて書きましたが、心のデトックスには歩く事も有効な方法だと気がつきました。


昨日メルマガをお送りしてから気がついたのですが、昨日は今年最初の新月だったのです。

先ほど歩いて暗いと思ったのは、お天気のせいばかりではなく、月がないせいだったのですね。


ここのところメルマガで、毎回、新月と満月のお知らせをしていたので、
今年最初の新月のお知らせもお送りしたいと思います。


その前に、「みなと」さんどうして新月、満月のお知らせを送っているの?と
思っている方もいらっしゃるかも知れないので、
私が思っていることを少しご覧頂けますか?


私も以前は全くと言っていい程、新月も満月も関心がなかったのですが、
満月と赤ちゃんの誕生や、女性だと生理になるタイミングが関係していたり、
満月の時には、自律神経が活性化して興奮しやすくなるなどを聞いてから、
何となく気にするようになりました。


人間がどう頑張っても、月の動きを変える事はまだできませんものね。

やはり自然の力は、人間よりも偉大だと畏敬の念を抱いています。



今回、自然治癒力学校のおのころ心平さんのメルマガでこんなことを知りました。


太陽光をまったく遮断して、地下シェルターで生活すると人間の生活リズムはどうなるか?

という実験が行われたことがあるそうです。

地球は自転しているので、
太陽光の私達の体への影響リズムは24時間です。


ところが、太陽光を感知できなくなると、朝起きる時間などが少しずつずれて、
最終的に人間の体内時計は、24.8時間で刻み始めるのですって。


この影響は、月が地球上に与えている磁力の関係なんだそうです。


だから、朝陽を浴びましょう!と言いますが、朝陽を浴びて体内時計がずれて行くのをリセットするのですね。


何万年も前から、太陽と月の光で暮らしてきた私たちの体には、月のリズムを感知する作動システムが備わっているのです。


では、今年最初の新月のお祈りについて、鈴木真奈美さんのブログをご紹介しますね。


新月のお祈りは、明日の22時位までにすると良いようですが、
お願い事を避けた方がいい時間帯があって、
それは、1月22日(木)10時45分~1月22日(木)21時49分となりますので、
この時間帯だけは避けて下さい。

真名美さんのブログは⇒ こちらをご覧ください。


私も新月の願い事を10個書き出してみようと思います。

願うことで、意識も体もそれを叶えようとして自然に動き出すと、コア・クリエーションズの大江亞紀香(あきこ)さんに伺いました。


自然に望む方向へ行かれるのなら、やらない手はないですよね。



なかなか現代社会では、新月の夜の真っ暗闇を体験することは難しいですが、昔の人たちは真っ暗闇の中どうやって過ごしていたのだろうか?そんなことを想像してみるのもいいのではないでしょうか?



スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/764-49ec2d40

| メイン |