2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
「うつ病は脳の病気?心の病気?」 自然療法のセミナー講師、片桐航先生のフェイスブックへの投稿から。
2015/04/02(Thu)
S20150330八重洲夜桜
東京駅すぐ近くの八重洲にある、さくら通りの夜桜です。


3月29日(日)に開催しましたセミナー:~薬を飲みながらでも実践できる~「うつに打ち勝つ自然療法!」の講師、片桐航先生が、フェイスブックに「うつ病は脳の病気?心の病気?」というタイトルで投稿なさっているので、こちらでもご紹介したいと思います。




17世紀ルネ・デカルトは全ての自然現象は、精神、霊の存在を使わなくとも因果関係によって説明できるとした。

その応用として身体は良くできた機械であり、物質で構成されていると。。。。そういうものを「生物機械論」というんだけど。ここで心と魂はばっさりと切り捨てられる。「うつ病は脳の病気だよ」という発想はこれによっている。

とりあえず見えないものは抜きにして、見えるものを手掛かりに治してゆこうというのが今の精神医学で、それによって脳の病気だという発想が生まれた。じゃあ「セロトニンが足りないから再取り込みをできるものを作りましょう」といって作った薬は全然効いていない。


現在、心療内科に行って薬物治療で精神病が治る確率は0.06%、1万人に6人。あと自殺者の100%は心療内科に通っているというのも事実で、こういう内訳なのでうつ病は減るどころではなく毎年150万人増えている。


そもそも、うつになる人の大半が幼少期(胎児期も、もちろん)に両親同士喧嘩や虐待、偏った教育やしつけがあり、そのおかげで自由に個性を育てる事が出来ないでいる。それがもとで大変窮屈な考えを持っているわけ。しっかりしなくてはいけないとか、人を頼ってはいけないとか、怒らせてはいけないとかね。


そしてもう一つ!うつの人のほとんどに「反抗期がない!」


この窮屈な価値観を持ったまま、大きな責任等がのしかかってくる30代後半から40代頭に突入した時に、自分の本当の生き方を求める「内なる声」が騒ぎ出して、心に葛藤や、混乱が起きる。それがおいらはうつだと思うのね。


あらためて当たり前の話をするけどね。うつは心の病気だよ。


心を癒すというのは薬ではできないよ。だって「心」だから。みんなが失恋した時、会社をクビになった時、薬を飲んで治すかね?友人や家族に話を聞いてもらったり、まわりの励ましやアドバイスを聞いて癒された経験があるはずだよね。

だから、心を癒しなさいって事だよ。


この病気をきっかけに自分の人生の問題を解決しよう、本当の自分を知ろうというのが、本当の治癒への唯一の道だし、心と身体は、今までの自分とフィットしない生き方を正すきっかけを与えてられているとも言えるでしょう。


うつや病気に対して良くないイメージばかりを持たないで欲しいよ。うつは外から来るものではなく、脳の病気でもなく、あなた自身の生き方の結果なんだから。


も一度言うよ。うつは心の病気だよ。



スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/781-b49e36db

| メイン |