2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
4月26日(日)に、 「うつからの卒業」~必ずおさえておきたい5つのポイント~を開催致します。
2015/04/08(Wed)
S20150406鎌倉山満開桜
高校生の時から毎年のように出かけている鎌倉山へ今年も出かけて来ました。
ちょうど桜が満開で、ツイテいました!
鳥たちもあちこちでさえずり、まるで楽園のよう。
何もかも忘れて、ひたすら幸せを感じられる数時間でした。



4月は、26日(日)に、

「うつからの卒業」~必ずおさえておきたい5つのポイント~を開催致します。



今回のセミナーでは、

ご本人には、


どうしてうつの症状がよくならないのか、



「うつから卒業」するには、何から始めたらいいのか。




ご家族には、


「うつご本人のためのより良いサポートの秘訣」をお伝えする予定です。




「みなと」のセミナーにご参加頂いた皆さんは、「笑顔でいること」が大切なのか、もうご存知だと思います。



でも、「笑顔でい続ける」ことはなかなか手ごわいことだと言う事も感じていらっしゃることでしょう。





どうしたらご家族ご自身の健康を維持し続けながら、


ご自分の生活も大切にしながら、うつご本人のサポートをして行かれるのか?


それも、質の良いサポートをし続けられるか? 



今回は、このために必要な事を以下の点に沿ってお伝えしたいと思います。


● ご本人とのコミュニケーションの取り方



● 不安、イライラを解消解消法



● ご自身の体調を保つために、認知行動療法の小堀修先生から教えて頂いたご本人と一緒にできるMP法



● ご本人へ上手に、依頼とNOを伝えるコツ



● ご本人の回復の為に家族として、これだけは続けて頂きたいこと




ぜひこれらを毎日の生活に取り入れて、ご家族自身が心身共に健康な状態で、

自信を持ってご本人のサポートをなさって下さい。






それが、結局は、うつご本人が一日も早く「うつからの卒業」果たすことに繋がります。



もしどうして?と思われたら、迷わずに今回のセミナーにご参加ください。



遠回りせずに、悩まずに、そしてうつのご家族の皆さんがその日からできる、



「うつご本人のためのより良いサポートの秘訣」をお伝えします。






そして、夫 砂田康雄からご本人へ向けて、以下をお伝えします。


●いったい、うつとはどういった病気なのか。


●どうしてうつの症状がよくならないのか。

「うつから卒業」するには何から始めたらいいのか。



●どういった療法、方法が一番効果あるのか。



うつの症状は、皆さんそれぞれ症状が違います。

うつになった原因も皆さん様々です。



そういった中で、一体何から始めたら良いのか、をお伝えする予定です。




その上で、

「うつからの卒業」を果たす為に、これだけは必ず知って頂きたい、実践して頂きたい

5つのポイントをお伝えします。


☆ 睡眠

☆ 運動

☆ 食事

☆ 薬の影響

☆ 考え方 物の捉え方





もう知っている!と言う方もいらっしゃると思います。


そこで、質問です。実際に毎日できていらっしゃるでしょうか?


知っている、判っている、と出来ているとは全く異なります。


もし実践できていないとしたら、この5つのポイントがなぜ「うつからの卒業」に必要なのか? 

その記憶が薄らいでいるからかも知れませんね。



だとしたら、とってももったいないことです。



ぜひ再受講なさって、なぜ必要なのかを再度確認して、毎日の生活に取り入れて下さい。



実際にこの5つのポイントを毎日の生活に取り入れている方の中には、もう「うつから卒業」なさって、
新たにご自分の人生をスタートしている方がいらっしゃいます。



もしかしたら、もっと楽に、早く治る方法はないのか?と探している方もいらっしゃるでしょう。



現在これ以外の方法で、再発することなく「うつからの卒業」を果たせる方法があったら、ぜひ教えて下さい。



当日は更に、私たちの苦い体験も隠さず、そして新しい情報、ご本人に合った療法の提案、

ブログやメルマガで文字としては残せない重要な事などをお伝えします。



ぜひ今回のセミナーを、遠回りせずに「うつからの卒業」のきっかけにして下さい。

そして、一日も早い「うつからの卒業」を果たして下さい。




「うつからの卒業」~必ずおさえておきたい5つのポイント~の詳細とお申し込みは、⇒こちらをご覧ください。     

お申し込みの締め切りは、4月24日(金曜日)です。



※定員になり次第お申し込みは締め切りとさせて頂きます。


※お申込み頂いた後に、お振込先をこちらからご連絡を差し上げます。


※お振込完了後、正式なお申し込みとさせて頂きます。





どうぞこの機会をご利用下さい。


ご参加をお待ちしています(*^_^*)



S20150406鎌倉山桜並木
以前からこの鎌倉山に住んでいらっしゃると言うご婦人に伺ったところ、
かつてはもっと桜の木が多かったそうです。
今でもこんなに美しい通りなのに、昔はどんなにきれいだったのでしょう。







スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/782-a8501f13

| メイン |