2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
4月26日(日)の「うつからの卒業」=必ずおさえておきたい5つのポイント=について、どうしても聞いて頂きたい事があります。
2015/04/22(Wed)
S20150420うちのうつぎ
今年も真っ白なウツギの蕾が大きくなって来ました。
もうじき一斉に咲き出しそうです!
見た目が雪のようなので「雪見草」(ゆきみぐさ)とも呼ばれるそうです。
5月22日の誕生花で、花言葉は「謙虚」 
ステキですね♡


やっと天候が落ち着いて来て、穏やかな陽気になって来たようで嬉しい、と思っていたところ、
夕方からあやしい様子になって来て、またかなりの雨が降っています。

これも本格的な春へ向かう途中だということなのでしょうね。



連休も近くなって来て予定を立てていらっしゃる方も多いと思いますが、


その連休直前の26日には、
「うつからの卒業」=必ずおさえておきたい5つのポイント=を開催致します。



今回のセミナーも、学校の授業のように「学ぶ」と言う堅苦しい物ではありませんが、
うつからの回復には、必要なポイントを押さえてお伝えします。


ぜひ知っておいて頂きたい内容ばかりですので、うつご本人の皆さん、どうぞ面倒だと思わずにご参加ください。



夫のように10年もの長い年月を、うつから回復するだけに費やさないで下さい。
うつから一日も早く卒業して、もっと楽しいことに、せっかくの皆さんの時間を使って下さい。



おどすつもりは全然ないのですが、

「失った時間はどうやっても取り戻せないのです。」





今回のセミナーでは、


ご本人の皆さまへは、


●いったい、うつとはどういった病気なのか。



●どうしてうつの症状がよくならないのか。

「うつから卒業」するには何から始めたらいいのか。



●どういった療法、方法が一番効果あるのか。を中心にお伝えします。





そして、ご本人がセミナーに参加しなくっちゃ、家族が参加しても仕方ないんじゃないか、と思っていらっしゃるご家族の皆さん、


まずご自身のために、
そして、大切なご家族のためにご参加下さい。



皆さんの日々の漠然とした不安やイライラが、ご本人の回復の脚を引っ張ってしまうのです。



まずは、ご家族自身が毎日をどう過ごすか、ご本人をどうサポートしたらいいか?
ご本人とのいい関係は、どういうコミュニケーションをとったらいいのか? など
私が「みなと」を始めてから知り得た事を全てお伝えします。



ご本人がまだセミナーに参加できる状態にまでに回復なっていらっしゃらなかったら、
まずはご家族自らがどうしたらいいか?を知って下さい。



セミナーにも参加できないご本人のために、それが今ご家族のできることではないでしょうか。



今回のセミナーではご家族の皆さまへ、



● ご本人とのコミュニケーションの取り方



● 不安、イライラを解消解消法



● ご自身の体調を保つために、認知行動療法の小堀修先生から教えて頂いたご本人と一緒にできるMP法



● ご本人へ上手に、依頼とNOを伝えるコツ



● ご本人の回復の為に家族として、これだけは続けて頂きたいこと、を中心にお伝えします。





お申し込みの締め切りは、4月24日(金曜日)です。
詳しくは、「うつからの卒業」=必ずおさえておきたい5つのポイント=をご覧ください。






いくつかまだお伝えしたい事があるのですが、
今日は日曜日のセミナーについてどうしても知って頂きたい事をお伝えしました。



うつ療養中に何も得るものがなかった訳ではありません。

確かに得たものもあります。


それでも
「あの10年もの時間がもったいなかった」と、今、夫は振り返って申しております。


私も、私自身のうつで何もする気になれなかったあの7,8年に渡る時間に、もっと他のことができたはずだと残念に思っています。



こういう後悔を皆さんにはして頂きたくないので、

ついついまずはセミナーに来て、まずは「どうしたらいいか?」を知って下さいとお伝えしたくなってしまいます。



くどいなー、と思う方がいらしゃったら、

そう言う理由からなので、どうぞお許し下さい。




スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/785-1f092fa7

| メイン |