2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
9月に取材をお受けした日経新聞さん「配偶者のうつ焦らず見守る」の内容はこちらからご覧下さい。
2015/10/29(Thu)
┏━━┓うつからの卒業! Part4
┃\/┃今年の内にこれだけは押さえて新しい年に備えましょう!!
┗━━┛11月1日(日)開催致します!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今年最後の、「うつからの卒業!となりますので、ぜひご都合調整なさってご参加ください。 
明日30日が〆切です!    
詳細とお申し込みは、⇒こちらをご覧ください。



S20150924日経新聞夕刊掲載記事

9月のブログにも既に投稿致しましたが、
多くの方のご参考になると思いましたので、1か月経って時間が空いたので、
日経新聞さんの了解は取っていませんが、ご覧頂ける様に工夫しました。


「配偶者のうつ焦らず見守る」の内容は、⇒こちらをご覧ください。



記事には、今年7月に開かれた日本うつ病学会のセッションで、
司会をして下さった野村総一郎先生と、私の前にお話をなさった山口律子さんのお話も掲載されています。



記者の小川さんは、お若い上にきれいな独身の方で、私たちの話をとても注意深く聴いて下さいました。

その時間は、2時間以上にもなりました。

その話と、野村先生、山口さんの話を限られた紙面にまとめて掲載するなんて、
短く文章をまとめるのが不得手な私からすると、もう天才としか思えません。


その一方、紙面の都合上と判ってはいても、今回もっと取り上げて頂きたかった内容もあるので、
やはり私たち自身が、ブログやメルマガ、HPを活用してもっと発信し続けることの意味や重要性も改めて感じました。


まずは、11月1日に開催予定の「うつからの卒業」~今年の内にこれだけは押さえて新しい年に備えましょう!!~では、ご家族の皆さんに向けてのセミナーの時間をたっぷり取って、今回の紙面ではお伝え出来なかった事をお伝えしたいと思っています。


「配偶者のうつ焦らず見守る」

「温かな無関心が大事」って、一体どうしたらいいの? と言う皆さん、

そして「真のサポート」って、どうすればいいの?と ご本人の回復を願うばかりに、
ご自分の体調の事は後回しにして、悩んでいらっしゃるご家族の皆さん、

ぜひ11月1日のセミナー「うつからの卒業」にお越し下さい。

どうしたらいいか?を知って、実際に行動に移して頂きたい事を、当日お伝えしたいと思います。

どうぞこの機会をお役立て下さい。






スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/818-97d03eaa

| メイン |