2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
東京タワー日和。そして宮本亜門さんの講演、「引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす」
2016/02/06(Sat)
S20160205大塚商会川津桜
東京でも川津桜が咲いています!

今日は陽射しがなく、雲に覆われたままの一日でした。

寒くても、陽射しが明るいと、気分いいですが、曇っているとやっぱり気分が上がりませんね。

こう言う日は特に、自然の影響を受けて生きているんだな、と思います。



上の写真は、昨日品川の芝公園で見かけた川津桜です。

写真を撮った時は、梅だと思い切っていたのですが、
良く見たら、桜ですよね。

確かめにもう一度、木の所へ行って確かめて来ました。

毎年行ってみたいと思いながら、川津桜まつりには、実はまだ行ったことがないんです。

今年は10日からなんですね。

川津桜まつりの公式サイトは、⇒こちらです。



昨日は、演出家の宮本亜門さん精神科医の名越康文先生の講演会に二つに伺って来ました。

両方ともに、1000名の会場が満席でしたが、
運よく前の方の席に座る事ができました。

宮本亜門さんは、かつて高校時代に引きこもりの経験がおありで、精神科を受診したことがあるそうです。

私は、もう20年以上も前から亜門さんの大ファンで、劇場にも伺っていますが、

お話を直接伺ったのは、今回2回目です。

圧倒的に人を惹き付ける力がある方だと、今回も思いました。


毎回お芝居は、会社を作り上げ、そしてつぶす、この繰り返しで、大変パワーの要る仕事だけれど、
楽しくて仕方ないとおっしゃってました。


今回は、「亜門流仕事術」について伺いました。


枠を外す!ことの大切さ。


人それぞれの考え方や捉え方など、違いが素晴らしい!


批判しない。


そして、大変だ!と思うことがやって来た時には、

「来た!来た! 試されているんだ!」そう思うと、前向きに臨めると伺いました。


ご本にも書かれていらっしゃると知ったので、ぜひ読んでみたいと思います。

引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす [Kindle版]





その次にお話を伺った名越康文先生には、2012年2月5日(日)に飯能市で開催された、

はんのう心の健康フォーラムでご一緒させて頂いたことがあります。

なので、ちょうどぴったり4年ぶりに先生のお話をまた伺えたことになりますね。



はんのう心の健康フォーラムでは、名越康文先生のご講演の前に、

「ある日突然、「うつの家族」になって そして 今だからお話できる事」と言うタイトルで

1時間お話をさせて頂いて、その後に先生がお話になったのですが、

講演会の前後に少しだけお話させて頂ける機会がありました。



執筆、講演、テレビやラジオに、とあらゆる機会を使って発信なさっていらっしゃるのは、

いろいろな方法を使わないと、

伝えたい事が、伝えきれないからだとおっしゃっていらっしゃいました。



今回も、仏教について、物心一元論について、そして量子論、重々帝網と多岐に渡って伺った後に、

足助体操についてポイントを教えて頂きました。

ノートにメモを取るのが精いっぱいだったので、今読み返しているところです。

こちらのブログにもまとめたら、改めて投稿したいと思います。



今回お話を伺った、宮本亜門さんと、名越先生のお話の共通点は以外でしたが、「仏教」でした。



そして、抽選に当り、お二人のお話を伺えて本当にラッキーでした!

お二人のお話の中で、うつご本人にも、ご家族にも参考になる点がありましたので、

これからのメルマガなどでお伝えしたいと思います。



お二人の熱いお話を伺う機会を作って下さった大塚商会さんに心からお礼を申し上げます。









スポンサーサイト
この記事のURL | 告知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/835-f6cbca29

| メイン |