2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
「田中 佳Dr医療と食のトークショー(講演会)」に出掛けて来ました!
2016/04/22(Fri)
                                     20160430 内容を更新しています。


S20160414帯広の福寿草
帯広で見つけた福寿草です。 誰も気づかない様な寂しい所でいくつもの花が光っていました。

S20160414帯広の青い花
同じく帯広で見つけた青い花です。 名前が判らなくて残念です。


田中佳(よしみ)先生の「田中 佳Dr医療と食のトークショー(講演会)」に出掛けて来ました。

20160415田中佳先生

先生からのご挨拶

私は長年医学に携わる中で人の健康への道筋を求めたところ、なんと、医学の本質にそれは存在しませんでした。

逆に、医療に関われば関わるほどに健康からは離れていくという事実。それを医療従事しながら知ってしまいました。

かなりショッキングでして、地盤沈下というか、基盤を失うというか、覚醒というか、ともかく尋常ではありませんでした。

少なくともこれは違うという確信。しかし、世の人は医療を受けるのが当たり前すぎて疑問を持ちません。

例えば、ショックなことは世の中にはたくさんありますよね。信じて票を入れた議院が公費を使い込んでいたとか、期限切れ食材や使用禁止薬物を食品に使っていたとか、正しい作り方をしなかった薬剤が長年流通していたと知ったらショックですよね。

医療の本質を知るとこのショックを軽く上回ると思います。
それを伝えたい。
また、健康になるための本質も日常生活にあるという当たり前の事実を伝えたい。
それを真剣に例え話を含めて講演活動をしていたら、いつのまにか「吉本新喜劇で勉強したのですか?」と言われるようになっていまいました。

医者の話は堅くて難しいという概念はありますが、私の話はなんだか面白いらしいですよ。



今回の田中先生のトークショーに参加した方からも、また講演して欲しいというリクエストがあったそうなので、
きっと行われると思います。

この田中先生のお話を伺えたことで、今後何か困った時に必要以上に不安や心配を感じなくて済みそうです。


講演の中でも伺いましたが、

「人生まで考えてくれる医者は貴重。

それ以外の医者は、受診する必要ない。」

私自身の体験からも、私の父の介護の経験からもこの言葉は、まさしくそうだと思います。


ぜひご自分の命のために、そして大切なご家族のために、
田中先生のブログをご覧になってみて下さい。

まずブログ:「医者に理不尽な扱いを受けたら 」を読んでみて下さい。




スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/847-f926aaf1

| メイン |