2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
ご家族のOさんから嬉しいメールが届きました!
2016/10/05(Wed)
9月16日のメルマガでもご紹介したのですが、

「涙の10段跳び 園児の頑張りに感動の嵐」をご覧になった方いらっしゃいますか?

まだご覧になっていらっしゃらない方は、どうぞご覧になってみて下さい。







私は、これを初めて見た時に、本人以外に跳び箱を飛ぶことはできないんだな、と思いました。

でも、皆の応援があったからこそ、この男の子も持っている力を発揮できて、
飛べたのではないでしょうか?


ご本人がうつから回復するには、

ご家族が諦めずに、見守り続けることが大切だとお伝えしていますが、

これが家族に出来る最善のことで、残念ながら家族にはうつは治せないんですね。



うつを治せるのは、ご本人です。



そんなことを言っても、見守っているだけじゃ、いつ回復できるか判らない、と

イライラや不安を募らせてしまうご家族もいらっしゃると思います。

そこで今日は、ご家族のお一人でいらっしゃるOさんから、

体験談と嬉しい近況報告を送って頂いたので、

ぜひ皆さんにご紹介させて頂きたいと思います。




◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆


砂田様

お久しぶりです。

もう1年以上になりますが、夫とお世話になりました。

ずっと、近況報告をしようと思いつつも、ずいぶんと長い時間が経過してしまいました。

けれども、毎回メルマガには目を通し、お二人のことは忘れていません(笑)


最後にお世話になったのは、昨年の6月の眞鍋先生の講演でした。

あの時、夫はうつの人達と関わることで、自分を少し客観的に見れたと、感想を話していました。


その後、夫は昨年11月に、会社を辞め、フリーの状態になりました。

そのため、社宅からアパートに引っ越しをしたりと、

慌ただしい日が続いていました。


私はフルで仕事をしているので、夫に色々な手続きをしてもらったので、
夫は少し疲れていました。

けれども、家事を率先してやってくれたり等、体調はまずまずの様子でした。

しかし、バイトをするすると話していましたが、

社会復帰への不安が強く、なかなか一歩が出ない状態でした。


けれども、なんとか重い腰が上がり、

この夏からバイトを始めることができました。
スポーツショップ店員の仕事です。徒歩5分です(笑)


週3から始め、今では4から5回/週働いており、今も仕事に行っています。


色んなお客様がいて、大変なこともあるようですが、

私から見 ていると、仕事がとても楽しそうです。

仕事を休むこともなく、主治医からも「元気そうだ」と言われたと話していました。


私も、夫が働くことで、かなりストレスが減りました。

フリーの時は、仕事から帰ってきて、寝ている姿を見ると、

それはそれは、イライラしたものでした。


夫が働き始め、家事を任せていた分、私も家事をしなくてはなりませんが、

今では「夫が頑張ってるから、やってあげなきゃ」と、気持ちよく家事をすることができます。


これも、砂田様のおかげです。
本当にありがとうございました。


仕事が楽しいのも良いのですが、

あまり突っ走りすぎないように、声掛けしています。

また、うつが悪化したら大変ですから(笑)

少しずつですが、私たち夫婦も安定の道に進み始めていると感じております。


これからも、砂田様のご活躍を応援しております。
また、何かありましたら、近況報告をさせてください。



◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ ◆



以上です。


ご覧になっていかがですか?


Oさんも、かつてはイライラなさっていた時期がおありだったんですね。

私も同じような時期がありましたので、Oさんの気持ちが良く判りました。

その時期を乗り越えて今は、Oさんの言葉をそのままお借りすると、

「少しずつですが、私たち夫婦も安定の道に進み始めていると感じております。」

と言う状態になられたのですね。

言葉に、Oさんとご主人の歴史とその重みを感じました。



イライラの時期から、安定の道に向かわれるまでには、

言い尽くせない事があったと思います。



その間に、ご家族はご本人にどんなことをしたら良いのか?

コミュニケーションはどう取ったらいいのか?

ご家族自身の心身の健康はどう守り、維持していったら良いのか?

ご家族が一杯一杯になってしまい、もうお手上げ状態に陥った場合はどうしたらいいのか?

上記の様なことに、多くのご家族の方は悩んでいらっしゃると思います。

これらについて9月25日の「うつからの卒業!」

=「感情の仕組み」を理解し、自分自身を守り、家庭でのもめ事を防ぐ=でお伝え致しました。



今回も、私一人の家族としての体験でなく、

「みなと」を始めてから、いくつものセミナーや講座に参加して学んだこと、

そして「みなと」に参加して下さったご家族の体験談から得たことを基に

具体例を挙げながらお伝えしました。




Oさん、貴重な体験談を詳しく聴かせて下さってありがとうございました。


きっと多くの方の励みになったに違いありません。

私からも、25日のセミナーの中で、Oさんの事をご紹介させて頂きました。


ぜひこれからもお二人の様子を時折り聴かせて頂けたら嬉しいです。

フルタイムのお仕事をなさっていらっしゃるOさんが、時間を作って、

こんなに判りやすく、長いメールを送って下さったことに心からお礼を申し上げます。


Oさんには、こちらでご紹介することも快諾を頂きました。


本当にありがとうございました。



私たちも、これからのお二人のお幸せを応援しています(*^_^*)
















スポンサーサイト
この記事のURL | みなと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/871-b2323a4f

| メイン |