2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
お母様からのご相談をお受けして思ったこと。
2016/11/02(Wed)
★★ 11月6日(日)開催の「うつからの卒業!!」

=ここでしか聞けない復活の方法伝授します!=の詳細とお申し込みは⇒こちらをご覧ください。

ご参加をお待ちしています!!






S20091109クリスマス
ハロウィーンが過ぎて、次はクリスマス。街が1番輝く季節ですね(*^_^*)


あるお母様の個人相談をお受けしました。


初めに「お母様ご自身の体調はいかがですか?」と伺ったところ、


「私自身は、もう何でもなく全然平気なんですよ。」と答えて下さったので、安心したのですが、


話を伺っている途中に、


以前娘さんがうつでなかった頃のお母さんご自身の体調を10にすると、今はいくつ位になりますか?と伺ってみると、


「1にもなりません・・・。」


娘さんの事で精一杯で、ご自身の事は気にしていないお母さんって本当に多いように思います。


もっとお母様ご自身の事も大切にしてあげて欲しいと思います。


お母様が心身共に健康だったら、娘さんに対して更に良いサポートが出来るし、

娘さんも漠然とした不安を感じずに療養に専念できるからです。


私が変わらないといけないのは判っているのだけれど、

何から変えたら良いのか判らなくって、と涙を流されていたお母様が、...


お話している途中から、明るくなられて

課題もやってみます!と答えて下さいました。



お役に立てたようでとても嬉しいです。



病院、カウンセラーは、当事者に対してのアドバイスはしてくれても、

ご家族に対してのアドバイスは無いに等しいので、

こちらのお母様は、最近娘さんに言いたいことも我慢していらして、もう限界だとおっしゃっていました。 
 
 

つ本人のために、家族は何でも受け入れて、我慢しなければならない、そんな思い込みがあると、

ご家族はご自分らしい生活が出来なくなってしまい、結果家族も不調になってしまうのは、とても残念だと思います。
 


まずお母様には、一人になる時間を作って頂き、

お気に入りのノートを選んで「喜びノート」を作って頂いて、

今まで楽しかったことを振り返ってもらうことをお願いしました。
 

今まで、どこから変えたら良いのか判らずに、気持ちだけが空回りし、焦っていた結果、

娘さんの前で緊張してうまくしゃべれなくなってしまったのだそうです。
 

これから取り組むことが判ったら、それだけでも落ち着きました、と、聞かせて下さいました。
 



「ご家族は、ご本人にいつもYESと言い、肯定してあげて下さい。」
 

そう言われても、これだけでは、長期間持ち堪えられなくなってしまいます。
 

ご家族だって、やはり傷ついて自己肯定感が下がってしまっているのですから。
 

どうしたら「まずご家族が心身共に健康を回復し、それを維持しながらご本人を支えられ続けられるか?」
 

これは、どちらのご家族にもやっぱり知っておいて欲しいことです。

 

6日は、これについてもお伝えしたいと思います。



6日(日)開催 「うつからの卒業!」

=ここでしか聞けない復活の方法伝授します!=の中で
 

私の方からご家族の皆さまへ、「不安、イライラとがっかり、そして怒りから自分を守るコツ!」をお伝えします。
 

ご参考まで、詳細とお申し込み先をお伝えしておきます。


どうぞ⇒「不安、イライラとがっかり、そして怒りから自分を守るコツ!」をご覧ください。
 
 
      
それにしても、母の愛は深いのですね。


もう30年も前に突然旅立った母を思い出しながら


今日ご相談の方のお話を伺っていました。



もう一度母に会いたい、今でもそう思います。










スポンサーサイト
この記事のURL | 思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/876-f366b823

| メイン |